オーストラリアのファーム情報:タスマニア(TAS)その2

スポンサードリンク

Pocket

オーストラリアのワーホリでセカンドビザを目指してファームを探している方に向けて

僕がワーホリ1年目で実際に行った場所の情報を書こうと思います。

 

セカンドビザ所得を目指している方の参考になれば幸いです。

 

 

今回は、タスマニアのファームについて書いています。

 

前回の記事で途中にしてしまったところから。

 

前回の記事では、

「ファーム探しをする時に知っておくと仕事ゲットの確率が上がること」

を書いて終わりました。

 

今回は、

僕が働いていたファームのことについてです。

 

IMG_5241

前回までの流れはこんな感じ。

 

デボンポート到着 → タスマンバックパッカーに泊まる → 

70人以上もファームの仕事待ちしててビックリ → 

一緒に来た日本人友だちと一緒に$1600の車を買う → 

その2日後に友だちだけ仕事をゲットする → 

しょうがなく一人でファーム探しに出かける

 

 

というわけで、友だちに仕事が見つかったその日、

僕はBurnie(バーニー)という

デボンポートから車で40分くらいの町へ行きました。

 

Burnieにあるビジタセンターに行って、

受付のおばあちゃんに

「ファームの仕事探してるんだけど、なにか情報ありますか?」

って聞いたら、

「これがあるよ」

って周辺のファームの場所や連絡先が書かれた紙をくれました。

 

 

さらにそのおばあちゃんはとても親切で、

ただ紙をくれるだけでなく、

「ココのファームはよく人を募集してるからね、

まずはココをあたってみるといいよ」とまで教えてくれました。

 

 

親切なオージーグランマに感謝して、

僕は早速グランマおすすめのファームに直行しました。

 

この時にすぐ現地に向かえたのも車があったからこそなので、

やはり車を買ってよかったです。

 

そのファームは、

バーニーからデボンポートへ戻るかたちで15分ほど走った先にある、

Penguin(ペンギン)という小さな町の近くにありました。

(ペンギンて、なんて可愛い名前だろうか、ペンギンがいるのかななんて、想像しましたが、生きてるペンギンはおらず、町の中心に大きなペンギンの銅像があるだけでした。)

 

この写真はクリスマスの時期に撮ったので、コスプレしてました(笑)

IMG_5266

 

 

ファームについたはいいけど、、、

 

地図を頼りにファームの近くまでくると、

一面にビニールハウスやネットが被さった木がたくさんある場所に着き、

「わ〜、ここファームっぽいな〜」ってなりました。

IMG_5057

 

近くに車が何台も停まっているのを見つけ、

道を挟んだ反対側にプレハブ小屋を見つけたので、

僕も車をそこに停め、

持参していたレジュメを持ってプレハブに向かっていきました。

 

 

プレハブに近づくと、

ドアは開きっぱなして、中には誰もいませんでした。

 

 

なんという無防備な・・・(笑)

 

 

僕は、

「誰もいないならお願いもできないな。たぶん、みんな仕事中なんだろう」と判断し、

 

「ま、ひとつめのファームだし、そんな上手くいかんよね〜」って、

 

ランチタイムにでも電話することにして次のファームに行こうと思い、

 

車に向かって歩き出しました。

 

 

すると背後から、ブ〜ンと車の走ってくる音が・・・

 

振り返るとちょうどビニールハウスの角から一台の車が曲がってこちらに走ってくるところでした。

 

「あ、ラッキー、仕事探してること伝えとこ〜」と、車に駆け寄ると、

 

運転席の窓が開いてサングラスをかけたおじいちゃんが顔を出しました。

 

 

おじいちゃんに

「ファームの仕事探してるんです〜、

ここのファーム、人募集してますか?」って聞いたら、

 

そのおじいちゃん、ちょっと間をおいて、

「これ書け」って言ってエントリーシートを渡してくれました。

 

僕は思いました。

「これあれだな。

《空きがでたら連絡するから》のやつか、

《スーパーバイザーに渡しておくから》っていわれるやつかどっちかだ」って。

 

 

まあ仕事探ししててよくあるパターンだから、特にがっかりもせずにいたんです。

 

 

で、そのプレハブでエントリーシート書きながらおじいちゃんと話してたら、

なんと

そのおじいちゃんがそのファームのスーパーバイザーだということが判明

 

おぉ、雇う権限持ってる人だったか。

 

エントリーシートを書き終わると、

案の定

 

「もし手が必要になったら電話するよ」と言われ、

 

そのスーパーバイザーおじいちゃんは仕事に戻ってしまいました。

 

 

そして僕はそのまま、次のファームへ、、、

 

次のファームへ向かったはいいんですが、

 

ビジタセンターでもらった紙に書いてある住所へ行っても何もなかったんです。笑

 

2つほど周辺のファームを目指したんですが

確かに畑はあるけど、

オフィスっぽいものもない、人もいないってなわけで、

結局その日は1つだけ、

スーパーバイザーおじいちゃんがいたファームしか行くことができませんでした。

 

 

 

しかし、

その夜奇跡が起きたのです!!!!

 

ちょうどバッパーの部屋で、先に仕事見つかった友だちが

「今日も疲れたぜ〜」なんて言ってる時でした。

 

僕のiPhoneが鳴り、見ると知らない番号でした。

 

僕の緊張は一瞬でマックスです。

 

「やっべ、英語で出るべきかな、日本語でもいいかな、

いや、ここはオーストラリアだ。英語っしょ」って0.2秒で判断し、

言ってやりました

 

 

「Hello?」って。

 

そしたらあのおじいちゃんスーパーバイザーだったーーー!!!

 

「俺のこと覚えてるか?

今日、エントリーシート書きに来ただろ?

お前のこと雇うから、明日7時に今日会った場所に来てくれ」

って!! 

 

「え、7時集合って早くね?」って思いが一瞬頭をよぎりましたが、

 

それよりも仕事が見つかった喜びの方が勝ちました。笑

IMG_5063

ファームは広いけど徒歩で移動

 

 

というながれで僕はファーム仕事を得ることができ、

無事セカンドビザを取ることができたのです。

IMG_5891

陽気な仕事仲間たち

 

のちのち知るんですが、

そのファームはCosta(コスタ)という

オーストラリアのファーム界に君臨するものすごくビッグなカンパニーで、

オーストラリアのベリー(ストロベリー・ブルーベリー・ラズベリー・ブラックベリー)の生産•販売をほぼ牛耳ってる会社でした。

 

ちなみに僕が働いていたのはラズベリーファームで、

 

【ラズベリーの木がまっすぐ育つように、

支えの青いヒモをほどいたり結んだりする仕事】

 

をしていました。笑

IMG_6294

 

 

週5日、1日9時間、時給は$20でした。

 

IMG_5056

休憩中

 

普通は、

 

 

これもあとあと知った話なんですが、

Costaは収穫の時期になると何十人て単位で人を雇うようで、

主にワーホリで来てる人を雇うそうです。

 

 

その方法は、

デボンポートにあるCostaのオフィスにエントリーシートを出して、

あとは連絡が来るのを待つ。

だそうです。

 

 

僕はその道を通っていないのですが、

普通はその手順で雇われるのだそうです。

 

ピッキングシーズンには

僕が泊まっていたタスマンバッパーからも

たくさんの人がピッカーとしてCostaに雇われていました。

 

 

僕の働いていた場所では

ラズベリーとブルーベリーのファームがあったのですが、

 

ラズベリーの収穫シーズンは、12月下旬〜4月下旬まで

 

ブルーベリーの収穫シーズンは、12月上旬〜3月上旬まででした。

 

 

ピッキングの仕事は給料は歩合制で、

ピッキングをやっていた友だちに聞いたら、

 

ラズベリーのピッキングは週に$600〜$750くらい

 

ブルーベリーのピッキングは週に$800〜$1000くらい

 

と言っていました。

 

ブルーベリーピッカーですごい人は、

週に$1500くらい稼ぐ人もいるそうです。

 

夢広がりますね(笑)

 

 

ただ、歩合制ですし、

フルーツの出来具合によっては週$400くらいの時もあると言っていたので、

一概に稼げるとは言えないかもしれないです。

 

 

そして、

タスマニアは夏でも雨が多いのですが、

ブルーベリーファームは雨が降ったら仕事ができません

 

ラズベリーファームはビニールハウスなので雨でも仕事があります。

そのあたりも含めるとどちらがいいとは言い難いと思います。

 

 

雇われるときは仕事を自分で選べないので、

 

運任せということになりますが。。。

IMG_5061

どこまでも続くビニールハウス

 

 

というわけで、

僕がタスマニアでファームを見つけるまでの道のりと、

働いていたファームのことを書いてみました。

 

 

ファームに興味がある!

という方の参考にしていただけたら幸いです。

 

 

オススメの記事はコチラ↓↓↓

オーストラリアのファーム情報 2014-2016:州別一覧(まとめ)

 

「ワーホリして7ヶ月で30,000ドル稼ぎました」の話

 

オーストラリアのファーム情報:カナナラ(WA)その1




Pocket

スポンサードリンク

9 件のコメント

  • こんにちは!ファームが見つからなくて途方に暮れているところです。。そのdevonportのcostaのオフィスの場所や連絡先ご存知ですか??空港の近くのところでしょうか?

    • コメントありがとうございます。
      ファームが見つからないとどうしても焦ってしまいますよね。その気持ちすごくわかります。

      オフィスの場所ですが、僕は行ったことがないので住所がわかりません。すみません。
      ただ、今現在Costaで働いている友だちに聞いたら、ネットから連絡して仕事をゲットしたと教えてくれました!
      一度Costaのホームページに飛んでみてください。
      http://costagroup.com.au

      その友だちは、Costaのcareerのページにとんでそこから連絡したそうです。

      1日も早く仕事が見つかって、楽しいワーホリライフが送れることを祈ってます。

  • すみません、ブログ読みました。今オーストラリアにいて、参考にさせていただきたいです。質問があるのですが、costaのcorindi,ファームは車がないと厳しいでしょうか。
    行くのには最悪タクシー等使おうと思うのですが、ファームの近くに徒歩圏内のバックパッカーやアコモデーションはありますか?

    • りほさん、コメントありがとうございます。
      Corindiというのは地名でしょうか?申し訳ないですが、ぼくはタスマニアのcostaでしか働かなかったので他のエリアの様子がわかりません。
      一度、その町のCostaのオフィスへ電話してみたら教えてくれるかもしれませんよ!
      楽しいファーム生活になることを願ってます!!

  • こんにちは、ブログ読みました。今から、タスマニアのデボンポートに行きます。バッパー一泊だけ予約しています。NSWのコスタと数ヶ月前からやりとりしていて、NSWかTASのファームを紹介できると言われましたが、そのときすぐに都市を移動できなかったので、仕事できませんでした。それなら、現地に行ってからコスタに電話して話しした方が早いと思い、今からタスマニアに行きます。国際免許を持ってないのですが、ペンギンという街はバッパーなどはありましたか?とりあえずデボンポートのバッパーに泊まりますが明日以降、コスタのファームがペンギンの近くにあるのなら、その周辺のバッパーに泊まるのが良いかなと思っています。

    • ももさんコメントありがとうございます。
      お返事遅くなりました。すでにタスマニア滞在を始められているでしょうか?現地に着いて何か新しい情報は得られましたか?
      ご質問にあったペンギンという町にはバッパーはなかったと記憶しています。町の周辺にはホステルやシェアハウスがあったと思うので、ビジターセンターなどで調べてみてください。良いファームライフになることを祈っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です