【お弁当はシンプルイズザベスト??】〜ぼくがオーストラリアの保育園で学んだこと〜

アイキャッチ画像 オーストラリアの保育園で学んだこと

スポンサードリンク

Pocket

はじめに

 


数年前まで日本の保育園で働いていたぼくですが、
「海外の保育園ってどんな感じなんだろう?」「海外ってどんな保育してるんだろう?」という思いから、
2014年から2016年の始めまでワーキングホリデービザを使ってオーストラリアへ行き、
英語を勉強し、オーストラリアの保育園で働くための保育士資格を取り、
約5ヶ月間、現地の保育園で働いてみました。
 
 
その約5ヶ月の間に、現地の保育園で様々な経験をすることができたので、
その中で学んだこと、気がついたこと、日本の子育て•保育との違いなどをまとめていこうと思います。


 
 
ちなみに、現在はワーホリのビザがもう切れてしまったので、
今は日本で暮らしながらこの記事を書いています。
 
 
海外(オーストラリア)の保育•子育てを間近で見てきたから分かることがたくさんあります。多くの人に知ってほしいと思うことがたくさんあります。
 
日本の保育園•幼稚園で働いている方、
子どもと関わる仕事をしている方、
日本で育児•子育てをしている方、
海外の保育園に興味がある方にぜひとも読んでもらいたいです。
 
 
 
※注※ 
記事中では、ぼくがオーストラリアで働いていた園の名前をP園と記載しています。

 

 

 

ランチボックスウィーク


 

ぼくが働いていたP園では普段は子どもたちはお昼ごはんもおやつも園で用意されたもの(給食)を食べますが、ある期間だけ、イベント(行事)として

1週間まるっと「ランチボックスウィーク」だった週がありました。

 

家からランチとおやつ持ってきていーよーって。

日本でいえばお弁当ですね。

 

そして日本の保育園や幼稚園でお弁当といえば、、、

 

そう!!!

 

お母さんの汗と涙と早起きの結晶、

 

「キャラ弁」です。

 

 

日本の保育園で働いていた時、

遠足や弁当持ちの日のたびに出来栄えとお母さんたちの努力に感心したあの「キャラ弁」たち。

 

ディズニー、ジブリ、妖怪ウォッチ(ちょうど流行り始めたころだった)、どうぶつなどなど

 

「どうやって作ったんですか?」っていうくらい手の込んだ仕上がりのキャラ弁たち。

 

「お母さん、あの鮮やかな水色はどうやって出したんですか!!??」

「食紅です」

なんてやりとりや、

 

「お母さん、これ何時から作ったんですか!!??」

「今日は4時起きでした」

なんていうやりとりが懐かしい。笑

 

 

とにかくクオリティが高い!日本のお母さんが作るお弁当です。

 

作るにあたって大変な面が多いと思いますが、お母さん(たまにお父さんも)たちは愛する我が子のために何を作るか決め、材料を揃え、いつもよりも数時間早起きをして作るわけです。

 

子どもの喜ぶ顔が姿を見るためにという、その努力と我が子への思いやりには頭が上がりません!!

 

だから、声を大にして言いたい!

お弁当の日にキャラ弁を作る保護者のみなさん、ご苦労様です!!

子どもたちはキャラ弁を食べる時すごく喜んでいますよ!!!

 

むしろ、

「無くしたくないから食べたくない」という子どももいて、その気持ちもすご〜くわかるのですが、

保育士としては子どもに食事をとるように促すというのも仕事の一つなので「あとでお腹空いちゃうから食べようよ〜」と言うしかなく、複雑な気持ちです。

 

とにかく、子どもは喜んでいますという事実を知っていただきたいのです。

でも、、、お母さんの中には

 

「正直なところ、、、キャラ弁も周りに合わせて作っているけど、結構負担だわ、、、」なんて感じちゃう方もいるかもしれません。

 

今回の記事はそんな方への勇気づけになるかもしれません。

 

 

 

P園では?


日本のキャラ弁は素晴らしいと思うのでちょっと力が入って本題から少し話が逸れました。

 

今回はぼくが働いていたオーストラリアのP園でのランチボックスの話です。

 

実はランチボックスウィークの際に、担任の先生に許可をもらって子どもたちのランチボックスの写真を何枚か撮らせてもらいました。

 

百聞は一見に如かず、です。

 

まずは実際に子どもたちが園に持ってきていたランチボックスを見てみましょう!!!

 

日本の遠足や運動会でよく見るお弁当やを想像していると、オーストラリアの子どものお弁当はだいぶギャップがあるかもしれません(笑)

 

 

P園の子どもたちはこんなお弁当でした。

 

ランチボックス オーストラリア 保育園

ランチボックス オーストラリア 保育園

ランチボックス オーストラリア 保育園

いかがでしょうか?

 

このランチボックスたちを見てどう感じますか?

 

 

ぼくは最初に見た時、「まあ、シンプル」って思いました。

 

シンプルって言葉がぴったりだと思いませんか?笑

 

 

文化として


保育園で子どもたちが持ってきていたお弁当たち、

保育園で働く1年前からオーストラリアで生活しながらカフェとかファームとかで働いていたのでわかりますが、

そこで一緒に働いていた大人のオーストラリア人たちも似たようなランチボックス持ってきてたのでオーストラリア全体でお弁当ってこういう感じなんでしょうね。

 

だからおそらくここに載せている写真に対して

「オーストラリアの子どもたちのランチボックスはこんな感じです」

と言っても大丈夫なんだと思います。

IMG_5829

これも文化の一つです。

オーストラリアの人たちは、ディナーは豪華に、しかもガッツリ食べるけど、朝やお昼は軽く済ませるという人が多いので、

子どもたちのランチボックスにも納得と言えば納得です。

 

 

日本のお弁当と比べたらシンプルですが、これを小さい頃からランチボックスだと思いながら成長し、さらに周りの友だちも同じようなランチボックスを持ってきていたら、それが「当たり前」になるし、「普通」になりますよね。

 

逆に言えば、日本の子どもたちは小さい頃からキャラ弁がお弁当だと思って成長するから、それが「当たり前」になるし、「普通」になっているんですよね。

 

オーストラリアのランチボックスはシンプルでいいですよ〜

 

日本なら食材を切って炒めたり茹でたりしてそのあとで味付けをしてさらに飾り付けもします。

オーストラリアは切って入れてはいおしまい。

流行りの「時短クッキング」の最先端ですね(笑)

 

ランチボックス オーストラリア 保育園

 

シンプルがいいんです。

 

果物だって、日本だったら食べやすように切ってあって、

りんごにいたっては可愛いウサギみたいになっちゃいますけど、オーストラリアではまるごと入ってます。

 

シンプルでいいんです。

 

子どもたちは自分の顔が隠れるんじゃないかって大きさのリンゴを両手で抱えてかじってます。

その姿もものすごく可愛いです(笑)

 

 

ちなみにこれらの写真は全部、子どもたちが食べる前に撮ったので量は家から持ってきたそのままです。

 

 

他にも、、、


キャラ弁もありましたよ。

ちょうちょです。

ランチボックス オーストラリア 保育園

市販の製品を取り入れるという斬新な方法です。

シンプルでいいんです。

 

ランチボックス オーストラリア 保育園

ピザだって入ります。

欧米文化ですから。

水筒にコーラ入れてきてる子どもだっていましたよ(笑)

 

シンプルでいいんです。

 

 

 

さいごに


P園のランチボックスウィークで学んだことは2つです。

 

1つは「キャラ弁を作る日本のお母さんたちってすごい」ってこと。

 

もう1つが、「日本のキャラ弁が良くてオーストラリアのシンプルなランチボックスが悪いということではない」ってこと。

 

 

というのも、

ランチボックスウィークの1週間、

 

P園の子どもたちは毎日自分のランチボックスを胸に抱いて登園し、

 

部屋に来るなりフタを開けて「こんなの入ってるんだよ〜」と友だちに見せて周り、

 

「ティ〜チャ〜、ランチタイムまだ〜?」とことあるごとに先生に尋ね、

 

ランチタイムにはいつもの給食の時の何倍も笑顔を見せながら自分の持ってきたランチを食べていました。

 

子どもたちはランチボックスにすごく喜んでいました。

ランチボックス オーストラリア 保育園

 

日本の保育園や幼稚園に今回載せたようなお弁当を持って来てる子がいたら「差」のようなものを感じるかもしれません。

日本には日本の普通というものがあるからです。

 

でも、その普通に近くなくたってそれは「差」ではなく「違い」であってそれは本来気にすることではないと思います。

そういうことを感じて子どもに伝えるのはだいたい大人ですが。

 

「うちはうち、よそはよそ」っていうあれです。

 

 

でもあのシンプルなお弁当でもオーストラリアの子どもたちはすごく喜んで食べていました。

「差」は感じていませんでした。

オーストラリアの普通があれだからです。

 

 

もちろん保護者も一緒です。

 

「◯◯くんのランチボックスのりんご、切って入ってたの?ごめんねぇ丸ごと入れちゃって。」なんてことにはなりません。

ランチボックス オーストラリア 保育園

 

ぼくはシンプルが好きなので、

お弁当に野菜や果物が切って入っているだけでも十分だと思います。

 

 

そして、

子どもたちにとって大切なのは、

「誰が作ってくれたか」であって、「どんなお弁当か」は二の次だとも感じました。

 

もちろん、

先ほども言ったように日本には日本の「平均」とか「基準」みたいなものがあることも事実です。

でもそれって多くは「大人の都合」とか「大人の事情」だったりするんじゃないかとも思います。

 

 

1番大事にしたいことは、子どもが大人になった時に「お母さんがあの時作ってくれたピカチュウのお弁当上手だったなぁ」と思うことじゃなくて、「お母さんあの時、忙しい中で大変だったのにお弁当作ってくれてたんだなぁ」と思うような育て方をすることじゃないのかなぁ。

 

そんなことをP園のランチボックスウィークから感じました。

 


次の記事はコチラ↓↓↓

【クリスマスパーティー】〜ぼくがオーストラリアの保育園で学んだこと〜

 

 

保育ひろば

 

 

Pocket

スポンサードリンク

アイキャッチ画像 オーストラリアの保育園で学んだこと

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です