お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

きっと役立つ『英文添削サービス』の比較記事

オーストラリア シドニー

スポンサードリンク

Pocket

英文添削サービスとは

英語のライティングスキルをアップしたい!自分の書いた英文がちゃんと通用するのか知りたい!!そんなあなたにオススメなのが「英文添削サービス」です。

 

今の時代、英語が得意でなくてもインターネットを使えば日本語を英語に翻訳することができますね。でも、それは機械的な訳が多く、本当に自分が伝えたいニュアンスが伝わる英文なのかどうかって、なかなかわかりません。

街を歩く外国人がカッコいいと思って着ている漢字ロゴのTシャツも、日本人の私たちからすると「え、まじ?」ってことよくありますよね。英文も同じで、独学にかたより過ぎると寒い結果になりがちです。

 

そんなことにならないために、ライティングスキルをつけるために活用したいのが「英文添削サービス」なのです。

英文添削を利用するメリット

英文添削サービスのメリットは主に5つです。

 

 

●英会話教室に通うよりも安い

 

●自分のペースで英文添削ができる

 

●ネイティブスピーカーによる添削で、本場で通用するライティング力が身につく

 

●自宅にいながら英文添削を受けられる

 

●添削結果をスピーディーに受け取れる

IELTSやTOEFL、英検を控えた人や、ビジネスメールの作成や英語の履歴書(レジュメ)が必要な人、英語で書いた論文や小説や文章を経験豊富なネイティブスピーカーに添削して欲しい人で、なるべく価格を抑えて、しかもスピーディーに結果を受け取って、質問等を含めたやり取りをしたい、そんな方にピッタリのサービスですね。

 

 

主な英文添削サービス

英文添削サービスと一口に言っても、提供している会社はいくつもあります。それぞれ特徴や長所が違うので、あなたのスタイルに合ったサービスをしっかり検討することをオススメします。

 

IDIY(アイディー)

「世界中の講師と166円からのスキルアップ」が売りの英文添削サービス「アイディー」は、世界中にいる講師陣が時差を利用して24時間対応であなたの英文を添削してくれます。

ポイントは業界最安値をうたう1回166円というその安さ。また、利用するたびにあなたのデータが蓄積されていき、苦手なところや文章の特徴が、どの講師が見ても一目でわかるようになっています。

過去に担当した講師と相性があえば繰り返しお願いすることもできるようなので、安心感もありますね。

サイトURL https://idiy.biz

 

Editage(エディテージ)

エディテージは学術論文の英文校閲に必要な高度な英語力を備えた講師陣が在籍しており、日本人研究者などが海外へ論文や投稿を発信する際の大きな力となってくれます。

医学・医療分野、物理科学・工学、生命科学、人文社会科学、ビジネス・経済学の5つのカテゴリーにわたる1200以上の専門分野に深い知識を兼ね備えた専門家チームが対応します。

エディテージの強みは、専門的な内容や豊富な知識を必要とする学術論文や研究発表、英文の書籍を作成するシーンにマッチすることです。主に、研究者や大学院生が利用しやすいサービスです。

サイトURL https://www.editage.jp

 

 

Mainichi Tensaku(マイニチテンサク)

Mainichi Tensakuは(株)ビヨンド・ビジネス・ジャパンが運営する英文添削サービスです。ビヨンド・ビジネス・ジャパンはMainichi Eikaiwaという質の高いネイティブ講師のオンライン英会話サービスも提供しているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

特徴としては、平日だけでなく土日も添削を受け付けてくれたり、クオリティの高い添削を短時間で受け取ることができるので、忙しい方にもピッタリのサービスです。

添削を行う講師は、全日本の大学で教えているアメリカ人とイギリス人で、全員が5年間以上の英文校正者経験を持っています。日本人独特の英文作成感覚も理解して添削を行なってくれるのは嬉しいですね。

また、Mainichi Tensakuでは幅広い分野に対応していて、経済、自然科学、社会科学、美容と健康、エンターテインメント、観光、スポーツに関する英文添削も行なってくれます。価格も低めなので、毎日の英文日記の校正に活用してみるのもいいかもしれませんね。

サイトURL https://www.mainichitensaku.com

 

enago(エナゴ)

エナゴはネイティブチェックから投稿サポートまで、学術研究論文に特化したトータルソリューションを提供している英文校正サービスです。校正者は全員が英語のネイティブスピーカーで、修士号や博士号などを有している研究者になります。

エナゴの特徴は、専門性に配慮し、学問を1117の専門分野に細分化して、原稿と完全に一致する分野の英語ネイティブ校正者が英文添削を行うことです。専門外の校正者が英文添削を行うことはありません。だからこそ、より専門性の高い校正を受けることができます。

また、2名の校正者が英文校正を担当する「2段階校正」や、保証期間内であれば何度でも再校正を行う充実のアフターサービスを提供している点も、利用価値が高いですね。

サイトURL https://www.enago.jp

 

英文添削サービスは、結局どれがいい?

さて、いくつかの英文添削サービスを紹介しましたが、結論、いったいどのサービスがいいのか?ここまでみてきてすでにおわかりかと思いますが、英文添削サービスは利用目的によって活用しやすいサービスが変わってきます。

たとえば、学術論文や海外の専門誌などへの投稿を考える研究者なら「エナゴ」や「エディテージ」がいいでしょう。資格取得やキャリアアップを目指すなら業界最安値をうたっている「アイディー」がいいかもしれません。ビジネスメールや海外向けの商品の説明書作りや英語のスピーチ原稿などを中心にサービスを利用するなら「Mainichi Tensaku」というように。

見方を変えれば、英文添削を活用したいあなたの目的に合わせたサービスを選択しやすいということでもあります。どの会社のサービスもほとんどはネイティブスピーカーが校正してくれるので、限られた時間と資金を有効に使うために活用するサービスを1度検討してみてはいかがでしょうか。

 

Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

オーストラリア シドニー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です