お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

【「食べ物を残しちゃいけません!」なんて言わないよ】〜ぼくがオーストラリアの保育園で学んだこと〜

アイキャッチ画像 オーストラリアの保育園で学んだこと

スポンサードリンク

Pocket

 

はじめに

 


数年前まで日本の保育園で働いていたぼくですが、
「海外の保育園ってどんな感じなんだろう?」「海外ってどんな保育してるんだろう?」という思いから、
2014年から2016年の始めまでワーキングホリデービザを使ってオーストラリアへ行き、
英語を勉強し、オーストラリアの保育園で働くための保育士資格を取り、
約5ヶ月間、現地の保育園で働いてみました。
 
 
その約5ヶ月の間に、現地の保育園で様々な経験をすることができたので、
その中で学んだこと、気がついたこと、日本の子育て•保育との違いなどをまとめていこうと思います。


 
 
ちなみに、現在はワーホリのビザがもう切れてしまったので、
今は日本で暮らしながらこの記事を書いています。
 
 
海外(オーストラリア)の保育•子育てを間近で見てきたから分かることがたくさんあります。多くの人に知ってほしいと思うことがたくさんあります。
 
日本の保育園•幼稚園で働いている方、
子どもと関わる仕事をしている方、
日本で育児•子育てをしている方、
海外の保育園に興味がある方にぜひとも読んでもらいたいです。
 
 
 
※注※ 
記事中では、ぼくがオーストラリアで働いていた園の名前をP園と記載しています。

 

 

 

食事の場面で


前回に引き続き、食事についてのことを書きたいと思います。

前回は「いただきます」と「ごちそうさま」について書きましたが(【「いただきます」と「ごちそうさま」】〜ぼくがオーストラリアの保育園で学んだこと〜)、今回は「おかわり」や「好き嫌い」について書こうと思います。

 

 

 

「食べ物を残しちゃいけません!」なんて言わないよ


 

はじめは食事の量おかわりについてです。

 

日本の保育園や幼稚園の給食では、基本的には子どもたちにほぼ同じ量を配膳しますが食が細い子などには少し少なめに配膳することもあります。

それは、
用意された分を食べきることでその子が「全部食べることができた」という達成感食への自信を育むことに繋がるということと、食べ物の恵みに感謝する日本では「ご飯を残す」ということをあまりよく思わない習慣があるということが理由に挙げられると思います。

 

だから配膳の時にも最初は残さないような量にして、もっと食べられそうならおかわりをすることが一般的なんだと思います。

 

 

ぼくが働いていたオーストラリアのP園では、そこが違いました。

給食はみんなだいたい同じ量が配られます。

しかもその「だいたい同じ量」がかなり多い(笑)

「どれも大盛りですね」って量なんです。

 

 

そして前回の記事でも書きましたが、子どもが席についていない状態で配膳するし、子どもの席が決まっているわけでもなくどこに誰が座るか分からないので、少食の子どもも、普通量でいいような子どももほぼ大盛りの食事を目の前にして座ります。

 

そんな中で日本と大きく違うと思ったのは、
「食事を残す」ということに全然抵抗がなかったことです。

 

だから例えば、食の細い子が量の多さに食べきれなくて「Teacher,,,I can’t eat anymore〜(先生〜、もう食べられな〜い)」と言っていても

「はいはい、お腹いっぱいならもう捨てなさい」という感じです。

 

また、おかわりをしたけど途中でお腹いっぱいになって「もういらない」と言っている子にも
「そうなの、じゃあ残りは捨てて食器を片付けてきなさい」
という感じです。

 

ご飯粒1つですら残さないように教育する日本の文化で育ったぼくからしたら、

なんの抵抗もなく食べ残しを残飯バケツに捨てていく子どもたちを見るたびに気分はとても複雑でした。

 

「お腹がいっぱいだから」という理由の子もいれば、前回の記事で書いたように「ごちそうさま」がなく食べ終わった子どもからすぐに遊べるP園なので、「早く遊びたいから」という理由で食事を途中でやめて残飯バケツに捨てる子どももいたので、その点でも、「ここは(ぼくの常識とは)違う世界だ」と思いました。

 

DMM英会話

 

 

「好き嫌い」にも寛容です


 

食べ物を残すことに抵抗がないということと関連しますが、食べ物の好き嫌いに対しても、日本とP園では子どもたちへの関わり方が違いました。

 

ぼくは日本の保育園で働いていた時に、苦手な食べ物がある子には「少しだけでもいいから食べてみようか」と促すようにしていました。

 

おやつで出てくるケーキやクッキーが嫌いという子ならぼくもあまり気にはしませんが、給食で出てくる料理、特に野菜や魚など体や脳の成長発達に良いにも関わらず苦手な子が多かったので、苦手が克服できるように声をかけたりしていました。

 

 

P園では違いました。

子どもが「これ嫌い」「食べたくない」と言ったら先生は、「そうなんだ、じゃあ食べなくていいから他のものだけ食べなさい」と言います。

おやつの時は、(ドライフルーツとバナナブレッドとビスケットなど)種類が複数あるのでレーズンが嫌いな子はビスケットだけを食べるといったことができます。

 

ただ、レーズンを残しておきながらビスケットだけを何回もおかわりしている(好きなものだけを食べている)ので、その様子をみながら、

日本だったら「好きなものおかわりするなら、苦手なものも少しは食べようね〜」って言われる場面だろうなぁと思っていました。

 

 

そしてぼくが衝撃だったのは給食の時です。

おやつの時とは比にならないくらいもっとすごかった。笑

 

P園の給食は一品(ソースとライスかパスタ)しかないので(まずそこにも驚きですが笑)

例えば、子どもがこのソースはイヤだと言ったらライスだけ(もしくはパスタだけ)を子どもにあげます。

 

塩やふりかけなどがかかっているわけでもない、なんの味もついていないプレーンの状態で子どもたちは食べます。「わぁ、この子たち白いご飯だけ食べてるよ」って驚き。

日本ではそういう食べ方をすることもなかなかないので、それはそれで新鮮でした。

 

 

ただ、すごいのはこのことではなく、

子どもが「ライスもソースも嫌い!食べたくない!」といった時の対応です。

日本だったら「これしかないんだから、頑張って食べようね。」「好き嫌いしていると大きくなれないよ?」と声をかける場面かもしれません。

 

でもP園ではそういう子がいると、先生は「ジャムがいいのチーズがいいの?」と子どもに聞きます。

ぼくは最初意味がわかりませんでした。「今日のランチはライスとソースなのに、ジャム?チーズ?」って。

 

でも理由はすぐにわかりました。

その先生は園のキッチンからパンとジャムやチーズやを持ってきて、
その子のためにサンドイッチを作って食べさせるのです。

 

「いやはや、こんな献立の変更の仕方あるのか。」って思いながら、その光景に最初は衝撃でした。

 

もちろんそんな様子を見て「ぼくもサンドイッチがいい!」「わたしも!」という子が出てきます。そう言われれば先生はその子のためにもサンドイッチを作り、、、

そうなったら配膳されていたパスタやライスはそのままゴミ箱です。

 

 

 

自己主張のできる子ども??

 

これっていわゆる、
「欧米の教育は子どもを意思を尊重する」っていうことの一部なんだと思いますが、日本の保育現場にいたぼくとしては違和感でしかなかった(笑)

 

この状況が疑問でしょうがなかったぼくは、担任の先生に聞いてみたことがあります。

「なぜわざわざサンドイッチを作るの?」って。

 

そしたら、「子どもの意思の尊重」とは別の理由として(園側としてはこっちの理由の方が強いみたいなんですが)

親からお金(高い保育料)をもらっているので、なんでもいいからとにかく食べさせる必要があるということでした。

親の払っている保育料には食事の金額も含まれているから、「機嫌が悪くて何も食べてません」とか、子どもが家で「今日は保育園で何も食べなかったよ」なんて言ったら大問題になる場合があるの。

 

だから給食として出てきたものを子どもが食べたくないと言ったら、わざわざ違うものを作ってでも与える。んだそうです。

 

国が違えば文化が違う。さまざまだなぁってしみじみ感じました

 

さてこの状況、、、

親の立場からしたら、おやつとランチを食べさせてもらってるから満足なのかな?

 

先生は、業務としての最低限の責任を果たしているから大丈夫なのかな?

 

子どもは、食べたくないものは食べなくてよくて、食べたいものだけたくさん食べれるから幸せなのかな?

 

どうだろう?

 

 

子どもがこの環境で育ったら、

「そうか、食べたくないものは食べなくていいのか。食べたいものだけ食べればいいのか。」

 

「そうか、やりたくないことはやらなくていいのか。やりたいことだけやればいいのか。」

 

なんて思うようになるんじゃないのかなぁなんて心配になっちゃいます。

実際、(また後日に別の記事で書こうと思いますが)P園での「おもちゃの片付け」の時間はそれこそ地獄絵図でした(笑)

 

 

最近の日本では「欧米のように子どもの個性を尊重して、自分の意見を主張できる子どもに育てた方がいい」と言われたりもしていますが、

でも、P園での食事風景を通してみた子どもの「自己主張の通し方」に疑問を感じたことは確かです。

 

自己主張ができることは大切だと思いますが、やはり「場面」や「内容」のことまでしっかり考えないと。

 

なにごともですが、大事なのはバランスだと思います。

そして、それを教えるのは大人です。

まずはその大人たちがしっかりとした軸を持つことが大切なんだろうとP園で働きながら感じました。

 

 

保育ひろば

 

 

続きの記事はコチラ↓↓↓

【お弁当はシンプルイズザベスト??】〜ぼくがオーストラリアの保育園で学んだこと〜

Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

アイキャッチ画像 オーストラリアの保育園で学んだこと

2 件のコメント

  • ヒガンテさん、初めまして。
    いつも楽しく拝読しています。私は今現在オーストラリアでチャイルドケアで働いています。
    今回の記事、実は私もいつも疑問に思っていた店だったので、思わずコメントしました。
    オーストラリアの幼児教育ではchildren’s agencyやAlternative choiceをとても推奨してますよね。確かに大事なことでもあるけれど、教えなきゃいけないこと…例えばヒガンテさんがおっしゃってるように、ソースライスを食べたくないからと言って白飯だけ与えたり、サンドイッチを新たにあげたら、他の子も欲しがって結果もともとの献立の食事は全て廃棄になること…など実際に起きています。
    そうして散々食べ物を捨てているのに、プログラムの中にsustainabilityを組み込まなければならなかったり。(笑)私は日本での保育士としての経験はないけれど、でも自分が育ってきたこと、教えられたこととあまりにも違いすぎて、オーストラリアの幼児教育の矛盾点がなかなか消化できずにいます。でも、この国のeducatorとしてやっていこうと思ったら国の決めるframeworkには沿わなければいけないな、と思い家庭で自分の子供にはちゃんと食育もしていますが、職場では職場のやり方に割り切って従うようにしました。
    ヒガンテさんは帰国されてからも保育士として復帰されたのですか?日本の保育も興味があるので、また良かったら日本でのお話も記事にしてください。
    それでは長くなりましたが、また読みに来ますね。

    • Heroさん
      初めまして。コメントありがとうございます。
      実際に働かれている方からの意見はリアリティがありますね。
      オーストラリアの保育は良いところもたくさんあると思います。でも「ん〜これはどうなの?」っていう部分もチラホラありますね。
      それは日本の保育でも同じなので、良いところをミックスしていけたらなと思っています。
      ぼくは今、日本で保育園の新規立ち上げに携わっています。4月に開園するので、そこでの様子も可能な限りお伝えしていきたいと思います。
      これからもぜひ覗きに来てください☆
      良いお年を!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です