※お知らせ※

現在、ブログ引越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。

新しいブログの公開まで、ご迷惑をおかけします。

「怒り」が体に及ぼす影響

スポンサードリンク

Pocket

先日、ある本を読んでいたら気になることが書いてありました。

 

それは蛇の一種であるハブと人間の話でした。

約4億6000万年前には虫類とほ乳類は、同じ脊椎動物から分かれたんだそうです。

「分かれた」ということは、もともとは同じだったということであり、は虫類とほ乳類には同じ機能があったと考えることができます。

そして、ハブが噛みつくときというのが「怒っているとき」と「エサにしようと思っているとき」なんだそうです。

 

ハブは、自分の身を守り、エサを捕るための道具として、「自分の体内に毒を作る」という機能を進化させました。

じゃあ、大昔の人間にも体内に毒を作る機能が備わっているのだろうか??もしくは現代に生きる人間にはその機能はあるのだろうか?

 

その本にはある実験についても書いてありました。

ここからは引用です。

一升瓶に普通の心理状態で息を吹き込み、そこにハエ入れると「40分」くらいで「窒息死」します。ところが、怒ったり、腹を立てた状態で怒気を含むと、瓶の中のハエは、「3分」ほどで「毒死」すると聞きました。

私たちが怒ったときにはき出す呼気の中には、実は「毒素」が含まれているという説があります。ただし、その毒物はタンパク質を溶かす働きを持っているため、相手だけでなく、「自分の五臓六腑」まで傷つけてしまうというのです。

 

こんな話を聞いてしまったら、「自分の身体が傷つくなんてイヤだからなるべく怒らないようにしよう」と思ってしまいました。

 

機嫌が悪かったり、気に入らないことがあって声を荒げてしまう場面、もしかしたら否定的な感情が、知らず知らずのうちに自分の身体を傷つけてしまっているのかもしれません。

 

確かに考えてみると、

例えばAさんが「あの人のやり方が気に入らない!」「あの人がムカつく!」「なんであの人にあんなこと言われなきゃいけないの!!??」って誰かに対してイライラしているとき、

その「あの人」はAさんのことなんて頭には一切なく、テレビを見て笑っていたり、美味しいデザートを食べているかもしれません。

布団の中で、「あの人ムカつく」「あの人が許せない」とイライラ•ムカムカしているとき、きっと「あの人」はすでにぐっすり夢の中でしょう。

自分がイライラすることで、相手に罪悪感を与えれるならまだしも、相手には何も効果もない上、さらに毒素によって自分の身体が傷ついているかもしれないなんて。

そんな損なことないです。

イライラしても、結局傷つくのは自分なら、イライラしない、怒らない。

さて、それが難しいわけですね。

「それができれば苦労しないわっ!!」ってそこにまたイライラ。

ほら、また毒素出ちゃったかな。

「イライラしない」ため、「怒らない」ためにはどうしたらいいんでしょう。

 

ちなみに、ハブと人間の話が書いてあったのはこの本です。

ありがとうの神様
Pocket

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です