【園行事の時の親御さんたち】〜ぼくがオーストラリアの保育園で学んだこと〜

アイキャッチ画像 オーストラリアの保育園で学んだこと

スポンサードリンク

Pocket

はじめに

 
数年前まで日本の保育園で働いていたぼくですが、
「海外の保育園ってどんな感じなんだろう?」「海外ってどんな保育してるんだろう?」という思いから、
2014年から2016年の始めまでワーキングホリデービザを使ってオーストラリアへ行き、
英語を勉強し、オーストラリアの保育園で働くための保育士資格を取り、
約5ヶ月間、現地の保育園で働いてみました。
 
 
その約5ヶ月の間に、現地の保育園で様々な経験をすることができたので、
その中で学んだこと、気がついたこと、日本の子育て•保育との違いなどをまとめていこうと思います。






 
 
ちなみに、現在はワーホリのビザがもう切れてしまったので、
今は日本で暮らしながらこの記事を書いています。
 
 
海外(オーストラリア)の保育•子育てを間近で見てきたから分かることがたくさんあります。多くの人に知ってほしいと思うことがたくさんあります。
 
日本の保育園•幼稚園で働いている方、
子どもと関わる仕事をしている方、
日本で育児•子育てをしている方、
海外の保育園に興味がある方にぜひとも読んでもらいたいです。
 
 
 
※注※ 
記事中では、ぼくがオーストラリアで働いていた園の名前をP園と記載しています。

 

 

クリスマスパーティーにて

 

前回の記事に引き続き、P園のクリスマスパーティーで感じたことを書こうと思います。

クリスマスパーティーはP園で働いていた中で最初の「保護者が参加する行事」でした。

その中で1番印象に残っていることが「親御さんの行事への参加の仕方」です。

そしてそれが、日本ではあまり見られないけどとても大切にしたいことだと思いました。

オーストラリア クリスマスパーティー

日本では、

 

日本の保育園や幼稚園での行事(主に運動会や発表会など)を思い起こしてみると、

親御さんの多くは自分の子どもが出番だと自分の子どもを追いかけます。

 

ただ、それが自分の目でではなくビデオカメラ越しに追いかけている場合がすごく多いと思います。

べつにビデオカメラで撮ることがいけないわけではないし悪いことでもありません。

 

ぼくも写真を撮ることが趣味なので、

あとで見返せるようにと記録に残したい気持ちはすごくわかります。

 

しかし、そんな思いと並行して、

以前日本の保育園で働いていた時にベテランの先生がボソっと、

「昔は(発表会の)劇や歌のあとの拍手がもっと多かったのよ」

とつぶやいたことがあります。

 

また、

あるお母さんが冗談交じりで話していましたが、

「子どもたちの劇で面白いところがあっても自分の声が(ビデオに)入っちゃうから笑えないんですよ〜(笑」と。

 

たしかに日本の保育園•幼稚園の発表会や運動会では、

いかに良い場所を取って愛する我が子の記録を残すかが重要事項になっている気がします。

 

そんな様子をみていて、

「愛する我が子の記録を残すのも大切だけど、

お母さんやお父さんが(カメラ越しじゃなく)見てくれている、

喜んでくれているという記憶を子どもに残してあげることも大切なんじゃないかなぁ」

って思うこともありました。

 

発表会の時、子どもの側から保護者席を見たら、ほぼカメラマンしかいませんから

なかなか迫力のある景色だと思います。

 

まあしかし、先ほども言いましたがぼくも自分で一眼レフを構えるくらい写真が大好きなわけです。

後で見返せるように記録に残すのも大切だと思います。

 

いざぼくに子どもができて、その子の発表会となったら4時間前から並んで1番前の席を取り、手ぶれ補正のついたビデオカメラを構えているかもしれません。

ぼくが最前列に座ったらぼくの背中の大きさのせいで後ろの人ビデオ撮れませんけど。笑

 

この、発表会や運動会におけるビデオカメラ論争は、意見が別れるところなのではないでしょうか。

シドニー クリスマス

P園の親御さんたちは??

 

さて、

話は戻ってオーストラリアのクリスマスパーティーです。

 

子どもたちがクリスマスの歌を披露している時、オーストラリア人の親御さんたちがどうしていたかというと。

 

スマホでビデオを撮っている人やデジカメで写真を撮っている人はいましたが

ぼくの見える範囲で探した限り、

ビデオカメラを構えている親御さんは一人もいませんでした。

さすがに一人もいないという状況にはビックリです。

 

オーストラリアは家電量販店でのビデオカメラの売れ行き悪いだろうなぁって心から思いましたね(笑)

オーストラリア 保育園

 

また、日本と大きく違うなと思ったのは、

保護者側の席からよく声援が飛んでくることです。

子どもたちが歌ってる最中から

「Yeah!!!」とか「Well done guys!!(いいぞいいぞ!!)」とか。

 

そして、それらを言ったりやってるのはたいていお父さんたちです(笑)

もし日本だったら他の親御さんから「ちょっと空気読んでよね」って絶対思われる状況。

 

さらに、子どもたちが歌を披露している時、

日本だったら親御さんたちはもし自分が知ってる歌でも手拍子や口パクをするくらいが多いですが、オーストラリアの親御さんは普通に歌い出します。

 

今回はクリスマスパーティーだったので

子どもたちは「ジングルベル」を披露したのですが

歌い始めてすぐ、どこからともなく成人男性の声が混じってくるのです。

野太い声で「ジングルべ〜ル ジングルべ〜ル」って

またお父さんたちじゃんっ!!笑

もはや混声合唱でした。

 

スマホでビデオ撮ってるお父さんも、撮影しながら全力で歌っていたので、

あのビデオ、お父さんの歌声しか入ってないだろうなぁ。

 

それでもそんな様子が当たり前の子どもたちは、

自分のお父さんやお母さんが歌っているのをみてさらにやる気になるようで、

大きな声を響かせながら笑顔で歌っていました。

 

最初は子どもだけが歌っていたはずなのに、いつの間にか会場にいる、親御さんたち、園児の兄弟、先生たちもみんなで歌っていていて

「なんて一体感があってあったかいクリスマスパーティーなんだ」って思っちゃいました。

オーストラリア 保育園 クリスマス

 

さいごに

 

P園でのクリスマスパーティーを通して、

日本の保育園の行事とは、行事に対してのそもそもの考え方が違うんだと感じました。

 

スマホでビデオを撮っている親御さんがいたと書きましたが、全体的に見れば少数で、

ほとんどの親御さんは手拍子をしたり歌を口ずさみながら我が子の歌う姿を見ていました。

それもあって歌が終わるごとに起こる拍手喝采はとても盛大で、

あっちから指笛ピューピュー、そっちから「お前たち最高だ!」「よくやった!」って

とても賑やかでした。

 

そんな声ももちろん野太い成人男性の声。まーたお父さんです!笑

 

賑やかさの大きな原動力になっているのはお父さんたちだなっていうことも感じました。

お父さんの子どもへの関わり方、育児参加の仕方も日本とは違うことがたくさんありました。

今度は、P園でのお父さんの育児参加についても記事を書こうと思います。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

それではまた。

 








【napnap 抱っこひも】公式オンラインショップはこちら!

Pocket

スポンサードリンク

アイキャッチ画像 オーストラリアの保育園で学んだこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です