お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

あなたの経験値はいくつ?「+(足し算)」でしか増えない【経験】に「×(掛け算)」を取り入れて経験値を何倍にもする方法。

アイキャッチ画像

スポンサードリンク

Pocket

はじめに


 

前回の記事で【経験】することの大切さについて書きました。

その最後で、「経験は足し算でしか増えていかないけれど、経験したことを掛け算のように何倍にも増やして学ぶ方法がある」と書いたので今回はそのことについて書こうと思います。

 

1つの経験からより多くのことが学べたら確実に人生が充実しますね。

 

 

おさらい


まずは、前回の記事(この世で一番大きなもの→【0と1の差】)のおさらいを簡単にします。

その方が今回の記事内容が分かりやすいと思うので。

 

前回の記事で言いたかったことを一言で言うと「よりたくさんの経験をしよう」ってことに尽きるんですが、もう少し掘り下げて言うと、

ぼくたちは生まれてから今日までにたくさんの「未経験だったこと」、いろんな「初体験」を繰り返してきました。

 

今では当たり前になっている「ご飯を食べること」「歯を磨くこと」「便器で用を足すこと」にだって初体験の時があったわけです。

経験がなかったことを経験したという意味で、0を1にしたという表現を使いました。

 

でもそんなぼくたちは、社会に出て2〜3年経つ頃には身の回りに0はどんどんなくなっていき、

生活するのに必要な経験は、ほとんど1かそれ以上になってしまいます。

 

そうすると、何が起こるか。

たいていの場合、新しい0をわざわざ探してまで1にしようと思わなくなります。

なぜなら、そうしなくても生活していけるしその方が楽だからです。

 

でももし人間の魅力というものが「それまでに経験したこと、そこから学んだことの総量」で変わってくるとしたら?

 

それを経験値と呼んで、

100種類の経験を1回ずつして経験値の総量を増やしたり、

1種類の経験を100回やるなどして深く深く掘り下げて経験値の総量を増やした方がいいんじゃないのか?

 

というようなことを前回の記事で書きました。

 

そんな中、「経験値の総量を増やす」というのが今回のキーワードです。

タスマニア ワイングラスベイ

 

「ベテラン」と「熟練」


会社や趣味のサークルなどで、「ベテラン」や「熟練」と呼ばれている人たちはなぜそう呼ばれているのでしょうか?

長い年月そのことに取り組んでいるからでしょうか?

 

勤続年数20年だからベテラン?

◯◯歴20年だったら誰でもベテラン?

英語だとベテラン(veteran)には「古株」という意味があるから、

年数が長いだけでもベテランと呼ばれるのもおかしくはないですね。

 

日本の社会で「ベテラン」とか「熟練」とか呼ばれる人には、

ものすごく結果の良い仕事をする人や、周りから「すごい」と言われるような仕事をする人たちがいます。

そういう人たちのことを別の視点から見れば、「経験が豊富」だと言えるんじゃないでしょうか?

 

経験が豊富だから良い結果を残せるし、

経験が豊富だから状況に応じたベストな対応ができる。

 

会社で新人よりも課長や部長の方が給料が高いのも、

新人にはまだできなくて課長や部長にはもうできることが多いからだと考えたら。

 

アドバイザーの仕事なんかが特にだと思いますが、

多くの人は「それまでに培った経験」の対価として給料をもらっていると考えることもできるんじゃないでしょうか。

なんてことを考えていると、【いろんなことを経験すること】がとっても重要なことに思えてきませんか。

 

仕事でも趣味でも恋愛でも、

その人の魅力がそれまでの経験の総量【経験値】で決まっているとしたら。

 

目には見えないものだけど、【経験値】を増やすことの大事さに気づくと周りの景色がガラッと変わります。

 

中学高校時代、テレビゲームをやりまくっていたぼくが今全くゲームをやらない理由もそこにあって、

画面の中のキャラクターの経験値を上げるよりも、自分の経験値をあげた方が面白いなって思うようになったんです。

そしたらゲームが全然面白くなくなってしまった(笑)

オーストラリア ウェントワース

 

 

経験を【×(掛け算)】する方法


 

魅力的な人になるために経験の総量【経験値】をどんどん多くしていきたいところ。

というわけでここからが本題です。

 

経験を重ねるだけでももちろん経験値は増えていきますが、ぼくは経験は『+(足し算)』でしか増えていかないと思っています。

 

例えば1日で得る経験を「10」とすると、1ヶ月で「300」、1年間で「3,600」、それを10年間続けたら「3万6千」になりますね。

そうやって子どもの頃からたくさんの0を1にしたり、同じ経験を繰り返して数を増やしてその人の経験の総量が増えていくとします。

 

こうやって考えると、誰でもある程度の経験はするので誰もが一定の経験値を持っていると考えることができます。

 

ただしこれは「人の経験値を数値化しよう」みたいな試みじゃないし、「周りの誰かと比べてその人を追い越そう!」みたいなのでもありませんのでご注意を。

 

「お前ケイケンチ4万しかないのかっ!雑魚いな!俺は7万もあるんだぜ〜」

「うるさいぞ!ぼくの友だちのユウヤくんはケイケンチ8万あるんだからっ!」

なんてことを始めたいわけじゃありません。それは小学生の会話です。笑

ここで数字を出しているのはあくまでイメージということで。笑

シドニー 図書館

 

話を戻して、

「+(足し算)」でしか増えていかない経験値を「×(掛け算)」で増やしていくことができたら経験の総量って桁違いに増えるはずです。

 

さっきの1年で「3,600」という経験が、もしも毎年2倍ずつ増えていったら10年で「3,686,400」!!

368万です!!

足し算だけだと3万6千だったのに、掛け算をして倍々になっただけで368万まで増えました。

 

さて、経験値を掛け算で増やすことができる魔法のような方法とは一体なんでしょうか??

 

答えは次回の記事で!!!

 

なんてもったいぶったってしょうがないので続きはそのまま下へ、

夕焼け

 

経験値を掛け算にしてくれるのは【読書】


 

いろんなことを経験して経験値を増やしていく。

そしてその経験値が多ければ多いほど、人の魅力だったり、器の広さ、もっと言えば社会的地位や給料にまで繋がってくるのかもしれないと書いてきましたが、

足し算でしか増えない経験値を何倍にも増やす方法、それが本を読むことです。

読書です。

 

本を読むことで得られる知識や考え方は、自分の経験をいろんな角度から学ぶ助けになります。

 

ここでいう読書とは、仕事の経験値を上げたいからといって仕事に関係する書籍を読んだり、

人間関係に悩みがあるから心理学の本を読んだりといった、一見直接的に関係ありそうな書籍じゃなくて、

全然関係なさそうな内容の本でもなんでも読んでみることをいいます。

 

料理の本でもいいし、ガーデニングの本でもいいし、

車や電車の本でもいいし、歴史や経済の本でもいいし、

推理小説だっていいし、恋愛小説だっていいです。

 

本を何冊も読んでいくと読書を通して得られた知識や考え方が、いつか自分が実際に経験したことと繋がって今まで考えもしなかった受け止め方をするようになったり、応用力がものすごくついてきます。

その効果があまりにも大きいと感じるので、それを【×(掛け算)】と呼んでいます。

シドニー 図書館

 

経験値を判断する上で年数とか月日というのは判断しやすい基準になりますが、

例えば、

Aさんが1年に1,000個のことを経験するとして、単純にそれを15年続けたらAさんの経験値は15,000です。

 

Bさんも同じように1年に1,000個のことを経験するとして、でもBさんは5年間の間に3冊の本を読んだとします。そしたらBさんは、経験1,000個×5年間×3冊の本でになるので、たった5年間で15,000に経験値を伸ばすことができました。

 

「嘘だー、たった3冊の本で〜?」と疑いの声がたくさん聞こえてきそうですが、【読書】というのはそれくらい影響力があると言っても言い過ぎではないくらいだと思います。だからこその【掛け算】です。

 

 

またこれも例えばですが、

もしかしたら、さっきのAさんが9年目に初めて経験から学んだことを、Bさんは3年目の時点で本を読んで知り、すでに実践しているかもしれません。

 

普段生活をしていて「もっと若い頃に知っていたらなぁ」とか「あの時これを知っていたら、、、」と思うことはありませんか?

そういう気持ちを全くのゼロにすることは無理だと思いますが、【読書】をすることで少なくすることはできると思います。

 

もしかしたら同級生の◯◯くんや入社同期の◯◯さんは、在籍年数は自分と同じだから、大体同じくらいの経験をしてると思っていても、実はその人が年に10冊の本を読む人だったら、、、同じ経験からあなたより10倍のことを学んでいるのかもしれません。

 

それくらい、【読書】は有益だと思うということです。

 

 

おいおいそういうお前は読書してるのか?って話ですが、実はぼくも読書大好きです。

 

ぼく自身は、20歳の頃から本を読むようになり始め、最初の頃は月に1冊くらいのペース、

だんだん増えてきて月に2冊や3冊くらい読むようになり、

オーストラリアでワーホリしてた約2年間はタブレットと電子書籍をフル活用して月に10冊くらい読んでました。(友だちいなくてヒマだったんです笑)

 

でも今はワーホリしてた頃よりも時間がないので、月に3冊とか4冊とか、、、だいぶ減りました笑(かといって友だちが増えたわけでは、、、ない笑)

 

会社経営者とかの自伝を読んだすると「ぼくは年間300冊本を読んでます」みたいな人もいるので、ぼくの目標も1日1冊くらいなんですが、正直「どーやったらそんなに読めるの?」って感じです(笑)

 

それに、お金もないのに本屋に行くと気になるタイトルを買っちゃって「積ん読(つんどく)」状態になっちゃうので、なるべく自制をかけるようにもなりました。

それでもやっぱり読書は良いものだと思います。

タスマニア MONA

 

さいごに


今回は、

  • いろんな物事をたくさん経験することの大切さ
  • 読書が経験を何倍もの価値に押し上げてくれること

について書きました。

 

結局のところ、同じ経験なんてなくて全部異なった経験なんだからどんどんいろんなことに挑戦して、「未経験」と「経験済み」にしていきましょう!!加えて【読書】するとよりたくさんのことが学べますよ!!ってことが言いたかったんです。長々書いちゃいましたけど(笑)

 

 

あと、最後にこれだけは伝えなければいけないのでちゃんと書きます。

ここまでワッショイワッショイ色々と書いてきましたが、

経験値とか足し算とか掛け算とか、

科学的根拠とか全くない話なので、信じる信じないはそれぞれの責任でお願いしますね(笑)

 

 

ぼくがこう思うってだけなので、

「経験値上がってるはずなのに給料全然上がらないんですけど?」

「月に10冊本読んでるけど、特に学び増えませんけど?」みたいな事言われると困っちゃいます。笑

あくまでもぼくの実感なので。

 

 

それと、途中にも書きましたが、

経験値は人と比べるものでもないと思うので、むやみやたらに周りの人に闘いを挑まないようにしてくださいね。それはゲームの中だけでお願いします。

経験値を増やすというのはあくまで「自分がより良く成長するため」の手段ということで。

 

もしかしたら、ここまで書いてきたこと、ぼくのつたない文章力のせいで「全然わからなかった」という方も多いかもしれません。それはぼくの実力不足ですね。文章力磨いてまた出直します!

 

 

なんにしてもここまで読んでくださってありがとうございました。

ネパール トレッキング

 

経験には同じものは一つとしてありません。

初めてのことはもちろんですが、2回目と3回目の経験も絶対にどこかは異なっているはずです。

そして読書の掛け算を通して得られることも一つとして同じ内容はありません。

その一つひとつの異なった経験や学びがその人を作っていく事は間違いないと思います。

 

その経験した事や学んだことの1つ1つが1枚の「羽」だとしたら、

たくさんの「異」なった経験をして、

たくさんの「異」なる事を学んで、

その「異なった羽」の数が1000万にも1億にもなれば、

それが生きていくための大きな「翼」になります。

 

大きな翼を手に入れて、人生を高く高く翔びましょう。バサバサ〜

タロンガ動物園

 

前回の記事はこちら↓↓↓

この世で一番大きなもの→【0と1の差】

 

 

読書のきっかけにオススメの書籍↓↓↓


 

 

 

関連記事↓↓↓


子育て中の方に読んで欲しい、子どもの育ちに関わる3冊の本

 

過去と未来と現在と。

 

今のままじゃ、日本人は英語が喋れるようにならないと思う。

 

Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

アイキャッチ画像

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です