新しいことに挑戦したいのに、「生活しなければならない」って思いが邪魔してきませんか?

アイキャッチ画像 ヒガンテ保育士

スポンサードリンク

Pocket

はじめに


 

現代の日本に生きる若い人たちは、高校、大学という学生生活を終え、ほとんどの人が社会へ出て仕事を始めます。

始めの1〜2年は覚えることも多く、やってくるのは新しい経験ばかり。忙しいながらも楽しく日々が過ぎていくでしょう。

 

しかし、3〜5年もするといろんな意味で自分に余裕が出てきます。そして同時に、新しい経験も減ってきます。

後輩ができて自分が教える立場になったり、仕事の進め方や問題に対してどのように対応すれば良いかの知恵もついてきます。

そんな中、社会人1年目の時に比べて自分に余裕が出てきて、視野が広くなったからこそ思うこと、

 

「今の仕事は本当に自分に合っているのだろうか?」

もしくは

「今までやりたいと思っていたことに挑戦してみたい」

 

そんな思いを抱えた時に、どのような行動を選択するかで人の人生は大きく変わります。




 

 

他のことに挑戦してみようと決意して仕事を辞める人もいるだろうし、

もうちょっと様子を見ようとそれからまた数年働き続ける人もいるだろうし、

自分にはそんな勇気はないと、違うこと•新しいことに挑戦するのを諦めてしまう人もいるだろうし。

人それぞれです。

 

ぼくも、社会人4年目にそんな思いを抱えた一人です。

そしてぼくは仕事を辞めて海外へ行きました。

仕事は保育士。日本の保育園がイヤになったのではなく、海外の保育園で働いてみたいという思いが強くなったから行きました。

そして現地で英語を勉強し、現地の保育士資格を取り、最終的には現地の保育園で働くことができました。

その間、自分がやりたいことをやっていたので毎日充実していました。もちろん英語の勉強は大変でしたが(笑)

 

そんな自分の経験も踏まえ、今回書こうと思うのは、

社会人になって数年が経ち、今の自分、これからの自分に不安や不満を抱えている人に向けて、

「やってみたいことがあってやろうかどうか悩んでいるのなら、いっちょやってみたらどうですか?」という内容です。

 

自分がどう行動するかを選択するのは、自分の周りにいる誰でもなく自分自身。

誰もが分かっていることだけど、それを邪魔してくるお邪魔虫がたくさんいます。

今回はそんな中でも「生活があるから辞められない」「収入が不安定になるから辞められない」と言って挑戦することを諦めそうになっている人に考えてもらいたい話です。

 

 

生活とは?


 

まずはじめに生活について考えてみましょう。

あなたが学生の頃、「生活」ってどんなものでしたか?

 

朝起きて、ご飯を食べて、学校に行って、部活をやって、友だちと遊んで、お風呂に入って、テレビを見たりゲームをやったりして、寝て、また朝起きて、、、

そんなことの繰り返ししだったんじゃないでしょうか。

これが一般的な学生の生活だと思います。

 

これが良い生活とか良くない生活とかそういうことが言いたいわけではなくて、

多くの人にとって、学生の頃って「生活」とは単に「(生活)する」ものであり、「(生活)している」ものだったと思います。

 

じゃあ今度は、自分の周りにいる社会人を思い浮かべてみてください、自分の親、会社の上司、先輩などなど。

その人たちにとって、「生活」とはどのようなものでしょうか?

学生の頃との生活の内容で違うのは、学校に行っていたのが会社に行くようになったり、部活にやっていた時間が趣味に使われるようになったりといったところじゃないでしょうか。

 

ただ、ここで大きく違うのは、「生活」の捉え方です。

 

あなたの周りに、「生活」が「しなければならない」ものになっている大人ってどのくらいいるでしょうか?

学生の頃は「生活する」「生活している」だけのものだったのが、大人になると「生活しなければならない」ものになり、新しいことに挑戦したり環境を変えようとするときも「生活があるから」とそれを断念する理由の筆頭に上がってしまう。

 

その理由もある意味ではわかります。

学生の頃は親が面倒を見てくれ、世話をしてくれ、自分の育てるためにお金を稼いできてくれた。

そして今、自分は大人となり自立して社会の中でお金を稼ぐ立場にある。

もっと環境が変われば結婚し、子ども育てる立場にもなる。

それを思えば当然お金が必要になるから、「お金を稼がなければならない」

それがつまり「生活しなければならない」になります。

夕焼け

 

生活は義務なのか?


 

ここで出てきた「生活しなければならない」ですが、これって一体誰に強制されているんでしょうか?

義務教育の学校であれば、最悪「義務教育だから学校に行かなければならない」「法律で決められているから行かなければならない」ということはできます。

 

でも、高校や大学はどうでしょう。「○○だから高校(大学)に行かなければならない」の○○に入る理由、、、

 

そして社会人になって変化する「生活しなければならない」という考え方も。

「○○だから生活していかなければならない」の○○って、、、

 

当たり前すぎてそれについて考えないことの方が多いのかもしれませんが、

高校や大学、社会人としての生活を「しなければならない」って決めている法律ってないですよね。

 

だから、さっきの○○に入る理由って限られると思うんです。

「自分で行く(やる)と決めたから、行く(やる)ことになった。だから行かなければ(やらなければ)ならない」

「周りも同じようにしてるから、自分も行く(やる)ことにした。だから行かなければ(やらなければ)ならない」 

みたいに。

 

これ両方とも、自分の意思でそれをするって決めてますね。

ということは、「生活しなければならない」って決めてるのも自分自身じゃないですか、ね。

今まで、周りがそうだからとか、そういうものだからって思いで働いていたけど、実際は自分で決めてたわけだ。

 

「生活しなければならない」というのが、法律で決められた義務ではなくて、自分自身で選んでしていることだとわかりました。誰かに強制されていることじゃない。働くことは親でも社会でも国でもなく、自分自身で決めてることってわけですね。

クレイドルマウンテン

 

生活することは生きること


ここまで話を進めると、ほとんどの人が同じ疑問を持ちます。

ぼくもこの話を初めて聞いた時、疑問に思いました。

 

「生活しなければならないって誰かに強制されているわけじゃないっていうけど、生活しなかったらご飯食べられないじゃん。住むとこなくなるじゃん。死ぬじゃん。」ってね。

 

要するに、「生活しなければならない」っていうのは「生きなければならない」と同じ意味を持ってるってこと。

 

ここまでいろんな疑問をたどってきましたが、ここでも疑問が生まれましたね。

「なぜ生きなければならないの?」って。

 

いやいや、この問いを考え出すと時間かかるし、なかなか答えでないんで、それぞれで考えていただくとして、、、笑

 

一つだけ言えるのは、「人間には生きる自由も死ぬ自由もあって、今生きている人たちというのは生きることを自分で選んだ人たち」ってことじゃないでしょうか。

だから強制されているわけじゃない。

だから「生活しなければならない」っていう言い方がおかしくて、「生活したい」っていえばいいわけじゃん。つまり「生きたいんです」って。

 

「生活しなければならない」って言っちゃうと、「自分ではない誰かにそれを強制されていて、抵抗することを許されない、だから自分が挑戦したいことも挑戦できない」って言えちゃうし。

でも、ここまで記事を読んだ人なら、それは都合よく自分で作り上げた言い訳だってわかってきちゃいます。

 

一度知っちゃうと、ことあるごとに思い出しちゃうのが人間の高性能なトコロ。

これから先、自分や周りの誰かが「〇〇やってみたいけどさ〜生活あるじゃーん」と口にした時、今回の話が脳のどこからかフッと呼び起こされるんじゃないでしょうか。

タスマニア 教会

 

さいごに


ここまで話を進めてみて、結局何が言いたいのか、なんですが、

最初に書きましたね、今回書こうと思うのは「やってみたいことがあってやろうかどうか悩んでいるのなら、いっちょやってみたらどうですか?」という内容ですと。

 

新しいことに挑戦したいのに、今の仕事を理由に一歩を踏み出せないでいる人、

今の仕事が自分に合っているかどうかわからず疑問や不安を抱えながら日々を過ごしている人、

 

「生活しなければならないから」「生活があるから」を理由にしているのなら、もう一度考えてみてください。

 

生活するというのは誰かに強制されているわけじゃありません。自分でしたいと思うからしているだけのこと。

だったら、自分の決意と責任において、自分の挑戦したいことに挑戦してもいいはず。

 

一度きりの人生で、

「あの時あれをやっておけばよかったなぁ」と振り返る人生と

「あの時あれに挑戦しておいてよかったなぁ」と振り返る人生と、どちらがお好みですか?

 

「働くこと」「生活すること」「生きること」は全て自分で選んでいるという事実をしっかり自覚してみると、

それなら「どう働こうか」「どう生活しようか」「どう生きようか」を考えたくなってくると思います。

 

それを考え抜いて考え抜いて行動した先に、楽しい毎日が待っているのかなって思います。

 




Pocket

スポンサードリンク

アイキャッチ画像 ヒガンテ保育士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です