※お知らせ※

現在、ブログ引越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。

新しいブログの公開まで、ご迷惑をおかけします。

気軽にできて効果絶大!!ぼくがオーストラリアで実践していた英語勉強方法

アイキャッチ画像 ヒガンテ保育士

スポンサードリンク

Pocket

 

はじめに

 

英語を話せるようになりたいと思っている人って今の日本にどのくらいいるんでしょうか。

 

英語が話せることを目指して、

幼稚園•保育園の子どもは英会話教室に通っているかもしれません、

中学生や高校生は塾に通っているかもしれません、

社会人になってから英語を話せるようになりたいと思った方は本屋で参考書や単語帳を買ってきたかもしれません。

 

英語を勉強するのにはいろいろな学習方法があります。インターネットで検索すると選びきれないくらいの情報が一気に襲ってきてそれだけでお腹いっぱいになっちゃうかもしれません(笑)

 

そんな方に試してもらいたい英語勉強法があります。

どこかに通うわけでもないし、高い教材を買わなくてもできる英語の勉強法です。




 

英語が全く話せないままオーストラリアに行って暮らし始めたぼくが、

「英語が喋れるようになりたい!!」と必死に願った末に行き着いて、オーストラリアにいる間ずっと実践していた英語の勉強方法です。

 

人によっては役に立たない方法かもしれませんが、ぼくはこの方法で勉強を続け、最終的にオーストラリアの保育園で働くことができました。子どもも先生も含めて日本人はぼくだけ、仕事中はずっと英語という環境の現地の保育園です。

 

合う合わないは試した後で判断できるので、

「英語が話せるようになりたい」と思っている方は是非一度試してみてください。

 

 

ちなみにこの勉強方法、英語以外の言語を覚える時も同じ方法でいけます。

スペイン語やフランス語、韓国語など他言語を話せるようになりたい人は是非参考に!!

 

 

 

「英語を話せる」ってどういうこと?

 

まずは、大事なところから。

 

 

あなたは「英語が話せるようになりたいですか?」と尋ねられたらどう答えますか?

 

 

普段から英語を意識してる人なら「もちろんです」と答えるでしょうし、

英語に興味のない人でも「そりゃあ、喋れるに越したことはないよねぇ」って答えるんじゃないでしょうか。

 

 

では、「英語が話せる」ってどういうことでしょうか?

 

 

 

「英語が話せる」にもいろいろあります。

 

海外旅行で不自由しないくらい。

外国の会社で英語を使って仕事をするくらい。

英語圏の人と結婚して相手と英語でコミュニケーションを取れるくらい。

 

それに極端に言えば、「Hello,My name is 〜」と言えるだけでも「英語が話せる」って思ってもいいわけです。(たいていの人はこのレベルじゃ納得しないけれど。)

 

 

 

英語が話せるようになりたい人にまず必要なのは

 

「英語を話せるようになって何をしたいのか」

 

という問いにはっきりと答えられるようになることだと思います。

 

 

学校のテストで良い点が取りたいのか、

映画が字幕なしで観られるようになりたいのか、

海外で生活がしたいのか、

外国人の恋人が欲しいのか、

英語を使って仕事がしたいのか。

 

向かう先はいろいろあって、その向かう先によって勉強の仕方も全然違うはずです。

 

 

ぼくの場合は英語を勉強する理由が

「海外の保育園で働くため」でした。

 

だからその目標に合わせて英語を勉強をするようにしていました。

 

つまり、ぼくにとっての「英語が話せる」というのは「海外の保育園で働ける」とイコール。

そこがゴールでした。

 

海外の保育園で働けるようになったら、「オレ英語話せるよ」って周りに言っても大丈夫だな。というのがぼくの基準だったんです。

 

もっと言うと「海外の保育園で[英語に苦労することなく]働ける」が最終的な目標だったんですが。

実際には海外の保育園で働くことはできましたが、働きながらも英語には毎日苦労したので、僕自身はぼくの目指す「英語が話せる人」にはまだなっていません。笑

 

 

でも、海外旅行に行った時に英語で困ることはなくなったので、もし自分の目標が「海外旅行で困らないくらい」だったら、自信を持って「オレ英語話せるよ」と言えます。

 

 

とにかく、自分が目指す「英語が話せる」のゴールを明確にすること

それが英語を勉強するために必要な最初のステップだと思います。

 

 

 

 

大事なことはコツコツと

 

さて、どうやってぼくが英語を勉強していたのか。

 

きっとこれは、日本にいた時にロクに英語に興味もなくて日本語オンリーで生活してきたからこその方法なのかな。

逆に言うと、この方法以外思いつかなかったというのが本音です(笑)

 

 

 

ぼくがやっていたのは、日本語を英語に翻訳することです。

 

大まかなステップが3つあります。

 

 

 

ステップ1:日本語から英語にする


英語と日本語で言語は違うけど、「言葉」っていうくくりで考えたら英語も日本語も一緒です。

相手に自分に気持ちを伝えたり、相談したりする「コミュニケーション」の手段なわけで。

 

オーストラリアで暮らしてみて思ったのですが、仕事でもプライベートでも「話題」っていうのは日本でもオーストラリアでも全然変わりません。

 

 

買い物に行けば、「これいくらですか?」「違う色(サイズ)はありますか?」「〇〇はどこにありますか?」と尋ねるし、

 

新しい出会いがあれば「趣味は?」「どのくらいオーストラリアにいるの?」「以前はどんな仕事してたの?」「どんな音楽が好き?」って会話になるし、

 

仕事でも「これはどうやったらいいですか?」「この仕事お願いできますか?」「ご注文はお決まりですか?」って日本でも聞く言葉ばかりがオーストラリアでも話されていました。

違いは「英語で」ということだけ。

 

 

だから、ぼくがオーストラリアに行ってやっていたことは、頭に浮かんでくる日本語を英語にすること

 

 

例えば、

月曜日に、学校や職場で「週末何してた?」って聞かれたらどう答えますか?

 

何の苦もなく「昨日!?ダラダラしてたわ〜。前の日に夜更かししたから昼近くまで寝ててさぁ、んで起きたら11時半!!まじ焦ったね!この前街で知り合った子と昼ごはん行く約束してたからさぁ、速攻着替えて準備して家でたんだけど、そしたら、その子も寝坊してて結局会えたの2時!はい急いだ意味ナシー」

 

みたいに日本語だったらつらつらと出てくると思います。

 

 

ぼくの勉強法、ようはこれを英語に直すってことです。

なぜならオーストラリアでも月曜日に学校や職場で聞かれることは日本と同じだし、答える内容も同じだからです。

違うのは「日本語」か「英語」かというだけ。

 

 

この勉強方法でわかりやすいのが、

•自分がわからない単語

•自分ができない言い回し

がはっきりとわかること。

 

 

自分が日本語でペラペラ話すことを英語に直した時に、「この単語がわからない」「単語はわかるけどどうやって言ったらいいかわからない」ことが今の自分にできてないトコロなので、

 

その単語を辞書で調べたり、

わからない言い回しの文法やセンテンスを調べれば、

 

1つできることが増えて、「英語が話せる人」に1歩近づくっていう流れなのでございます。

 

 

 

例えばさっき挙げた文の最初の「ダラダラしてたわ〜」を英文にするとどうなるでしょう??

 

 

いろいろ言い方はありますが、

とりあえず「I was lazy」って言えば同じ意味で伝わります。

 

でも「lazy(レイジー)」という単語がわからなければ、一生分かりません。

 

だからこの勉強法は「わからない」を「わかる」にすることの繰り返しによって成長していく方法といえると思います。

 

 

 

このステップは日本にいながらいつだってできます。

 

1日の終わりに今日の出来事を思い浮かべてそれを英語にしてみる。

 

学生時代の思い出を英語にしてみる。

 

今月の予定を英語にしてみる。

 

自分の家族や友達の紹介をしてみる。

 

その過程で出てきた分からない「単語」や「言い回し」が今の自分に不足している知識です。

だから辞書などを使ってその不足分を補えばいい。

 

それの繰り返しで、ボキャブラリーが増えていきます。

 

 

ビジネスで英語を活かしたい方なら、自分が仕事中に同僚•上司•お客に話していることを英語にしてみたらいいんです。海外でも同じことを話すし、話題になりますから。

 

 

この方法、高価なテキストを買わなくてもいいし、毎週教室に通ったりしなくていいので、

安上がりで好きな時間に英語力をアップさせるいい方法だと思います。

 

 

悪口や文句だって一緒です。海外に行ったって、結局は人間が暮らしていて、人間同士のコミュニティがあるんです。文化や国柄の違いはあれど、基本的な悩みやトラブルは同じはず。どの程度英語が話せるようになりたいのかにもよりますが、あなたが日本語で話すことをすべて英語に翻訳できるようになっても損なことは1つもないんじゃないかな。

 

 

 

ステップ2:繰り返す


先ほどのステップ1の補足ですが、

この方法をやっていると、「この前も似たような文あったのに言い回し忘れちゃったな」「この単語、英語でなんていうんだっけ」と1度やったはずなのに思い出せないことが出てきます。

 

当たり前ですが、それは、身についていないということなので、身につくまで繰り返し何度でも覚えなければいけません。

 

この記事を読んでいるほとんどの人は九九を暗唱できると思いますが、それは小学生の時に繰り返し繰り返し覚えたからでしょう。

自転車に乗れる人も繰り返し繰り返し練習したからでしょう。

 

英語も同じで、小さい頃から英才教育としてやっていなくても、繰り返し繰り返し覚えていけば反射的に話せるようになります。

 

「はい質問ッ!!

ニサンガ!??」「6ッ!」ってちょっと食い気味に答えられるくらい、英語も使いこなせるようになりたいものですね。

 

 

あと、気をつけたほうがいいのは、

いきなりビジネスの内容や新聞に載っているような内容をやるとチンプンカンプンが多すぎて早々にくじけちゃうので、

まずは朝起きて「朝ごはん何作ろうかなー」「やばい、遅刻しそう」から、仕事から帰って寝るまでの間に思う「今日言い過ぎちゃったな、反省しなきゃ」「昼間あの人と喋れちゃった、いい夢見れそうだな今日は」みたいなボヤキを英語にしていくと入りやすいかと思います。

 

こういう記事を読んだ時の感想「面白かった」「つまらなかった」「役に立ちそう」といった思いも英語にできると、何かで感想を聞かれた時にパッと答えることができるようになりますね。

 

 

 

 

ステップ3:実際に使う


日本で暮らしていると、ここが1番難関です。

 

日本語を英語に翻訳して、単語や言い回しができるようになってきました、さぁ次にどうするか!

 

実際に英語を話す人たちと話したり、伝えたりしてコミュニケーションをとってみる必要があると思います。

 

なぜなら、ステップ1、ステップ2をやってきたのは単語や言い回しのボキャブラリーを増やすためじゃなくて、

英語を使って何かを伝えるため、コミュニケーションを取るためだから。

もっと言うと、最初に話した「(自分が目標とする)英語が話せる人」になるためです。

 

 

いくらボキャブラリーがあっても、言い回しが上手にできても、使う機会がなければ宝の持ち腐れ。

 

はっきり言って、言語の面だけで言えば日本語が話せる人が今の日本に住んでいたら英語なんて全く話せなくても、勉強はできるし、買い物はできるし、友達•恋人はできるし、仕事も問題なくできます。

だから英語が話せる人になりたいのであれば、海外(特に生活や仕事で英語を使う国)に出る必要があるんじゃないかなと。

 

 

 

ぼくがこうやって言うのには理由があって、

ぼくがオーストラリアで今回の勉強法をしていて1番苦労したのが発音なんです。

 

いくら単語を知って言い回しを知っても、実際に伝えられなければ使えないのと一緒。

 

 

英語の発音は、実際に使っている人の英語が聞き取れること、

ジャパニーズアクセントがあってもいいからちゃんと相手に伝えられること、

この2つが大事だと思います。

 

そしてそれは、仕事にしろ旅行にしろ実際に使うなかで成長させられる部分だなって思います。

 

 

 

 

さいごに

 

というわけで、

英語を話せるようになりたいと思う方は、どんどんと海外に行きましょう!!

 

ってことだけが言いたいわけではないのですが、英語が話せる人には日本にいるばかりでは限界があると思います。(もちろん目指す目標や就く仕事にもよりますが)

 

 

長期で海外生活をしたいのなら学生ビザもワーホリビザもあります。

観光ビザで海外に行って友達をたくさん作るのもいいと思います。

 

 

せっかく英語を勉強するのなら、テストで良い点取るためだけじゃなく、

言語の本来の用途である「コミュニケーション」に使ったほうが楽しいはず!

 

 

今回紹介した方法はぼくが勝手にやっていただけの学習法なので、どれだけ他の人の役に立つかはわかりません。

それぞれにあった方法があると思うので。

 

 

ただ、どんな方法でも良いので、

 

まずは「英語を話せるようになって何がしたいのか」をとことん考えて自分の目標を決め、

その目標を達成して楽しい生活や新たな経験を手に入れましょう!!!

 




Pocket

スポンサードリンク

アイキャッチ画像 ヒガンテ保育士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です