「チャイルドケアコース」スタート!!

ファーム タスマニア ロンセストン

スポンサードリンク

Pocket

いよいよ始まりました!!!!!

 

オーストラリアで保育士をするための第一歩!!!

資格取得のための学校に通い始めました!!!

去年1年間はオーストラリアで全く喋れなかった英語を勉強することと、生活費と学費を稼ぐために働くことに時間を使いました。そして今回入学試験にギリギリ合格し、オーストラリアの保育士資格を取るための学校に通えることになったのです。

 

僕が通っているのは、シドニーにあるACADEMIESAUSTRALASIA(略して「アカデミーズ」)という学校のチャイルドケアコース。

 

日本と同じく、オーストラリアで保育士として働くためには資格が必要です。
オーストラリアの主な資格はDegree(ディグリー)、Deploma(ディプロマ)、Certificate Ⅲ(サティフィスケート3)で、通う教育機関によって取得できる資格が異なります。

僕が今目指しているのは、Certificate Ⅲ in Early Childhood Education and Care(幼児教育と保育のサティフィスケート3)と呼ばれているものです(通称「サート3」)。

 

通常、サート3を取得するためには6ヶ月学校に通うのですが、アカデミーズでは、ワーホリビザの渡航者向けに3ヶ月で取得できるコースを用意してくれています。通常よりも短期間で取得できるというのは、1年もしくは2年という限られた期間しかないワーホリ渡航者にはとってもありがたいです。

 

 

コースの概要を簡単に紹介しておきます。

 

●期間は3ヶ月(今回は6月3日〜8月28日まで)
●費用は授業料3,500AUSドル、入学金が200AUSドル。

 (だいたい×95くらいで日本円に換算できます。)
●生徒は、今回のコースは12人。

僕を含めて男性が2人、女性が10人で全員日本人です。
ワーホリビザ限定のコースなので30歳以下の人しかいません。

だいたい保育関係の場所に行くと男1人ってことが多いので、

もう1人いるのがものすごくありがたいです。笑

 

 

●授業は水木金の週3日、午前9時から午後3時までです。

 3週目から毎週火曜日にField Day(現場実習)が始まり、

 最後の2週間は月〜金までField Dayです。

 

●先生はオーストラリア人で現場経験のある先生が専任で教えてくれます。

 

 

僕がこの記事を書いているのは、チャイルドケアコース1週目。

 

まだ3日間の授業を終えた段階ですが、

法律のことや指針のことはチンプンカンプンだし、

手遊びやゲームもどうやって英語で進めていくのかわからんし、

まず思うように英語喋れてないしって感じですでに

「え、俺これ資格取れるんか…。再来週から現場実習って大丈夫か…」

なんて不安でいっぱいでございます(笑)

 

でも、これがやってみたくてオーストラリア来たわけだし、

初めて勉強し始めるんだからわからんくて当然だし、

できないこと多くて当たり前だし、

誰でも最初は初心者だし、

まだ諦めるには早いし、

というより諦めるつもりなんてないし、、、

 

ん〜と、だしだし言っておりますが、

とにかく残り12週間、精一杯やったります!!!!

 

授業や現場で学んだこと、

気づいたこと面白かったことなどなど、

シドニーでの暮らし情報も交えて書いていきたいと思いま〜す。

 

 

☆追記☆

2015年7月からチャイルドケアセンターで働き始めました!!

オーストラリアのチャイルドケアセンター(保育園)で働いてみた1

 




Pocket

スポンサードリンク

ファーム タスマニア ロンセストン

2 件のコメント

  • こんばんは、いつも楽しく記事を拝見しています。
    入学するのに試験を受けられたということですが、実際どのような試験なのでしょうか。
    現在IELTSの勉強をしながらオーストラリアの専門学校でチャイルドケアを学びたいと考えて居まして、よろしければ参考までにお聞かせ願えればと思います。
    よろしくお願いします。

    • コメントありがとうございます。ブログ「ヒガンテ保育士.com」のカズキです。最近更新できておらずで、コメントも今拝見しました。
      オーストラリアでチャイルドケアを学ばれる予定なんですね!
      ぼくが受けた試験は一般的な筆記試験でした。IELTS6.0あれば大丈夫なレベルでしたよ!応援してます!がんばってください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です