お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

オーストラリアのチャイルドケアセンター(保育園)で働いてみた5

スポンサードリンク

Pocket

P園のランチとおやつ

 

オーストラリアの学校(小学校以上)には、

給食という概念がないので毎日ランチボックスを持っていくのですが、

チャイルドケアセンターは、園で提供するところと持参するところがあります。

 

ぼくの働いているP園では園で食事•おやつを提供しています。

 

食事に関して、

日本との違いや「ん?いいのかこれ?」と感じることがいくつかあります。

 

1日何食計算?

 

P園では、

7時半から8時にブレックファースト

9時にモーニングティー

11時半頃からランチ

14時半頃からアフタヌーンティー

があります。

 

ブレックファースト

ブレックファーストは、全員が食べるわけではなく、

早く登園した子でお腹が空いてる子が食べます。

シリアル(コーンフレーク)が3種類ほど用意してあって、

子どもが自分で選んで食べます。

 

 

 

 

モーニングティー

モーニングティーにはトーストとフルーツが出てくることが多いです。

基本はトーストは一枚を斜めに切ったものと、

オレンジやリンゴをスライスしたもの、

飲みたい子が牛乳を飲みます。

モーニングティーというのにティーは出ません。

日本で、「お茶しに行こうか」ってカフェに行ってカプチーノ飲むのと同じ感覚かな。

 

 

ランチ

ランチは日本と大きく違います。

 

ぼくが日本で働いていた園では栄養士さんが毎月献立を考え、

毎日、ごはん•パン、おかず、汁物があり、栄養バランスが考えられた給食でした。

 

P園は違います。

ランチは、

シチューよりも薄くスープよりも濃いレトルトのソースを

ごはんかパスタにかけるだけです。

その一つだけです。

初めて見た時はびっくりしました。

これだけしか出ないんだって。

ソースの味はほぼ一緒で、

日によって具が鶏肉だったりミートボールだったり変わるだけ。

 

子どもたちも保護者も、これが「普通」だから

文句もありません。

 

栄養のことまで考えてくれる日本の教育施設はやっぱり質が高いですね。

 

 

アフタヌーンティー

アフタヌーンティーには

バナナブレッドやマフィンとビスケット、

ドライフルーツを食べます。

ニンジンとキュウリのスティックが出ることもあります。

 

そしてたまに、バナナブレッドやマフィンにカスタードをかけて食べるのですが、

その量が半端じゃない!!!

 

オーストラリアのスーパーマーケットには

紙パックに入った1リットルのカスタードが売られていて、

それをかけて食べます。

子どもたちはカスタード大好きです。

でも先生たちの配る量が多すぎてびっくりなんです

茶碗よりもひと回り大きいボウルに半分くらいカスタード入れるんです。

 

しかも食べる子はそれを2回も3回もおかわりします。

 

絶対カラダに悪いです

 

糖分摂りすぎハイカロリー。

ぼくはアフタヌーンティーでカスタードが出るたびに、

「出た、カロリー爆弾」と思います。

 

 

 

 

ざっとP園の食事•おやつについて紹介しましたが

 

ぼくがP園で働いていて思うのは、

食べ過ぎじゃないか

ってことです。

 

たいていの子どもたちは、

家で朝ごはんを食べ、

9時にモーニングティー

11時半にランチ

14時にアフタヌーンティー

おそらく16時頃家に帰ってまたおやつを食べ、

18時頃ディナーを食べる。

 

だいたい2時間おきになにか食べている計算です。

1日6食計算ですか?

 

しかも、炭水化物やスナック中心。

しかも、量もそれなりに食べる。

これじゃ血糖値上がりっぱなしだろうなって。

 

食文化の違い、食習慣の違いを実感中です。

 

 

この記事の続きはコチラ↓↓↓

 オーストラリアのチャイルドケアセンター(保育園)で働いてみた6


Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です