オーストラリアの保育園で働きながら永住権を取得した人の話

アイキャッチ画像

スポンサードリンク

Pocket

はじめに


今日もブログ”ヒガンテ保育士.com“へ遊びに来ていただいてありがとうございます。

 

おかげさまでこのブログには「オーストラリアの保育園で働いてみたい!」「海外の保育園に興味があります!」「ワーホリ中にいろいろな経験をしたい!」という方がたくさん遊びに来てくれています。

 

今回は、「オーストラリアの保育園で働きながら永住権を獲得した」Eさんからお話を伺うことができたので記事にしたいと思います。

 

「いつかは海外永住!!」

「オーストラリアで子どもと関わる仕事をしながら永住権を取りたい!」という方の参考になると思います。

 

海外で働くこと、住むことを夢見る方たちの役に立てばとたくさんの質問に丁寧に答えてくださったEさんに感謝です!!

 

今回の記事はQ&A式になっています。

それではどうぞ!

 

 

Q1.日本での保育資格の有無


A.

日本での保育士資格 無しです。大学卒業後普通にOLでした。

 

 

Q2.日本での保育経験の有無


A.

日本での保育経験も無しです。子どもは好きで親戚の子供たちとかよく面倒見てたくらいです。

 

 

Q3.オーストラリアに行った目的•きっかけ•ビザ等


A.

大学在学中あちこち海外旅行をしたのがきっかけでいつか他の国で生活してみたいと思い日本で2年働いた後ワーホリで来豪。来豪前、アメリカで3ヶ月間オーペアをしました。
その経験がきっかけで、オーストラリアのワーホリ中はオーペアやベビシッターの仕事もしました。

2年目のワーホリ中チャイルドケアの勉強をしようか考えはじめ、学費を貯めました。

ワーホリの後3ヶ月ほど日本に帰り学生ビザで再びオーストラリアへ。

Diplomaのコースは15ヶ月でした。

 

 

Q4.英語に関する資格•検定


A.

ビザ取得の際IELTSのスコアが必要だったので over all(speaking, listening, reading, writing)でそれぞれ6.0以上.

 

 

 

Q5.チャイルドケアセンターの仕事を見つけるまでの経緯

Q6.スポンサーをもらえるまでの経緯


A.

学生ビザが切れて観光ビザで滞在中(西オーストラリア)も履歴書を出して仕事が見つかればいいなと思ってました。ただ、働くビザが必要なので、チャイルドケアセンターがスポンサーをしてくれることが必要でした。いい返事をもらえたところもありましたが、ビザの問題になるとなかなかスポンサーまでしてくれるところはありませんでした。

 

日本に帰国しようとしてた1カ月くらい前、その時滞在してた町の チャイルドケアセンターで資格保持者を探してるということで知り合いが書類一式をそのセンターからもらってきてくれたので書類を記入し持っていきました。

 

そのセンターでは観光ビザで滞在中だったのでお給料をもらって働くことができず、まずはボランティアをしてみないかと言われました。センターの様子を見れるだけでも嬉しかったのでOKし、週に3日くらいボランティアをしました。

そして、2〜3週間後にMeetingをしてスポンサーをしてくれることが決まりました。

 

 

 

Q7.永住権を取得するまでの経緯


A.

スポンサーが決まってから、457visa(ビジネスビザ)を申請しました。

ところが申請後immigrationから、チャイルドケアの仕事ではcentre manager or directorのポジションでしか457visaは下りないと言われました。ビザ申請後はBridging visaでの滞在だったのでvisaが出ないとわかった時点でいったんオーストラリアを出なければいけませんでした。

 

日本に戻り学生ビザを申請(Business administration cert3のコースを取りました。)

勉強しながら再び同じセンターに戻りパートタイム(週20時間)で働くことにしました。出会った子供達にまた会いたかったし、もう少し働いてみたくて。

戻った時に、2人の同僚がスポンサーをもらって働いてました。私が申請したビザとは異なるものでした。彼女らが自分達と全く同じ状況だから私にも同じビザを申請することを勧めてきました。

 

それが187visa (RSMS)でした。187visaは永住権です。会社側も私の時はそのビザのことを知らなかったからしく(私も知りませんでした)彼女らは永住権を取るためにビザコンサルタントや 弁護士を通して一生懸命調べそのビザにたどり着きスポンサーを探したようです。
彼女達はメルボルンから西オーストラリアの北にあるその町まではるばる引っ越して来たみたいです。

 

私はその時の学生ビザが切れる直前再び同じ会社でスポンサーをしてもらえることが決まり、187visaを申請しました。

 

条件としてはregional area(地方)で2年間スポンサーの下で就労しなければなりません。

また、

  • オーストラリアでのDiploma以上の資格
  • 雇用先がregional areaであること
  • IELTS 6.0(over all)以上、等です。 

(詳しくは→https://www.border.gov.au/Trav/Visa-1/187-)

 

 

 

 

 

Q8.チャイルドケアセンターで働いてみて思うこと


A.

働く人(保育士)の入れ替わりが多いです。1〜2年同じセンターで働けばいいほうかな。長く働いてる人が多ければ働きやすいし、子供も落ち着くので良いのですが。

子どもたちは自立心が高いですね。私の働いてるセンターでは2年くらい前から2歳児のクラス(toddler’s room)から、食事の時にちゃんとしたお皿(プラスチックのプレートではなく)を使うようにしてます。

最初はヒヤヒヤしましたが、今では子供たちが皿を割ることはほとんどないです。(方針としては、食事をレストランでする感覚で楽しんでもらいたい、食器の使い方を学んでほしいというものです。)

あと、他の国の言語に興味を持つ子も多いです。私の職場は国際色豊かで8ヵ国もの異なる国からのcarers(保育士)がいるので子供たちには色々な文化や言語学を学んでほしいです。

でも子供たちは まず一人の人として接してきます。どこの国の誰というのではなく。その点では常に人としてお手本になれるように心掛けてます。

 

 

 

Q9.給料や休日などの待遇を教えてください。


A.

待遇はセンターによって異なるとは思いますが、私の働いてるセンターではポジションや資格で給料が変わります。cert3 $21〜, Diploma $24〜, Team leader $27〜です。
給与は2週間ごとに支払われます。

 

有給休暇(annual leave)は 年に4週間あり、使わなければ貯めることができます。それプラス特別有給休暇(special leave) が年に2週間です。Special leaveは6ヵ月ごとに1週間とれます。(働き始めた時期から計算されます。special leaveは貯められません。なので決められた時期に取らなければいけません。)
6ヵ月になる前に退職した場合はもらえません。

 

あと、私のセンターでは1年以上働けば、Annual leaveの給与は25%上乗せでもらえます。例えば、通常2週間で$2000もらってるとすれば有給休暇中の2週間は$2500のお給料がもらえます。休暇の時にもっとお金がもらえるなんてと思いますが、オーストラリアではこういう会社もたまにあるみたいです。

 

 

Q10.オーストラリアのセンターで働きたいと思っている人へのアドバイス


A.

もしオーストラリアのチャイルドケアの仕事に興味を持たれていれば、まずはオーストラリアでの資格取得(certificate3 or Diploma)です。永住権も視野にいれるならDiplomaは絶対です。今はスポンサーをするチャイルドケアセンターも増えてきている感じがします。諦めずに頑張ってください!

 

 

 

さいごに


オーストラリアの保育園でビジネスビザを取得するには、マネージャーかディレクターのポジションが必要なんですね。

それ以前に、最低でもDiplomaの資格が必要ということで、約1年半〜2年のコースの通って勉強する必要があるようです。

 

ぼくがワーホリの時に取得したのは、Diplomaよりもランクの低いCertificate 3です。

ぼくも当時働いていた保育園の園長先生からは、Diplomaを取得したらスポンサー協力してあげると言われていました。

 

オーストラリアの保育園(チャイルドケアセンター)で働きながら、ビジネスビザ•永住権を目指すなら最低でもDiplomaが必要で、さらに、IELTSが4項目でALL6.0以上必要。

 

簡単ではなさそうですが、壁が大きいほど乗り越えた後に見える景色は格別なんだと思います。

実際にEさんのように、永住権を取得されている方がいるというのもすごく心強いですね。

 

そして何よりオーストラリアはやはり、給料や有給休暇などの待遇においては日本とは比べものにならないくらい手厚いですね。

「働く」ということへの価値観が日本とオーストラリアでは根本的に違う気がします。

 

 

日本と違う環境で保育に携わりたいと思ってる方の参考になったでしょうか?

Eさんも言うように、オーストラリアの保育現場で働きたいのなら何よりもまず資格が大切になってきます。

時間的にもすぐに取れるものではないし、費用もそれなりにかかるので計画的に進める必要がありそうです。

 

でも!!

「あの時やっとけばよかった」って後で後悔するくらいなら、今、

少しでも行動して景色を変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

今回協力してくださったEさん、本当にありがとうございました。

 

 

 


関連記事↓↓↓

日本と全然違う!!オーストラリアの保育園はこんなに働きやすかった。

 

オーストラリアの保育園で働くには!?3つのオススメプラン!!

 

 

「海外生活や留学に興味はあるけど何から進めていいか分からない」という方には、

ぼくがオーストラリアのワーホリやチャイルドケアの資格を取るために利用し、

ものすごく親切に助けてくださった留学エージェントをご紹介します。

こちらの記事↓↓↓を見てみてください。

オーストラリアへのワーホリ•留学を考えている方に[アイエス留学ネットワーク]をオススメする5つの理由

 

Pocket

スポンサードリンク

アイキャッチ画像

1 個のコメント

  • こんにちは
    はじめまして。
    いつも楽しみに拝見しています。

    突然のご質問で恐縮ですが、ヒガンデ保育士さんが今働いている保育所では0歳児保育はされていますか?
    来月、日本での保育施設の参考にできればと、0歳児を24時間で預かっている保育施設を見て回りたいと、今プランを立てていて、エアとホテルは予約済です。
    オーストラリアでは0歳児といっても6週間目からの保育が多いようですね。

    もし、ヒガンデさんの保育施設で0歳児をお預かりなら、ご迷惑にならない範囲で訪問させていただければと思ってご連絡いたしました(やはり日本人いてくれるのは心強いので)。
    少しではありますが、謝礼も考えています。
    私たちはすでに0歳児の24時間保育を行っている施設ですが、ベビーや親御さんにとって、良い委託施設になれるよういろいろ視野を広げたいと思っています。

    いろいろなホームページを見ましたが、やはり現地で働く方の声が聞けたら一番いいのではないかと考えました。
    このコメントがご迷惑にならないといいのですが、もしお手すきの時間があれば、返信コメントいただけたら大変嬉しいです。
    よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です