【小さな世界】〜ぼくがオーストラリアの保育園で学んだこと〜

アイキャッチ画像 オーストラリアの保育園で学んだこと

スポンサードリンク

Pocket

 

 

はじめに


 
数年前まで日本の保育園で働いていたぼくですが、
「海外の保育園ってどんな感じなんだろう?」「海外ってどんな保育してるんだろう?」という思いから、
2014年から2016年の始めまでワーキングホリデービザを使ってオーストラリアへ行き、
英語を勉強し、オーストラリアの保育園で働くための保育士資格を取り、
約5ヶ月間、現地の保育園で働いてみました。
 
 
その約5ヶ月の間に、現地の保育園で様々な経験をすることができたので、
その中で学んだこと、気がついたこと、日本の子育て•保育との違いなどをまとめていこうと思います。


 
 
ちなみに、現在はワーホリのビザがもう切れてしまったので、
今は日本で暮らしながらこの記事を書いています。
 
 
海外(オーストラリア)の保育•子育てを間近で見てきたから分かることがたくさんあります。多くの人に知ってほしいと思うことがたくさんあります。
 
日本の保育園•幼稚園で働いている方、
子どもと関わる仕事をしている方、
日本で育児•子育てをしている方、
海外の保育園に興味がある方にぜひとも読んでもらいたいです。
 
 
 
※注※ 
記事中では、ぼくがオーストラリアで働いていた園の名前をP園と記載しています。

オーストラリア 保育園

 

 

 

さまざなま国の子どもたちがいる環境


今回はぼくがオーストラリアの保育園で学んだことの中でも1、2を争うほどの素敵な事実を記事にしたいと思います。

 

それが、園にいる職員や園児の国籍(バックグラウンド)についてです。

 

ぼくが働いていたP園では、

多くはオーストラリア人の子どもが通っていたのですが

オーストラリアはものすごく移民の多い国なので、

東南アジア系、インド系、アフリカ系、ヨーロッパ系、中東系、オセアニア系などなど

様々なバックグラウンドを持っている両親や、その2世たちが通っていました。

 

 

ディズニー映画「トイ•ストーリー3」を観たことある方はそこで出てくる保育園の子どもたちをイメージしていただければわかりやすいと思います。

トイ・ストーリー3 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

顔立ちが違い、

肌の色が違い、

髪の色が違い、

目の色が違う子どもたちが同じ部屋で同じおもちゃで仲良く遊んでいる姿は、

日本の園では見たことがなかったので、

すごく新鮮でした。

 

 

また、職員も様々なバックグラウンドを持っている人たちばかりで、

オーストラリア人の先生も多いですが、

他にはタイ•中国•ベトナム•ロシア•フィジー•中東など

アジア圏の出身の人も多かったです。

 

移民の人たちは全員が母国語と英語を話せるので、

その先生たちがランチタイムに休憩室で自分の家族に電話などしていると、

あっちでタイ語、こっちで中国語、正面でヘブライ語が聞こえるなんてことがしょっちゅありました(笑)

オーストラリア シドニー

 

 

子どもにとって良いことがたくさんある!


このいろんなバックグラウンドを持つ子どもや先生が保育園内にいる環境は、

働きながらすごく良いなぁと思った点で、具体的には

 

 

この多国籍な環境できちんとした教育を受けて育ったら

差別とかしない人間が育つだろうな、とか

 

他の国の人と話すときに緊張とか抵抗とかなくなるだろうな、とか。

 

 

 

2〜3歳児クラスの子どもたちを見ていると、

子どもたちはオーストラリア人の子どもだろうと、タイ人の子どもだろうと、

インドの子どもだろうと、そんなことお構いなしに友だちを見つけ遊んでいます。

 

 

言葉(英語)の発達がお互いにまだ不十分なところがあるので、

一緒に遊ぶ基準は、「たまたま近くにいる」とか「自分が遊びたいおもちゃで先に遊んでいる」が多いように思いました。

 

 

 

そして、5歳くらいになると、周りの子どもの髪の色や目の色の違いに興味を持つ子もいましたが、

そこでおとな(保育士)が「地球には見た目が違ういろいろな人が住んでいるんだよ」

教えてあげれば子どもは納得もしやすくなると思います。

そこから世界地図や地球儀に興味を持つ子どももいました。

 

 

このような状況でP園で大切にしていたのは、

見た目にしても考え方にしても、

ただ「違いがある」ということだけを伝え、それが「差ではない」ことをしっかり伝えていくことでした。

 

どっちが偉いわけでもないし、良い悪いの問題でもなく、

「ただ違う」。それだけの話です。

(国同士のトラブルとかは、宗教なども相まって、この部分が原因になっていることが多いようです。)

 

 

ぼく自身もそうでしたが、

日本の保育園•幼稚園では「周りには日本人ばかり」「先生も日本人ばかり」という環境がほとんどだと思うので、

日本人以外と直接接する機会というのが非常に少なくなってしまいます。

 

その結果、テレビから得た情報や映画でのイメージなどが印象に残り、

直接会ったことのない国の人を「あの国の人は◯◯だよね」「◯◯人はあんまり好きじゃないな」と一方的に決めつけてしまったり、

街で日本人以外に声をかけられたりすると異常に緊張してしまったりする可能性が高くなるでしょう。

 

 

何を隠そうぼく自身がそれだったので(笑)

生まれてから24年間日本でしか生活したことがなかったぼくは、

オーストラリアで生活を始めた当初、緊張と英語への苦手意識で人に道を尋ねることすらできませんでした(笑)

 

 

その点でいうとP園の子どもたちは、

子どもの頃からヨーロッパ系•アジア系•インド系•アフリカ系•オセアニア系、、、と様々な外見の子どもたちと一緒に生活をしているので、

「そういった人たちがいることが当たり前」の環境で成長していくことになります。

 

 

そのまま大人になればあの子たちは、

世界中にはいろんな人がいて、見た目や宗教や習慣や文化が違う環境がたくさんあって、

ということに柔軟に対応出来る可能性が高くなると思うんですよね。

いろんな外見の人が身近にいて身を持って関わっている分、親近感が湧きやすいのかなって。

IMG_8360

 

 

異文化と日常的に関われる


先ほども書きましたがP園は職員も多国籍で、

ベトナム、ロシア、タイ、ネパール、バングラデシュ、フィジーなどなど

様々な国の人たちが働いていました。

 

ちなみに、ぼくがP園で働いていた当時、

日本人はぼく1人だけでした。

園児にも日本の子はいなかったので、完全なオンリーワンジャパニーズでした。

 

そして、男性職員もぼくだけだったので、園内では相当レアな存在でしたね(笑)

 

 

さて、そんな多国籍な職員メンバーが揃っているので、

保育中にはそれぞれの先生が故郷の手遊びをしたり、

自分の国の子守唄を歌ったりして、

子どもたちは日常的に異文化体験ができていました。

 

4歳や5歳くらいになるといろんな国の挨拶や数字の覚え方にも興味を持つ子がいて、

ぼくも「こんにちは」や「ありがとう」を教えてあげたり、

簡単な手遊びを教えてあげたりしました。

 

 

そうやっていろんな文化を日常的に(しかも本場の人から)学べるのはとてもいいことだと思いました。

 

 

職員同士で会話をしていると、

日本だったら「あなたの家はどんな感じ?」とか、遠くても「生まれ育った地方や地元」の話になるくらいですが、

 

P園だと、

「あなたの国はどう?」「私の国では〜〜よ」みたいなすごいスケールの大きな話が日常茶飯事でした(笑)

IMG_9544

 

 

いい効果が大きい分、その逆の効果も影響大?


いろんな国籍の子どもたちや職員がいる環境で生活するのは子どもにとってすごく良いと思いますが、

重要なのは、その環境にただ身を置くだけじゃなくて、

その中でどういった「経験」をしていくかです。

 

そして、周りの大人がどういった教育をしていくかです。

 

 

もし、インド系の子どもがアジア系の子どもに理不尽な意地悪をされ続けたとしたら、

そのインド系の子どもは「アジア系の人間は意地悪だ!」「僕はあの人種は嫌いだ!」って思いを抱えたまま大人になっていくかもしれません。

 

良い方向にもそうでない方向にも影響が大きいです。

だからこそ、親や保育園の先生、学校の先生といった教育者の立場の人たちがしっかりとした考え方を持った上で子どもたちと関わっていく必要があるんだなとP園で働きながら常々思っていました。

IMG_6189

 

さいごに


今回は、P園の多国籍な環境について書きました。

 

 

複数の国の子どもと複数の国の保育士が働く保育園という、日本ではなかなか経験できない環境だったので

子どもたちの生活の様子や職員同士の生活の様子を間近で見れて学んだことがたくさんありました。

 

 

最後にもう一つ、保育園に多国籍な職員がいていいなと思ったのは、

保護者の中には、旦那さんの転勤についてオーストラリアに来たけど英語が全く話せないお母さんも少なからずいたのですが、P園にはいろんな国をバックグラウンドに持つ保育士がいたので、

担任が英語しか話せない場合などには違うクラスの先生が呼ばれて、

「ちょっとベトナム語の通訳して欲しいんだけど〜」とか

「この内容、タイ語で伝えといて〜」っていうのをあっちでもこっちでもやってたことです。

 

 

母国語しか話せないお母さんにとってはすごく安心できる環境だったと思うので、

そういう面でもオーストラリアの多国籍感はすごく良いなぁと思いました。

 

 

こーゆうのを「グローバルな環境」というのか、、、と身を持って体験しました。

日本もいつかはこんな環境が当たり前になる日が来るのかなぁ、、、、

 

保育ひろば

 

こちらもどうぞ!

【「いただきます」と「ごちそうさま」】〜ぼくがオーストラリアの保育園で学んだこと〜

Pocket

スポンサードリンク

アイキャッチ画像 オーストラリアの保育園で学んだこと

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です