※お知らせ※

現在、ブログ引越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。

新しいブログの公開まで、ご迷惑をおかけします。

この世で一番大きなもの→【0と1の差】

アイキャッチ画像

スポンサードリンク

Pocket

はじめに


さて、

この世で一番大きなものってなんでしょうか?

 

世界一高い山エベレストでしょうか?

それとも太平洋や大西洋といった海洋でしょうか?

 

 

太陽でしょうか?木星でしょうか?

 

 

この世で一番大きな、目に見える物質的なものはインターネットなんかで調べたら出てくるかもしれません。

 

 

でも今日は、目に見えないものだけど、

「これは他の何よりも大きいんじゃないか」と常日頃考えていることについて書いてみようと思います。

 

 

まず先に答えを言ってしまいますが、

それは0と1の差】です。

 

 

1と2の差でもなく、

9と10の差でもなく、

0と1の差。です。

 

 

 

その大きな違いって?


 

ぼくがこの差について意識するのは、

新しいことに挑戦しようかどうか迷う時や、

過去を振り返ってみた時が多いです。

 

 

数字だけをみたら、引き算しても足し算しても

0と1の差は1です。

1と2の差も1です。

 

だけどぼくは、1と2の差よりも0と1の差の方が何倍も大きいと思っています。

 

これは何かの経験を思い浮かべてみると分かりやすいかもしれません。

 

例えば、歯磨きはどうでしょう。

あなたは歯磨きをした経験はありますか?

 

ほとんどの人が毎日のようにしていると思います。

1日3回してる人もいれば、1日2回の人も、

1日5回って人もいるかもしれません。

もしかしたら2日に1回っていう人も??

 

じゃあ例えば、もし知り合った人が、

「ぼく、生まれてから一度も歯磨きしたことないんだよね」って笑顔で言ってきたらどう思いますか?

 

「え、マジ!!!??」って思いませんか?

その笑顔を作り出している口の中は一体どうなっているんだろう?って気になりませんか?笑

 

 

これが、0と1の差です。

 

歯磨きをしたことない → 経験0

歯磨きをしたことある → 経験1or それ以上

 

歯磨きを何回したことあるかよりも、

歯磨き自体をしたことあるかないかの方が差がが大きく思えませんか?

 

 

仕事についてもそうです。

あなたの仕事場に新しく転職してきた人がいるとします。

 

その人が、以前の職場でも同じ業界にいたのか、

それとも全く関係のない業界にいたのかって大きな差じゃないでしょうか?

 

 

つまり、今回の話で言いたい0と1の差というのは

経験が「ある」か「ない」かというのが大きな差ということです。

 

経験0か経験1か。

 

もちろん、同じ経験を1回してるのか2回してるのかの差だって大きな違いだと思います。

でも、それよりも

「やったことがある」か「やったことがない」か

「見たことがある」か「見たことがない」か

「触ったことがある」か「触ったことがない」か

という0か1の差の方は途方もなく大きいと思うんです。

 

 

ぼくたちは生まれてから今日までたくさんの0を1にしてきました。

 

母乳を飲む経験、離乳食を食べる経験、

お風呂に入れてもらう経験、抱っこしてもらう経験、

怒られる経験、悲しい経験、

笑う経験、遊ぶ経験、ケガした経験

 

 

でも生まれてから最初の十数年で、日常生活に必要な最低限の経験を1や2にしてしまったところで、

多くの人は0を1にするのを探さなくなってしまいます。

理由は、そうしなくても生きていくことができるし、どちらかというとその方が楽だから。

 

 

仕事で言えば、

要領がわかってきて後輩に仕事が教えれるくらいにまでなると

その勝手知った仕事の居心地が良くなって新しい経験を求めなくなったり、、、

 

子育てにしても、最初は0ばっかりだから全てにドキドキしながら1を増やしていくけど、

ある程度0がなくなったらもう新たな0を探すのをやめて、衰退もしないけど向上もしないライフスタイルに停滞してしまったり、、、

 

 

大人になると未経験0を1にする経験て、よっぽどじゃない限り自分から求めに行かないとできないんですよね。

子どもの頃なら、親や周りの大人がいろんな経験の機会を運んできてくれました。

 

「今日は公園に行こうか!」「このオモチャ買ってきたぞ!」「来月はキャンプに行こう!」「今度は遊園地に行こう!」って。

 

保育園や幼稚園でもそうです。春の遠足、七夕、プール、運動会、秋の遠足、ハロウィン、クリスマス、作品展、生活発表会、お餅つき、豆まき、ひな祭り、、、みたいに通っているだけで次から次へと行事がやってきます。

 

学校に通っている時は「来月は遠足があるよ〜」「今度の体育祭楽しみだね!」「来月の文化祭ではクラスで合唱をしようと思います」「テスト」「修学旅行」って、じっとしてても向こうから【未経験】という名のイベントが次から次へとやってきました。

 

 

 

そうやって、たくさんの0を1にしてきた結果、

社会に出て2〜3年経つ頃には、自分の周りに未経験のことはほとんどなくなって、

勝手知ったる経験済みの環境の中で毎日を過ごすことになります。

 

 

さて、それがいいのか悪いのか??

 

、、、、それはきっと人それぞれです。

 

0を1にする経験を複数持つのをやめて、

1つの経験を100にも1000にもすることだって面白さややりがいはあるはず。

 

 

つまり、

世界中の人が唯一平等に与えられている24時間365日という時間の中で、

どのように時間を使うのか、最終的にはそれをよく考えて実行し、

自分なりに納得することが大事なんだろうと思います。

 

 

ここ数年のぼくは、

20代のうちは一つの経験を深く掘り下げるよりも、たくさんの0を1にする経験を持とうと思って日々生活しています。

今はそっちの方がワクワクするし、楽しいからです。

 

 

 

0と1の間に溺れない


 

たくさんの0を1にすることも、

1を100や1000にすることも、

どっちも大事だと思うし、魅力的だと思います。

 

 

そんな中でぼくが一つだけ気をつけていることがあります。

それは、0と1の間に溺れてしまわないこと。

 

それは例えば、

「あのカフェのランチ美味しいらしいよ」だったり、

「あの映画面白いらしいよ」だったり、

「テレビで見たけどあそこの夜景綺麗らしいよ」だったり、

「ネットで見たけどあのサプリ効くらしいよ」だったりします。

 

「全く知らない訳じゃないけど、実際に経験があるわけじゃない」状態。

 

 

 

「知ってる」のと「やったことがある」の差は、

経験0と経験1の差と同じくらい大きいと思います。

 

 

 

テレビやネットだけで見ただけで満足しないで、人から聞いただけで満足しないで、

ちょっとでも興味が沸いたら実際に足を運んで、自分の目で見て、自分の耳で音を聞いて、自分の鼻で匂いを嗅ぐ。

その積み重ねがたくさんの0を1にすることに繋がるとぼくは思っています。

 

 

自分の感じ方を大切にするために、どうせなら、

「あのカフェのランチ美味しかったよ」と答えたいし、

「あの映画面白かった」と思いたいし、

「テレビで見たけどあそこの夜景はやっぱり綺麗だった」と伝えたいです。

 

 

子育てや保育の場でも、

きっかけは図鑑やテレビやネットでもいいから、

何かに興味を持った子どもたちに対して実際に経験する機会や環境を与えてあげたいなって思います。

 

 

こういった「五感を耕す子育て」が子どもたちを豊かな人へと育てていくんだろうな

テレビやネットといった視覚情報だけでなく五感をフルに使って、子どもたちが日々たくさんの0を1にして、そこから多くのことを学んで成長してくれることを願っています。

 

 

 

さいごに


 

100種類の経験を1回ずつしたら合計で100です。

1種類の経験を100回したらそれも合計で100です。

 

 

その経験の総量が、その人の経験値であり、人としての魅力になるんじゃないでしょうか。

総量が多ければ多いほど魅力的な人だと感じることが多いです。

 

 

ただこれは、

複数の経験を幅広くしてる人1つの経験をより深くしてる人

どちらかが良くてどちらかが良くないということではなくて、どちらも魅力があります。

 

困った時はお互いの足りない所を補い合えばいいわけで。

この2通りの人が1人ずついたとしたら、お互いの経験を合わせれば総量が1万にも100万にもなるかもしれない。

 

 

だから、まずは個人個人が経験の総量を増やすこと。これがすごく大事なんじゃないでしょうか。

 

 

 

ただ、これだけは絶対に知っておいた方がいいと思うのですが、

1という経験から10のことを学んだり、1という経験を100にしたりする方法があります。

 

経験の数を足し算【+】だとしたら、経験をするたびに地道に総量は増えていきますが

1つの経験からその総量を何倍にもすることだってできます。

 

その方法を使ってる人たちは、人生で得た経験の総量を桁違いに増やしていて、桁違いに魅力的な人が多いです。

 

その方法とは何か?

そんな経験を掛け算【×】する方法については、次回の記事で書こうと思います。

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

これからもたくさんの0を1にしていきましょう!!

 

 

経験を掛け算する方法の記事を更新しました。こちらです↓↓↓

あなたの経験値はいくつ?「+(足し算)」でしか増えない【経験】に「×(掛け算)」を取り入れて経験値を何倍にもする方法。

 

 

Pocket

スポンサードリンク

アイキャッチ画像

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です