※お知らせ※

現在、ブログ引越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。

新しいブログの公開まで、ご迷惑をおかけします。

オーストラリアの保育園で働くには!?3つのオススメプラン!!

オーストラリア 保育園

スポンサードリンク

Pocket

はじめに

 

こんにちは。ヒガンテ保育士.comのKazukiです。

 

今回は、海外での保育士を目指す人、海外の保育に興味のある人、海外の保育園で働くにはどうしたらいいの?と疑問を抱えている人に向けて、

オーストラリアで保育士(チャイルドケアティーチャー)を目指すいくつかのプランを紹介したいと思います。

 

ぼく自身、実際にオーストラリアに行ってチャイルドケア資格を取って現地の保育園で働いていましたが、

オーストラリアに着いた時は保育園のことも保育士のことも情報を持っていなくて、働くために資格がいることも知りませんでした。結果的には持ち前のラッキーが重なって現地の保育園で働くことができましたが、1歩間違えばそれはできなかったです。

自分の経験から、事前に知れることは知っておいた方がいいと思います。

 

というわけで今回の記事は費用や英語力について心配し、どうしたらいいのかわからないと不安を抱えている人の参考になれば嬉しいです。

 

ちなみにお金については、3年や4年くらいの長期的な目で見ればプラス(黒字)になる可能性が高いです。

そのことも踏まえて、プランA,B,Cと題し、3つのプランを提案したいと思います。

 

 

 

条件

 

まず、オーストラリアの保育園(チャイルドケアセンター)で働くに当たって最低限知っておいていただきたいことがあります。

それは必要な資格や条件についてです。

 

オーストラリアの保育園で働くために必要な条件、それは

 

•興味がある

•英語ができる

•資格(サティフィケートorディプロマ)がある

•オーストラリアに滞在できるビザの所持

 

おおまかにはこの4つです。

 

「興味がある」については、法律で決められているわけではありませんが、モチベーションとして最低限必要なことだと思います。「子どもが好きだから」「海外の保育に興味があるから」「保育が好きで、日本の保育園よりも給料がいいから」など、いろいろあっていいと思います。

 

「英語ができる」については、「どこからが[英語ができる]になるの?」ってなりますよね。これも数字で測れるものではなくて、「現場で働いて問題のないくらい」が基準になると思います。でも、現場で使う英語って現場で身につくものだと思うので、最初はあまり心配しなくてもいいです。まずは、「日常会話」程度、そして資格取得のための学校に入学できるレベルの英語力があればいいと思います。

 

「資格がある」ですが、オーストラリアの保育園で働くにはここが重要です。

2016年1月からオーストラリアでは、保育園で働く際にチャイルドケア資格の最低限であるサティフィケート3以上の所持が義務付けられました。

サティフィケート3(Certificate3)では資格取得に6ヶ月、その上の資格であるディプロマ(Diploma)では資格取得に約2年間現地の学校に通う必要があります。

つまり、オーストラリアの保育園で働こうと思うならこの、学校に通う期間と費用を考慮して考えなければいけません。

 

 

最後に「オーストラリアに滞在できるビザ」には、観光ビザ•学生ビザ•ワーキングホリデービザ•就労ビザ•永住権などがあります。ぼくはワーキングホリデーでビザを使ってオーストラリアの保育園で働いていました。

現在(2016/06)、オーストラリアでチャイルドケア資格を取ろうと思うと、一般的な日本人(パートナービザや就労ビザがないの)であれば学生ビザを使って学校に通うしかありません。それを踏まえ、どんなプランがあるのか、どんなビザの組み合わせがいいのかを考えてみたいと思います。

 

 

というわけで、まずはこの4つの最低条件を知っていただいて、先へ読み進めていただきたいです。

 

 

 

プランA [ヒガンテ保育士型]


 

さて、まずはプランA。

これはぼくが実際に通ってきた過程です。

 

 

ビザ:ワーキングホリデービザ

資格:サティフィケート3

 

流れは、こんな感じ。

 

ワーホリ1年目:英語勉強(語学学校3ヶ月通学)•セカンドビザ取得

フィリピン留学:1ヶ月間英語の勉強

ワーホリ2年目:(約3ヶ月間)チャイルドケア資格取得のための学校に通う。(Certificate3取得)

ワーホリ2年目:(約6ヶ月間)現地のチャイルドケアセンターでフルタイムで働く

 

 

ぼくの場合はまず英語の勉強から始まりました。オーストラリアに着いた時、道の聞き方すら英語でわからなかったので。笑

そして、オーストラリアに2年間滞在するためにセカンドビザを取得しました。

ワーホリ1年目を終えた頃には、保育園で働くための英語力に不安があったので、流行りのフィリピン格安留学に1ヶ月行きました。

 

オーストラリアに戻ってから、資格取得のための学校に3ヶ月通い、サティフィケート3という保育園で働くために必要な最低限の資格を取りました。

そして運のいいことに、実習で毎週通っていた園の園長に声をかけてもらえたので、そのままその園で働くことになります。

 

これがぼくのたどってきた道です。

 

ざっくりですが、語学学校費は3500ドル(約28万円)でしたが、

チャイルドケアセンターの給料は月に4200ドル(約33万円)もらっていたので、学費だけで言えば1ヶ月で元は取れていることになります。

 

生活費なども含めても、働いている間に貯金はそれなりにできました。

それくらいオーストラリアの職場は給料がいいんです。

 

 

ですが、このプランには一つ問題がありまして。

ぼくが通っていた資格取得のためのコース、「ワーホリビザで通える!3ヶ月で取れる!」を売りにしていたわけなんですが、なんとぼくたちのタームを最後に廃止になってしまいました。

 

ワーホリビザだと、学校に通えるのは4ヶ月までと決められています。

ぼくの知る限り、4ヶ月以下でチャイルドケアのサティフィケート3を取れる学校はありません。(新しくできているかもしれないので、最新の情報は現地の留学エージェント(ぼくが世話になったのはアイエス留学ネットワーク)にお問い合わせください

 

というわけで、

今現在、オーストラリアで保育園(チャイルドケアセンター)で働こうと思うと、最低6ヶ月以上学校に通わなければいけません!それはワーホリビザでは無理なので学生ビザを利用して、ということになります。

 

働けなくてもいいから現地の保育園でボランティアをしてみたい人、ベビーシッターやオーペア(住み込みのベビーシッター)がしたいという方はワーホリビザだけでも十分可能です。

 

 

 

 

プランB [ワーホリビザ→学生ビザ型]


次は、ワーキングホリデービザと学生ビザを組み合わせて保育園で働くまでの道のりを考えてみます。

 

ビザ:学生ビザ、ワーキングホリデービザ

資格:サティフィケート3 or ディプロマ

 

流れはこんな感じ。

 

●ワーホリビザでオーストラリア:

語学学校などに通って英語の勉強

保育園でのボランティアやベビーシッターの経験

海外での生活に慣れる

 

 

●学生ビザ:

ワーホリ後に学生ビザに切り替えて、チャイルドケア資格を取るための学校に通う

サティフィケート3 → 約6ヶ月

ディプロマ → 約2年

 

 

●学校に通いながら、パート•アルバイトができる園を探す。

☆在学中でも「資格取得見込み」として働くことが認められています。

☆学生ビザは週に20時間までの就労が認められています。(長期休暇時は無制限)

 

 

●スポンサーを探し、ビジネスビザを得る

 

 

このプランで重要なのは、学校を卒業した後、いかにスポンサーをしてくれる就職先を見つけるかです。

ビジネスビザを得るには企業(この場合は保育園)にスポンサーになってもらう必要があります。スポンサーがついてくれればビジネスビザが出してもらえて、その園で働くことができます。

 

在学中は学生ビザがあるのでいいですが、卒業してしまったらビザ無し、もしくは観光ビザでの滞在になってしまいます。ビザ無しは論外で、観光ビザも働くことができないので、例えば園長先生に「様子を見たいからしばらく働いてもらってからどうするか決めるわ」って言われた場合にも、しばらく働くためのビザがないと最初の1歩でつまずいでしまいます。

 

だから、このプランでは、在学中にいかに園とのコネクションを作っておくか、自分を知っておいてもらうかが鍵になると思います。

また学校によってはディプロマ資格の場合だと卒業後1年間はビザを出してあげる(無料•有料、どんなビザなのかはわからない)制度もあるみたいなので、それを利用することもアリだと思います。

 

 

ちなみに

基本的に、チャイルドケア資格からビジネスビザを出してもらう場合や永住権を目指す場合にはディプロマ資格が必要になります。

ぼくの働いていた園でも、サティフィケート3じゃビジネスビザを出すのは難しいと言われました。

オーストラリアでのビジネスビザ、永住権を目指すのであれば、2年間学校に通って取得できるディプロマ資格を最低限取得しておく必要があるようです。

 

このプランBでは、サティフィケート3を選んでしまうと、仕事やビザが得られずあとあと後悔することになる可能性が高いのかもしれません。

 

 

 

 

プランC [学生ビザ→ワーホリビザ型]


最後のプランCです。

先ほどのプランAやプランBを踏まえて、オーストラリアの保育園で働くことを目指すなら1番良いとぼくが思うプランがこのプランCです。

 

ワーホリビザを組み合わせるので、ワーホリビザが取得できる制限である30歳以下の方に限られますが、、、。

 

 

ビザ:学生ビザ、ワーキングホリデービザ

資格:サティフィケート3 or ディプロマ

 

 

おおまかな流れは、

 

●フィリピンやフィジーなどで語学留学

or

学生ビザを使ってオーストラリアで語学留学

 

 

●学生ビザで学校に通ってオーストラリアでチャイルドケア資格を取得

サティフィケート3 → 約6ヶ月

ディプロマ → 約2年

 

 

●学校に通いながら、パート•アルバイトができる園を探す。

☆在学中でも「資格取得見込み」として働くことが認められています。

☆学生ビザは週に20時間までの就労が認められています。(長期休暇時は無制限)

 

 

●卒業後、ワーキングホリデービザに切り替えて働ける保育園を探す

☆ワーホリビザを取得すれば1年間は滞在できます。

☆ワーホリビザでは同一の職場で最大6ヶ月まで働くことができます。

☆ワーホリビザは期間に関わらず時間無制限に働くことができます。

 

この期間にガッツリ働ければ、学費分+αを稼いじゃうことも可能。

 

 

●ビジネスビザ、永住権ゲット?

 

 

 

これが、オーストラリアで保育士を目指す方にとっての理想的なプランかなって思います。

ワーホリビザがあるから卒業後のビザの心配もしなくていいし、ワーホリ期間中に幾つかの園を見て自分にあった場所を探すこともできるし、働いている園に自分をアピールすることもできるのでスポンサーになってくれる可能性も高くなります。

 

 

また、2年も学校に通わなければいけないディプロマはちょっと、、、という方でも、6ヶ月で取れるサティフィケート3を取ってそのあとからワーホリビザに切り替えて1年なり2年なり働くこともできます。

 もし、先にワーホリビザを取ってしまってから「やっぱりチャイルドケアの方をやってみたい」と思ってもプランBのように学校卒業後に壁にぶつかってしまう可能性が高いです。

 

そのあたりも含め、さらに、自分の年齢、オーストラリアの保育への興味、将来の展望なども織り交ぜて考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

最後にこのプランCですが、最初にも書きましたが、年齢制限があります。ワーホリビザは30歳までしか取得できません。

 

逆算してみると、

ディプロマを目指す場合は、仮に今英語が全く話せないとして、語学留学に1年、ディプロマ取得2年、ワーホリ1年と考えると最低でも4年かかります。

 

30歳になった時にワーホリを始めるとしても、最低でも27歳の時にはスタートしていたいところですね。

 

英語に自信があって、ディプロマから始めたとしたら28歳がリミットです。

 

 

ギリギリを考えるなら、語学留学なし、サティフィケート3取得に6ヶ月、ワーホリ1年で、

29歳6ヶ月までにスタートすればスムーズに行けば可能です。

 

どんな選択をするのかは、先ほども挙げた、自分の年齢、オーストラリアの保育への興味、将来の展望などとの要相談になるかと思います。

 

もちろん30歳を超えてもまだまだ道はあります。ぼくの知り合いでも、30歳を過ぎてからオーストラリア永住を目指してディプロマ取得のための学校に通っている人が数人います。

 

メリットを挙げると、ディプロマ取得して仕事をすれば時給25ドル前後で働けることです。学費を取り戻し、海外で暮らして経験を積みながら貯金をすることも可能です。

 

なんにしても、10年後に後悔しない選択をしたいものですね。

 

 

 

 

さいごに

 

いかがだったでしょうか。今回はオーストラリアの保育園で働くためのプランをいくつか提案してみました。

少しでも、部分的にでも、興味のある方の参考になれば幸いです。

 

ぼくはオーストラリアの保育園で実際に働いてみて、日本の保育とは全く違う環境に戸惑うことも多かったですが、国が違えば文化も習慣も違って、それが新鮮でとても面白かったです。

もちろん飛び交う言語が英語なので、理解したり伝えたりするのに少し時間はかかりますが、それを向上せるのは現場で働きながらが一番だと思います。

あれは慣れです。母国語じゃないからってハードル高そうに感じますけど、タイやフィリピンからオーストラリアに来て、英語が第2言語だけど永住権取って立派に暮している人は山のようにいます。

日本人だって同じ人間、やればできます。

 

 

一人でも多くの興味ある人に、現地の保育園で働いてみて欲しいです。

日本の子どもも可愛いけど、オーストラリアの子どもたちもとびきり可愛いです。

特にあの、子どもの「ティーチャ〜、エチュチュチューズミ〜」ってのを生で聴いて欲しい(笑)

 

 

一度きりの人生、興味のある方は是非、(ワーホリビザの取得資格があるうちに)挑戦してみてください。

 

 

 

最後にぼくがオーストラリアにいる時に情報や学校の紹介をしてくれた無料の留学エージェントだけ紹介しておきますね。

名前はアイエス留学ネットワークと言って、問い合わせも無料で、親身になって相談に乗ってくれます。

 

シドニーにオフィスがあって、日本人の方が働いているので日本語で大丈夫です。今回の記事を見て、オーストラリアの保育園で働くことに興味を持った方は、まずは学費の見積もりだけでも相談してみるといいかもしれません。

優しいスタッフさんが丁寧に対応してくれますよ!

 

 

 

では、また。

 

 

Pocket

スポンサードリンク

オーストラリア 保育園

5 件のコメント

  • はじめまして。オーストラリアに来てから保育園での仕事に興味を持ちました。ボランティア等の経験もないのでどのような仕事をするのかもわからないのですが。。。
    サーティフケート3があれば保育園では働けるのですか?
    サーティフケート3と資格は同じ学校では取得できないものなのでしょうか?
    サーティフケート3と資格は両方必ず必要なのでしょうか?
    ご存知でしたら教えてください。

    • まいさんこんにちは、コメントありがとうございます。
      オーストラリアの保育園はサティフィケート3があれば働けますよ。
      まいさんの言う「資格」が何の資格なのかわからないのですが、ディプロマのことでしょうか?ディプロマでしたらサティフィケート3が取れる学校と同じ学校で取れることがほとんどだと思います。

      サティフィケート3も立派な資格なので、チャイルドケアを考えるのであれば、まずはサティフィケート3を目指してはいかがでしょうか。

  • こんにちは。今年5月にDiplomaを取得しました。23歳ちあきです。
    日本に帰ってきてから、卒業ビザ(graduate visa)を取った方が良かったのではないかと考えています。まだ、ワーキングホリデービザは使っていないので、日本で保育経験を積んでから再びオーストラリアに戻り、Diploma資格保持者として働きたいのですが、卒業ビザは卒業すぐしか使えないのでしょうか?もしご存じでしたら教えていただけませんか?

    • ちあきさん、こんにちは。コメントありがとうございます。お返事が遅くなってゴメンなさい。
      Diplomaを取ったんですね!日本の保育も経験してからまたオーストラリアに戻って働けば、より良い保育ができそうですね!
      卒業ビザのことですが、残念ながら僕もそんなに詳しくなくて、、、。卒業ビザというのは学校がサポートしてくれるビザですか?確か、Diploma卒業後1年間は何かのビザで滞在できるようなことを聞いたことがありますが、それが卒業ビザなんですかね?
      もしよければ僕が使っていたエージェント(http://www.study-au.com)に問い合わせてみてください。有益な情報を得られるかもしれません。あまりお役に立てず申し訳ない。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です