※お知らせ※

現在、ブログ引越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。

新しいブログの公開まで、ご迷惑をおかけします。

【クリスマスパーティー】〜ぼくがオーストラリアの保育園で学んだこと〜

アイキャッチ画像 オーストラリアの保育園で学んだこと

スポンサードリンク

Pocket

はじめに

 
数年前まで日本の保育園で働いていたぼくですが、
「海外の保育園ってどんな感じなんだろう?」「海外ってどんな保育してるんだろう?」という思いから、
2014年から2016年の始めまでワーキングホリデービザを使ってオーストラリアへ行き、
英語を勉強し、オーストラリアの保育園で働くための保育士資格を取り、
約5ヶ月間、現地の保育園で働いてみました。
 
 
その約5ヶ月の間に、現地の保育園で様々な経験をすることができたので、
その中で学んだこと、気がついたこと、日本の子育て•保育との違いなどをまとめていこうと思います。


 
 
ちなみに、現在はワーホリのビザがもう切れてしまったので、
今は日本で暮らしながらこの記事を書いています。
 
 
海外(オーストラリア)の保育•子育てを間近で見てきたから分かることがたくさんあります。多くの人に知ってほしいと思うことがたくさんあります。
 
日本の保育園•幼稚園で働いている方、
子どもと関わる仕事をしている方、
日本で育児•子育てをしている方、
海外の保育園に興味がある方にぜひとも読んでもらいたいです。
 
 
 
※注※ 
記事中では、ぼくがオーストラリアで働いていた園の名前をP園と記載しています。

 

 

本場のクリスマスパーティー

 

P園で働き始めて5ヶ月が経った頃、

やってきました1年に一度の大イベント、そうクリスマスです。

 

働き始めてから保護者が参加する行事というのは初めてだったので、当日はワクワクドキドキしながら迎えました。

ハロウィンのコスプレウィークや弁当を持ってくるランチボックスウィークを除けばまともな行事はこのクリスマス会だけだったので、どんな流れになるのか興味津々でした。

 

そして案の定、日本の保育園とは違ったクリスマスを過ごすことができましたので

日本との違いや感じたことを書こうと思います。

 

 

始まりは17時から

 

まずぼくにとっての驚きは、

クリスマスパーティーの開始が夕方17時からだったことです。

 

日本の保育園や幼稚園の行事といえば、午前中に行うことが一般的です。

七夕祭りや夏祭りなどは夕方に行うこともありますが、室内で歌や踊りを披露する発表会は午前中が定番です。

 

これは子どもの集中力が関係していて、

子ども(とくに幼児)が一番集中できる時間帯が午前中なのです。

 

P園のクリスマスパーティーでは子どもたち(3〜5歳児クラス)は歌を3曲程披露しただけなので、

それほど集中力開始が必要じゃなかったというのもあると思いますが、

 

開始が17時だったのは保護者のことを考えて、というのが1番の理由のようです。

 

平日に行われるクリスマスパーティーでも、

17時スタートであれば保護者がいつも子どもを迎えに来ている時間と変わらないし、

いつも遅くまで仕事をしているお父さんお母さんも早めに仕事を上がって参加できます。

 

そのおかげもあって、クリスマスパーティー本番にはお母さん、お父さん、おじいちゃんおばあちゃんと家族総出で来ている家族も多かったです。

 

オーストラリア 保育園

ただ、

そりゃそうなるよねって話ですが、

パーティーが17時スタートでしかも子どもたちはダンスしたり走り回って興奮して、

パーティーのあと友達家族で夜ごはんも食べに行った子も多くいたようで、

翌日、園に来た子どもは疲れが取れていない子も多く、いつもよりぐずる子が多くて大変でした(笑)

 

メインイベント

 

さて、子どもたちが親に向けて歌を披露したあとです。

 

子どもたちは保護者のところへ行き、一緒に室内の広いプレイグラウンドに移動して、

クリスマスパーティーのメインイベント!!

 

何をしたかというと、、、

 

ディスコです!!

クラブ オーストラリア

※画像は参考です。クリスマスパーティーのものではありません。

 

でっかいスピーカーをレンタルし、

スナックやパイ、揚げ物、ジュースを用意し、

普通のクラブミュージックを流しながら子どもも大人も踊ってました。

 

「保育園でディスコかぁ〜」「日本と全然違うなぁ〜」ってものすごく感じました。

 

まずこれ、11月の職員会議でクリスマスパーティーのこと決める時点でマネージャーと職員一同のまとまりがすごかったんです。

 

(マ)「今日の会議ではクリスマスパーティーの内容を決めたいと思います。」

 

(職)「はいわかりました」

 

(マ)「ディスコだよね?」

 

(職)「しかないよね?」

 

(マ)「クリスマスパーティーはディスコに決定しました。」

(僕)「10秒で決定ッ!!!!????」

 

って即決だったので、おそらくディスコは定番なのだと思います。

「クラブ」じゃなくて「ディスコ」と言っていたので、どこか違いがあるんですかね。

日本で「ディスコ」って言ったら「バブルか」ってツッコミ入りそうですけど、オーストラリアではちゃんと使われてました。

 

体に響く重低音に合わせて全力で踊る子どもたちを見てひしひしとウエスタンカルチャーを感じましたね。

 

しかも、

4歳や5歳の子でもちゃんと踊れるんですよね、ポップなミュージックに合わせて。

しかもそれがめちゃくちゃ上手い。

 

日本みたいに、「みーぎ、ひだり、まわってパッ」とかって教えなくても

オーストラリアの子どもは小さい時からいろんな所でパーティーがあって、そこには音楽と踊りがセットになっているから自然とできるようになってるんですねきっと。

環境の力恐るべし。

オーストラリア クリスマス

 

役割分担は当日決まる

 

日本の保育園で働いていた時は、園内行事の際は職員の誰がなにをするかを明確に決めていました。

司会は誰か、食べ物を用意するのは誰か、

案内役は、写真係は、などなど。

 

P園は全然違いました。

 

 

クリスマスパーティー開始1時間前になって、

「あなた今日どこやりたい?」とマネージャーがそれぞれ職員に聞いて周り、

「じゃあそこで」と次々に決定していきます。

 

ちなみにその日ぼくは食べ物の係になりました。

ただぼくが事前に聞いたのはそれだけ。

 

食べ物をキッチンで用意する人なのか、

子どもたちに配る人なのか、

どんな食べ物があるのか、

他に誰が担当なのか、

そーゆう周辺情報は一切なし。笑

 

思わず「アバウトだなー。この適当さがオーストラリアらしさだなー」って感心してしまいました。

 

いざ、会場に移動してみるとすでにディスコが始まっていてガヤガヤしてました。

どうしていいかわからずとりあえず近くにいた先生に「あなたは何の担当?」って聞いたら、

「食べ物担当なんだけど、どこに行ったらいいかわからないわ」って。

 

ほらーーーー(笑)

 

で、キッチンに行ったら違う先生に「とりあえずコレ運んで」ってお菓子を渡され、

そこからパーティー終了までずっと食べ物運んでました。

ぼくの担当は食べ物を運ぶことだったみたいです。笑

 

こうやって適当にやりながらもなんだかんだ進んでいくのがオーストラリア流(笑)

手際が悪くても、効率が良くなくても、それで怒り出す保護者もいません。

みんなが「こういうもんだ」って思っているからそれでオッケーみたいです(笑)

 

悪く言えば、適当。

良く言えば、おおらか。

それがオーストラリアらしさだと思います。

 

 

さいごに

 

オーストラリアの保育園で働いた期間で1番の大きな行事となったクリスマスパーティー。

始まる時間や、ディスコというメインイベント、役決めの適当さなど

随所にオーストラリアらしさが散りばめられていて本当に面白かったです。

 

子どもたちからも「ティ〜チャ〜、プレゼントフォ〜ユ〜」ってお菓子やプレゼントをたくさんもらいました。

クリスマス オーストラリア

そんな中、1番印象的だったことがあるのですが、

今回の記事が長くなってきたので、それは次回の記事に書こうと思います。

内容は「行事への保護者の参加の仕方」です。

記事はコチラ↓↓↓

【園行事の時の親御さんたち】〜ぼくがオーストラリアの保育園で学んだこと〜

 

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

Pocket

スポンサードリンク

アイキャッチ画像 オーストラリアの保育園で学んだこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です