オーストラリア ワーキングホリデー1年目

スポンサードリンク

Pocket

ワーキングホリデー IN オーストラリア

 

 IMGP1122

 

2014年4月から2015年3月までの1年間、ワーキングホリデービザを使ってオーストラリアで暮らしました!

出発1ヶ月前はワクワクと不安が8対2くらいだったのに、
出発が近づくにつれてどんどん不安が増していったのを覚えています。笑

 

なにせ典型的な、「金なし」「英語力なし」だったので…

 

渡航前は「ほんとに向こうで生活できるのか?」「英語大丈夫かなぁ」なんていう漠然とした不安に襲われていました。

 

 

そもそも、僕がなぜ海外へ行こうと思ったのか。

 

僕は日本で保育士をしていました。

4年間、無邪気な子どもと一緒に無邪気に遊んでいたのです。

毎日楽しく過ごしていましたが、いつからか、「世界の保育園、子育てってどんななんだろう」「世界の子どもってどんな感じなのかな」なんて思いが頭に居座るようになりました。

そしてついに決意し、仕事を辞め、海外に行くことにしたのです。


そして最初に選んだのが南半球の国オーストラリア

 

なぜオーストラリアなのか!?

ワーキングホリデーで最大2年滞在できるから!
1年目は英語を喋れるようになることに集中し、
2年目に子どもと関わる仕事かボランティアをする

って出発前に決めました。


そこで、まず、

 

1年目の目標を、

【英語の上達】

【日本以外の国の文化に触れる】
【お金を貯める】

の3本立てにしました!

 

とにかくこの3つ‼︎‼︎

 

今思えば、この3つのはっっきりした目標があったことで、

 

変にブレることなく充実した(自分ではそう思ってる)ワーキングホリデー生活1年目を楽しむことができました。

 

 

3シーズンに分かれたワーホリ1年目

 

 

僕のワーキングホリデー1年目は、結果的に3つのシーズンに分かれることになりました。

 

1年間のおおまかな流れはこんな感じです。

 

シーズン1【シドニー編】
 2014年4月〜7月中旬
 ・初めての語学学校
 ・スペイン人家族の家にホームステイ
 ・初めてのバイト → 週3で高級車を洗う

 

 

シーズン2【ダーウィン・カナナラ編】
 2014年7月中旬〜10月
 ・8人部屋で暮らす
 ・仕事が見つからなくて大変 in ダーウィン
 ・仕事が見つかる
 ・OZしかいないカフェで皿洗い
 ・ホームシック

 

 

シーズン3【タスマニア編】
 2014年11月〜2015年3月
 ・生れて初めて自分で車を買う
 ・家賃無料で4ヶ月暮らす(WWOOF)
 ・ラズベリーファームで働く
 ・タスマニアンの優しさ

 

それぞれの項目についてはまた別に細かく書きたいと思います!
「100人がワーホリに行けば100通りのワーホリがある」なんてことを聞いたことがありますが、
僕のワーキングホリデーもその100通りの中の1つです。

興味が出たら覗いてみてください。

 IMG_9564

 

ワーホリ1年目の感想。

 

さてさて、この記事では

僕のワーホリの目的・目標・おおまかな流れなどを書いてきましたが、
最後に、ワーキングホリデー1年目を終えての感想を簡単に書いてこの記事を終えたいと思います。

 

僕は自分のワーキングホリデー1年目が、

 

楽しかった・嬉しかった辛かった・大変だった

 

の比率で言うと

 

楽・嬉が6辛・大変が4

 

だったと思っています。

 

え?マイナス方面の比率結構高いじゃん!て思いますか?

 

そうなんですよ。

 

1年間、
楽しいこと嬉しいことも山のようにありましたが
辛いこと大変なことも同じくらい山のようにあったのです。

 

でもそれは考えてみれば当たり前のことで、
英語も喋れないのに英語が公用語の国に行き、
お金も十分にないのに日本より物価の高い国で生活しようとしたら、
そりゃ大変なこといっぱいあるわけです。笑

 

ただ、

ワーキングホリデーに行って良かったか、行かなかった方が良かったかで言えば

10対0で行って良かったです!!!!

 

なんの迷いもなく断言できます!!

 

 

僕のスーパー個人的な感覚ですが、
オーストラリアで過ごした1年間で、
日本で生活して得る5年分くらいの刺激や経験を受けたと思っています。

 

もちろんこれは、日本の生活がつまらないとか刺激がないということではなくて、
オーストラリアでの生活がそれだけ新鮮な刺激や経験が多かったってことです!

 

人との出会い

自分の知らなかった文化

英語の上達

日本を離れてみて感じたこと 他にもいろいろ…

 

今回のオーストラリア行きは、
今までの生活が縦シマから横シマくらいにガラッと変わる決断でした。
あ、別に変な意味のヨコシマじゃなくて、です。

 

変な例えですが、
今回の決断で、頭の片隅で小さく体操座りしてた「思い」君を
行動に移させてあげて本当に良かったと思っています。
しかも、その「思い」君は今
平坦な100m走じゃなく、坂道の障害物競争に参加させられています。

 

会社に勤めているときのような、ある程度先の見える未来は全く保証されていませんが、
後悔するの好きじゃないので、
もうしばらくは自分のやってみたいことに挑戦していきます!!

 

 

コチラの記事もどうぞ↓↓↓

オーストラリアのチャイルドケアセンター(保育園)で働いてみた1

オーストラリアワーホリ1年目!シドニーの語学学校選び!!!

ワーホリでシドニーに来てホームステイした人たちの話

「ワーホリして7ヶ月で30,000ドル稼ぎました」の話




Pocket

スポンサードリンク

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です