英会話力向上!オーストラリア人と一緒に働いてステップアップ

スポンサードリンク

Pocket

ローカルジョブは英語環境

 

ぼくはオーストラリアのワーホリ中に3つのローカルジョブをしました。

 

ローカルジョブというのは、

しっかりした定義があるわけではないですが、

 

•ジャパレスなどの日系の仕事ではなく

•職場にオーストラリア人を始め、日本人以外の現地の人がいて、

•お客や同僚とのコミュニケーションを英語で行う仕事

 

といえばイメージ湧きますかね。

 

つまり、

こちらで暮らしてる(永住してる)地元の人が働いてる職場です。

 

 

ワーホリに来て3つのローカルジョブをして思うこと。

 

いまでこそ笑いながら楽しく仕事してるけど、

ここに至るまでにいくつかのステップがありました。

 

 

というわけで、ぼくがローカルジョブで経験したステップを紹介します。

 

 

かっこいい話じゃないので

おもしろ半分で読んでくださいね(笑)

 

 

 

初めてローカルジョブ

 

 

ぼくがオーストラリアに来て初めてしたローカルの仕事は、

ウエスタンオーストラリア州のKununurra(カナナラ)という街にあるカフェでのキッチンハンド(主に皿洗い)でした。

 

オーストラリアの大手スーパーマーケット IGA(アイジーエー)の直営カフェで、

大きなカフェではないですが、

まず街が小さいので飲食店自体が少なく、

そのおかげ?で午前中はすごく忙しいカフェでした。

 

 

そんなカフェにぼくは皿洗いとして雇われました。

 

 

とにかく仕事が欲しかったので、

面接の時から「なんでもやります」って必死でした。

 

カフェで働いていたのは、

ぼく以外全員オーストラリア人

 

しかも、ぼく以外全員女性。

IMG_4694

保育士だからその環境に慣れてはいるけど、

こーゆう環境に縁があるのかと改めて思いました(笑)

 

 

ぼくがカフェで働き始めた当初の英語力は、

 

日常生活がギリギリできないくらい。

 

 

ぼくがカフェの仕事を始めた時はオーストラリアに来て5ヶ月目。

 

シドニーで3ヶ月間語学学校に通ってはいたけど、

それまで日本でろくに英語に興味がなかったので伸び幅にも限界があって、

むしろあの3ヶ月で結構頑張ったほうだと自分では思っていて

 

それでもカフェの仕事を始めたときは、

指示を2回か3回聞き直せば理解できるくらいでした。

 

 

世間話になったら、

ほぼうなずくだけか苦笑いしかしてませんでした。

 

 

何喋ってるか全然わからなかったから(笑)

 

話を振られてもまず質問が分からないから答えようがない(笑)

 

 

カフェのキッチンにはぼく以外におばちゃんが2人働いていて、

そのおばちゃんたちはよーく喋る喋る。

 

ずーっと喋ってる。

 

だからぼくはカフェで働き初めて、

あることを割り切ることにしました。

 

 

カフェでは3ヶ月くらい働く予定だったのですが、

その3ヶ月間「リスニング」だけに集中しようって。

 

もちろん喋る機会があればつたない英語で挑戦するけど、

基本は仕事中おばちゃんたちの会話を聞くことに集中する。

 

その日から、1日8時間のスピードラーニングが始まりました。

 

 

幸い仕事内容は、

皿洗いと食材の下ごしらえなどだったので難しくありませんでした。

(しかもそのおかげで、ゆで卵の殻剥きとニンジン•ジャガイモの皮むきがめちゃくちゃ速くなった笑)

 

 

仕事中はおばちゃんたちに背を向けるかたちになるので、

作業に集中してるふりして、

おばちゃんたちの会話に集中してました。

 

 

おばちゃんたちに話しかけられてもうまく返せないので、

その度に凹むし、

毎回申し訳ない気持ちになりながら、

 

「いまはお金をもらいながらスピードラーニングできてるんだ。こんな贅沢な環境はない。」

 

って自分に言い聞かせることで心の安定をはかってました。笑

 

 

おばちゃんたちも楽しもうと冗談とかも言ってくれるんですが、

その冗談が分からないから

笑うところなのかツッコむところなのかもわからない。

 

そして無口の時間が多くなる、の繰り返し(笑)

 

 

カナナラのカフェで働いてた期間、同僚のおばちゃんたちはぼくのことを

 

 

「無口かつ冗談が分からないやつ」

 

 

と思っていただろうとオモイマス。笑

 

それがぼくの初めてのローカルジョブでした。

 

そんな無口で冗談にも笑わないぼくに、仕事をクビにせずしかも毎日話しかけてくれたおばちゃんたちには本当に感謝してます。

 

 

 

ファームで仕事始めたら自分以外オージーだった

 

 

カフェの次にしたのは、

タスマニアのとある街のはずれにあるラズベリーファームでした。

 

ぼくが雇われたチームはメンテナンスチームと呼ばれていて、

全員で30人くらいいたのですが、

 

日本人はぼくだけ、というより外国人がぼくだけで

ぼく以外全員オーストラリア人でした。

 

メンバーは50代60代のおじさんから20代の大学生までと年齢層が広かったです。

IMG_5990

日ごとに2人一組で仕事をしていたのでいろんな人の話をが聞けて面白かったです。

 

 

 

さて、ローカルジョブ2つ目、

英語の方はどうだったかというと、

 

カフェでスピードラーニングしてたおかげか、

「あ、言ってることだいたいわかる!」

って感じでした。

 

オーストラリアなまりがガンガン出てる人ととかは5回聞き直しても分からなかったけど(笑)

 

 

ただ喋る方はまだまだスムーズにはいかず、

 

どうしてもネイティヴスピーカーの会話の中にいると乗り遅れるんです(笑)

 

これ言おうって考えてるうちに話題が変わってしまったりして、

「はいっ、次頑張ります」って何度思いなおすことか。

 

 

ファームの人に「お前は静かだな〜」ってよく言われたけど、

そのたびに「喋りたいけどスムーズに喋れないんだよ〜」って何度思ったか。

 

 

かろうじてリスニングはマシになってたから、

 

ファームで働いてた期間、ファームのおじちゃんたちはぼくのことを

 

「無口だけど冗談のわかるやつ」

 

と思っていただろうとオモイマス。笑

 

 

そんな環境の中でしたが、

いつまでも無口イメージをキープするのはいやだし、

数ヶ月後にはオーストラリアの保育園で働くぞって意気込んでいたので、

 

 

ラズベリーファームで働いている間は、

チャンスを見つけては同僚に話しかけ、

つたない英語でどんどん喋るようにしていました。

 

 

うまく話せないことに凹み過ぎて自分の心が崩壊しないように、

合言葉を「旅の恥はかき捨て」にして精神状態を保ちました。

 

「ここに俺の過去を知ってる人は誰もいないんだ!日本に帰ったら会うこともほぼないんだろうからぁ〜、やったるぜ〜うぉ〜」って。

 

 

2つ目のローカルジョブでは、

毎日オーストラリア人と喋って過ごしていて

自分に英語を話す力がついたかどうかは自信はないけど、

確実にネイティヴスピーカーと関わることに慣れたと思います。

 

 

英語が話せないから、

話せないなりにコミュニケーションを取ることがうまくなったのかな。

IMG_5426

仕事終わりにクリケット

 

前まではネイティヴスピーカーを目の当たりにするとちょっと緊張していた自分がいたけど、

ラズベリーファームを辞める頃には、そんな緊張もどこへやら。

 

日本人の友だちと会うときのように、

日本で会社に出勤するときのように、

オーストラリア人と知り合ったり喋る機会があっても全然緊張しなくなりました。

 

 

おそらくこれがファームジョブ期間中にぼくが得たスキルであり、

英会話力アップにつながったステップアップです。

 

 

 

ついに保育園

 

2つのローカルジョブを経て数ヶ月ののち、

ついにぼくがオーストラリアに来た最大の目的である、

「海外の保育や子育て体験」

現地の保育園で働くという形で実現するときがきました。

 

それが3つ目のローカルジョブであり、

いま現在も働いているチャイルドケアセンター(保育園)です。

 

 

園で働いている日本人はぼくだけです。

ちなみに、働き始めた頃は男はぼくだけだったのですが

いまの園にはぼくの他に中国人の男性保育士が一人入ってきてすごく心強いです。

 

 

さてさて、英語のほうは、、、

 

さすがに3つ目のローカルジョブということもあって

リスニングもほぼ問題ないし、

言いたいこともほぼ伝えることができています。

 

 

1つ目のローカルジョブ(カフェ)で3ヶ月間リスニングに集中し、

2つ目のローカルジョブ(ファーム)で4ヶ月間喋ることに集中し、

それがいまのローカルジョブで活きていると日々実感しております。

 

その時々では深く考えることもなかったけど、

振り返ってみればどちらも自分にとって必要なステップだったと断言できます。

 

ぼくは何事もいっぺんにできるようになるような優秀なタイプじゃないので、

ちょっとずつ成長できたのが良かったのかなって。

 

 

まぁ、英語喋れるようになったっていっても相変わらず会話に乗り遅れること多いんですけどね。笑

 

 

というわけで

いま働いている保育園の先生たちはぼくのことを

 

「普通に喋れて冗談もわかるやつ」

 

と思っているだろうとオモイマス。笑

 

 

欲をいえば、もうワンステップ成長して、

 

「冗談もわかるし、冗談も言える面白いやつ」

 

をメザシタイ。笑

 

今までの流れからいくと、

それは次のローカルジョブでになるのかな。

 

 

 

まとめ

 

今回は、

ワーホリ中に働いたローカルジョブを通して感じた

自分の英会話力について書いてみました。

 

 

「無口かつ冗談が分からないやつ」

 

からはじまり、

 

「無口だけど冗談のわかるやつ」

 

に成長し、

 

「普通に喋れて冗談もわかるやつ」

 

までたどり着いた。

 

次目指すのは、

「冗談もわかるし、冗談も言える面白いやつ」

です。笑

 

 

合言葉はこれからもしばらく「旅の恥はかき捨て」でいくことになりそうです。

 

 

ちなみに、

いま保育園で働いていて英語難しいなって思うのは、

子どもの前で一方通行で話す時です。

 

会話だったら自分が喋らなくても相手が話してくれたり、

内容から相手が言いたいことを汲み取ってくれたりするけど、

 

子どもたちの前で話す時は子どもは聞く側で、

話題もこっちが提供するので

それをスムーズに(しかも子どもが飽きないように、かつわかりやすく)話すことが難しくて難しくて、、、

 

 

ぼくが話していると子ども数人が集中力切れてパーッて走り去ってしまうことも多々あります。

 

ガチ凹みです。笑

 

 

ま、それは自分の責任なので、

少しでもうまくできるように自分が成長するしかないです。

 

いまの自分にはそれが壁だってわかってるから、

乗り越えてやるぜーって毎日意気込んでおります(笑)




Pocket

スポンサードリンク

5 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です