子どもが自信を失う子育て!?子どもへの声掛けで気をつけたいこと

アイキャッチ画像

スポンサードリンク

Pocket

子育て中のお父さんお母さん必見のお話です。

もちろん、保育士や幼稚園の先生、学校の先生にも役に立つ話でもあります。

子育てや教育で子どもと関わっている大人は大勢います。

今はまだ子どもと関わる機会は少ないけど、ゆくゆくは親になって子育てをする人も多いはずです。

子どもと関わる時に、「◯◯な子に育って欲しい」と考えたことはありますか?

子どもに対して「前向きな考え方ができる子に育って欲しい」と願う親や先生も多いと思います。

 

子どもをネガティブ思考にする魔法の言葉

子どもが前向きな考え方をするようになるには、普段から前向きに考えることが習慣になっている必要があります。

じゃあ普段から前向きに考えることを習慣にするにはどうしたらいいのでしょうか?

毎日毎日、「前向きに考えなさい、前向きに、前向きに」と繰り返し呪文のように唱えればいいのでしょうか??

 

ぼくが思うに、まず気をつけるのは「前向きに考えること」よりも「後ろ向きに考えないこと」を習慣にすることです。

 

しかし、子どもの思考を後ろ向きにしてしまう、いわゆるネガティブ思考に育ててしまう危険性が高い言葉あります。

それは、

「あなたはどうしてそんなこともできないの?」

「なんでこれができないの?」

という二言。

 

これを言われた子どもは言葉にはしなくても心の中で、

「どうしてぼくはこんなこともできないのだろう?」

「なんでわたしにはこれができないのだろう?」

と言った「できない理由」を考えてしまいます。

 

子どもが何かで失敗した時にこの言葉、もしくは似た言葉を周りの大人から言われ続けることによって、子どもは無意識的に「できない理由を探す癖」がつきます。

 

最初の頃は何かに挑戦して失敗した時に、

「ぼくが◯◯だったからできなかったんだ」となり、

それが繰り返されると、

何かに挑戦する前に、

「ぼくは◯◯だから、ぼくにはきっと無理だ」となる。

 

これが習慣になってしまうと、何か新しいことや今の自分には少し難しいことに挑戦しようと思った時に、

「自分には才能がないから」「自分にはお金がないから」「自分には時間がないから」「自分のキャラには合わないから」

と、できない理由を次々と用意して挑戦しなくなってしまいます。

確かにこんな言葉が次々に浮かんできては、物事を前向きに考えることなんてできないですよね。

 

 

子どもをポジティブ思考にする魔法の言葉

では、子どもが失敗してしまった時に大人はどんな言葉をかけてあげればいいのでしょう??

 

子どもが前向きに物事を考えるようになる言葉それは、

「どうしたらできるようになるかな?」じゃないでしょうか?

 

とっても簡単な言葉ですが、あなたがもし子どもの立場だったら

何かで失敗した時に「え?失敗したの?どうしてそんなこともできないの!?」と言われるか、

「え?失敗したの?じゃあ次はどうしたらできるようになるかな?」と言われるかでそのあとの思考の仕方って変わるんじゃないでしょうか?

 

ほんの些細な言葉の使い方です。

大人から見れば「そんな簡単なこと」でも、子どもにとっては「生まれて初めてのこと」だったり「まだ数回しか経験していないこと」かもしれません。

子どもと関わる時は、子どもが前向きに考えることができる言葉の掛け方をしてあげたいですね。

前向きな考え方を繰り返すことで子どもは自信を身につけていけるのだと思います。

Pocket

スポンサードリンク

アイキャッチ画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です