お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

ワーホリに来てすぐ日系の仕事(洗車)をした。そして思った。

スポンサードリンク

Pocket

はじめに

 

今回は、

ぼくがワーホリでシドニーに来て

初めて働いた仕事の話をしようと思います。

 

 

とにかくお金が必要だった

 

ぼくはワーホリ1年目のはじめの3ヶ月は語学学校に通っていました。

その間、

本当は学校のことだけに集中したかったのですが、

同時に少しでも生活費を稼ぎたかったので、

授業のなかった金曜、土曜、日曜を利用して働ける仕事を探しました。

 

 

でもジャパレスはいやだった

 

仕事は探していたものの、

ジャパレス(ジャパニーズレストラン)は選択肢から外していました。

 

なぜなら、

ジャパレスは、働いているのがほぼ日本人だけというお店が多く、

英語を使う機会があまりないと聞いていたからです。

そして時給も安いと聞いていました。

 

わがままか?笑

 

その当時(ワーホリに来て1ヶ月くらい経った頃)の心境はこんな感じでした。

 

「生活費は稼ぎたい。

でも、英語を勉強しに来てるんだから日本語で仕事をするなんてイヤだ。

学業に支障は出したくないから週末だけ働ける仕事がいい。

どうせなら給料のいいところがいい。

だからジャパレスは絶対になしだな。

でもローカル(英語環境)の仕事の探し方わからない。

それにまずローカルの環境で働ける自信なんて全くない。」

 

 

なんというわがままでしょう。笑

 

 

 

仕事探しに使ったのは

 

その時にぼくが仕事探しに使ったのが、

ワーホリメーカーの強い味方、

「JAMS.TV」「チアーズ」という日本語のオーストラリア情報サイトです。

この2つはオーストラリアの暮らし、仕事などの情報を日本語で扱っているので

ワーホリのはじめの頃はお世話になる人が多いと思います。

 

 

 

そして見つけた

 

そんなわがままな条件のはざまで揺らいでいたぼくが選んだ仕事、

それは「洗車」でした。

先ほどのチアーズというサイトを見ていてたまたま求人が載っていたので興味を持ちました。

 

そのお店はオーナーも日本人、従業員も日本人という日系の職場でした。

 

ぼくは考えました。

 

そして言い訳がましいですが、3つの理由を出しました。

 

1、「洗車仕事」はジャパレスじゃない(ただ飲食店じゃないというだけ)

 

2、ローカルで働くのは不安だから最初は日系のところにしよう

 

3、実際にやってみなけりゃ日系の店で働くことがいいか悪いかなんてわからない(実際に働いたら意外と英語使うかもしれないし)

 

 

そして、ネットで求人を見たその日にお店に連絡し、

翌々日に面接をし、その日に採用が決まりました。

 

 

※捕捉ですが、

シドニーでは日系(特にジャパレス)の仕事を見つけるのは、

本当に苦労しません。

一年中どこかのお店から求人が出ていて、

連絡して面接に行ったら、

もうそれはかしこまった面接ではなく、

「ビザの期限いつまであるの?いつから入れる?じゃあ明日からトレーニング入ってもらうね」

という流れでポンポンポーンと話が進んでいきます。

それくらいシドニーでジャパレスの仕事を見つけるのは簡単です。

(もちろん、面接やトレーニング期間に不採用になる場合もあるようですが)

 

 

働いてみて、、、

 

さて、洗車屋で実際に働いてみてどうだったか。

 

結論から先に言うと、

 

ぼくはすぐ辞めました。

 

働いていたのは1ヶ月半くらいだったかな。

でも週末しか仕事してないので、

働いたのは本当に数えるくらい。

 

理由は、働く前に予想していたことそのままです。

 

仕事中、英語を使うことが一切なく、

従業員も全員日本人なので日本語しか話さない。

 

そして給料も現金払いで時給$10とすごく低かった。

ちなみに時給$16以下はオーストラリアでは違法です。

 

 

ぼくはオーストラリアワーホリの2年目に

チャイルドケアセンター(保育園)で働きたかったので、

初歩的な英語すら危うい英語力を

ワーホリ1年目の間にチャイルドケアセンターで働けるレベルにしたかった。

その思いが強かったので、

毎土日に英語の勉強ができず、

しかも日本語だけを使って生活している状況がすぐイヤになってしまいました。

 

 

「なんのためにオーストラリアに来たんだろう」

 

という思いがほんの数日でぼくの当時の限界値を越えたのです(笑)

 

 

働いて良かったこともある

 

というわけですぐに日系の洗車屋はすぐにやめてしまいましたが、

ワーホリの前半にあそこで働いて得られたものは大きいなと思います。

 

•英語の実力に納得いっていないうちに日系の仕事をしたらダメだとわかった。

•次からは時間がかかってもローカルの仕事を探そうと決心できた。

•語学学校卒業後、シドニーで数ヶ月働いて(たぶんジャパレスになっていただろう)からファームに行こうと思っていたけど、卒業後すぐにファームに行くことを決めた。

 

•(これはのちに感じたことですが)ローカルの環境で仕事をしている時に、

日系で働いていた時とを比べると楽しさが数倍になる。

 

など。

 

実際に日系のお店で働いてみて感じたことがいろいろとあったので、

その点では働いてみて良かったと思っています。

だから、あの時あのタイミングでぼくを雇ってくれた洗車屋のノリさんにはすごく感謝しています。

 

 

今思えば、

あの1ヶ月半は、

ぼくがワーホリを最大限楽しめるように、

そして後悔のないように過ごせるようにと、

最初に経験しておくべきことだったんだと思います。

 

 

さいごに

 

ここまで書いて、すっかりジャパレス否定派みたいに思われちゃってるかもしれませんね。

でも、そんなぼくですが、

ワーホリ2年目の今はシドニーのジャパレス(ラーメン屋)で働いています。

ラーメン屋の仕事、ものすごく楽しいんですよ。

 

仕事場にはタイ人の子が何人かいるので英語も話しますが、

ほぼ日本人の環境なので仕事中は日本語ばっかりしゃべります。

 

平日はチャイルドケアセンターの仕事があるので、

ラーメン屋では土日のみしか働いていませんが、

毎週楽しく仕事しています。

 

去年(洗車屋で働いていた時)と何が違うのか、、、

 

やっぱり「英語が去年よりできるようになった」というのが1番大きいですね。

 

そしてなにより、

ぼくがオーストラリアに来た目的がチャイルドケアセンターで働くことだったので、

その目標が達成できている今、ジャパレスで働くことも、

日本ではできない貴重な経験として楽しめる余裕ができたのだと思います。

 

一言で言えば洗車屋で働いていたときはその余裕がなかった。

 

今、こう振り返ってみると、

この1年でちょっとは成長してるんだなと感じることができます。

 

 

 



Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です