お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

ぼくが仕事を辞めて海外に出ることを決意した日に読んだ本。※影響大

ケアンズ オーストラリア

スポンサードリンク

Pocket

 

さて、ここで1冊だけ本の紹介をさせてください。

 

 

ぼくが保育園の仕事を辞めて、1年6ヶ月のオーストラリア生活、1ヶ月間のフィリピン留学、2ヶ月間のアジア旅行をちょうど終えた今、

今だからこそ紹介しておきたい1冊です。

この本は、2年前、ぼくが当時の仕事を辞めて海外へ行くことを決意する大きな要因になった本です。

 

もっと言うと、ぼくはこの本を読んだ次の日に当時の園長先生に退職したい旨を伝えました。

 

 

園長先生に退職を伝えたその日、

ぼくはそれまで海外に1度も行ったことなかったし、パスポートも持っていませんでした。

海外に行く為の貯金も十分じゃなかったし、両親や彼女にも何も相談せずに仕事を辞めて海外に行くことを決めました。

 

 

今思えば、あの決断は「スーパー見切り発車」だったなと思いますが、

この本を読んだ時は、3人がかりで石炭をくべまくる暴走機関車になっていたようです(笑)

 

 

ぼくはちょっと熱くなりすぎてしまいましたが、それくらい人が生きるのに為になる考え方、生活のなかで意識しておきたい大切なことが書いてあります。

 

ぼくの人生に大きな影響を与えてくれた本、

タイトルは「ライフトラベラー -人生の旅人-」

ライフトラベラー 人生の旅人

 

著者は喜多川泰(きたがわ やすし)さんです。

 

 

この「ライフトラベラー」は一人暮らしをしている青年の部屋に友だちの青年が訪れて、その2人が対話する形式で話が進んでいきます。

 

 

そのなかで、

 

•人と人はなぜ<出会う>のか

 

•お金や物じゃない、「本当の財産」とは

 

•日々生きるなかで常に持っておきたい大切な考え方

 

•非日常におもいきり飛びむことで得られる宝物

 

みたいなことが(ここの挙げたのはほんの一部ですが)「ライフトラベラー」には書いてあります。

 

本編では2人の青年の会話を追うことになるので、

普段あまり本を読まない人でも、

カフェで友だち同士の会話を聞いている感覚で気軽に読み切れると思います。

 

ぼくがもう5回以上は読んでいるこの「ライフトラベラー」。

 

話のなかでぼくが一番好きなパートが本編の最後にある[Before Birth]という節の話です。

 

ここにある考え方が個人的に大好きです。

自分の周りにいる人、自分と関わる人への見方がガラッと変わる、そんなお話。

 

 

どんな方にも1度は読んで欲しい1冊です。
アマゾン•Kindleを使う方はコチラ↓↓↓から購入できます。

 

本屋にも喜多川泰さんのコーナーがあると思うので、仕事帰りや学校帰りに本屋に立ち寄ってみてください。

Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

ケアンズ オーストラリア

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です