オーストラリアのファーム情報:タスマニア(TAS)その1

オーストラリア ファーム タスマニア

スポンサードリンク

Pocket

オーストラリアのワーホリでセカンドビザを目指してファームを探している方に向けて

僕がワーホリ1年目で実際に行った場所の情報を書こうと思います。

 

セカンドビザ所得を目指している方の参考になれば幸いです。

 

今回は僕が、実際に働いてセカンドビザを取得したタスマニアのファームについて書きたいと思います。

IMG_5040

 

まず、

なぜ僕がタスマニアを目指したかというと、

 

・チェリーのピッキングが給料が高くかなり稼げるという噂を聞いていたから。
・カナナラ(以前にいた街)が暑すぎたので、気候のいいところに行きたかったから。

 

の2つです。

 

それ以外に特にタスマニアにツテやアテがあったわけではありません。

 

僕の聞いた噂では、

チェリーのピッキングは12月から始まるので

11月には現地に行って仕事を順番待ちする必要がある、

とのことでした。

 

そこで僕は、カナナラで知り合った日本人友だちと2人で11月の初旬にタスマニアに入りました。

 

 

シドニーからロンセストン(Launceston・タスマニア北部の街)まで飛行機で行きました。

片道$40(Jetstar)くらい、

時間は1時間弱だったと思います。

 

タスマニアに行く人は、

ファーム目的でも観光目的でも南部の州都ホバートに行く人が多いようですが、

僕たちはなぜか北部を攻めることにしました。

 

なぜか?
理由は覚えていません。笑

 

それも運や縁の巡り合わせな気がします。

 

ロンセストンで1泊したのち(ロンセストンでファームを探しましたが、まだ時期が早かったようで仕事はありませんでした。)

バスでデボンポート(Devonport・北部の港町)へ行きました。

 

デボンポートはタスマニアの中では大きな街なので、

ここでファーム情報と車を手にいれる予定でした。

 

 

タスマニアは生活するにも遊びに出かけるにも車が必要です。

 

絶対とはいいませんが、あったほうが確実に便利です。

 

電車があるわけでもなく、

バスも満足に走っていないので、

車がないと行動範囲がかなり狭くなります。

 

 

そんなわけで、僕は友だちと2人で車を買いました。

 

走行距離34万キロのステーションワゴンで$1600でした。

つまりひとり$800。

IMG_5059

これがタスマニアで手に入れた愛車

 

さて、ここからが本題ですが、

 

デボンポートでは

 TasmanBackpacker というバッパーに泊まりました。

 

驚いたのは、

僕が行った11月の上旬ですでに70人ほどの人が

ファームジョブを探して待っていたということ。

 

タスマンバッパーは大きなバッパーで収容人数も多く、

ファーム仕事があると宿泊者に斡旋してくれるので、

それを目当てに各国のワーホリで来てる人が滞在していました。

 

 

タスマンバッパーでは受付時に、

ファーム仕事があった場合に紹介して欲しいかどうかの紙を渡されます。

そして、

その紙が早く来た人から順に並べられ、

仕事が入った場合には先の人に声がかかります。

 

つまり、単純に考えると早く来て待っていた方が

早く仕事を得ることができるということになります。

 

しかし、

そこで知り合った人で10月の中旬から来て待っているという人が数名いましたが、一度も仕事がなく、

資金が底をつきそうだと話していました。

 

ファーム仕事はタイミングがすごく大切だと思うので、

早く来るのかギリギリに来るのかは自分の今後を変える選択になりますね。

IMG_5183

いたるところにウシ、ウシ、ウシ

 

さてさて、

では僕がどうやって仕事をゲットしたかというと、

 

僕はバッパーでじっとしているのがイヤだったので、

 

車を手に入れた次の日から

 

デボンポート周辺のファームに直接行き、

仕事ないか聞いたり、レジュメを出したりしました。

 

そんな中、タスマンバッパーに来て4日目に

僕と一緒にタスマニアに来た日本人が仕事をゲットしたのです。

 

バッパーからの紹介でした。

仕事は畑のWeeding(草むしり)で、経験者であれば雇うという内容でした。

彼はカナナラでWeeding経験者だったのです。

 

僕はバッパーのオーナーに聞いてみました。

 

「俺、Weedingの経験ないけど、コイツの友だちなんだ。一緒に付いてってもいいかな?」

 

オーナー「経験ないならダメだよ」

 

ってあっさり断られちゃいました。

 

 

ってなわけで、ともだちは仕事見つかっちゃったので、

 

僕はその日も一人で突撃ファーム探しへ出かけたのです。

 

IMG_5564

あ、突然ですけど

ここでファーム探しに役に立つことを教えますね。

知らなかったらこれは絶対知っておくといいです

(知ってたら読み流してください)

 

ファーム探しをするときはまず、

その町にあるビジターセンターに行くといいです。

 

これはどの州でもどの町でも同じだと思います。

ビジターセンターにいって

「ファームの仕事探してるんだけど、なにか情報ありますか?」って聞くと、

受付の人が「はいはいありますよ」って

その街や周辺にあるファームの名前、連絡先、住所、収穫物をまとまめた紙をくれるんです。

 

この紙、めちゃくちゃ便利です!!

車があれば現地に直接行ってみてもいいし、

電話をかけて求人の情報などを聞いてもいいし。

 

この紙をもらうと、1歩前進する感じがすごくあります。

というわけで、ファーム探しで新しい町に行ったらビジターセンターにいってファーム情報をもらっちゃいましょう!!

IMG_5906

タスマニアのある日の夕焼け

 

はい、本題に戻ります。

 

と言いたい所なんですが、
ちょっと長くなってきたので、

僕がどうやって仕事をゲットできたか、

なんの仕事をしていたか、

デボンポートにはどんな仕事があるのかについては、

次の記事にします。

 

次の記事はコチラ↓↓↓

 オーストラリアのファーム情報:タスマニア(TAS)その2

 




Pocket

スポンサードリンク

オーストラリア ファーム タスマニア

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です