子どもは親の背中を見て育つ、って言われているけど、、、

アイキャッチ画像 ヒガンテ保育士

スポンサードリンク

Pocket

さて、

今回は「子どもは親の背中を見て育つ」と言われていることについて、保育士として思うことを書いてみたいと思います。

 

まずはじめに、

世間では「子どもは親の背中を見て育つ」と言われていることは皆さんもご存知かと思います。これは、「子どもは親のやることを身近で見ながら育っていく」ということで、良い意味にも悪い意味にも捉えることができます。

普段は意識していないかもしれませんが、ふとした時に「あ、やっぱり親の背中を見て育つんだな」なんて思うこともあるんじゃないでしょうか。

 

他の言い方には、「子は親の鏡」なんて言い方もありますね。




 

ところでなぜ「背中」なのか。

「親の顔を見て育つ」でもなく「親の口を見て育つ」でもなく「親の腹を見て育つ」でもなく、

「親の背中を見て育つ」。

 

 

思うに、

子どもっていうのは親の「言うこと」は全然聞かないけど、

「やること」はしっかり真似するようになるからなんじゃないでしょうか。

だから、顔でも口でもなく、背中。

親のやることなすことを子どもは後ろからいつでも見ていますよって意味なんでしょうね。

シドニー 子ども

 

ぼくがまだ大学に通っていた頃、実習先の保育園でこんなことがありました。

 

確か5歳児のクラスだったのですが、ある女の子と男の子がままごとをしていました。

設定は女の子がお母さん役、男の子がお父さん役、子ども役として赤ちゃんの人形が床に寝ていました。様子を見ていると、時間帯はおそらく夕方。お父さん役の男の子が仕事から帰ってくるところでした。

 

男児「ただいまー」

 

女児「あらおかえりー」

 

男児「お腹空いたよー、今日のご飯はなにー??」

 

女児「ごめんなさーい、まだできてないのー。今からセブンイレブンで何か買ってくるからその間に赤ちゃんのオムツ替えてといてー。」ガチャ。

 

 

うわぁ子どもめっちゃ親の背中見てるー( ̄▽ ̄)

 

ってその時ものすごく思いました。笑

 

 

また違う保育園では、

似たような夫婦の設定で男児と女児が、食後のテレビを取り合っていて、

 

男児「俺は〇〇が観たいんだ」

 

女児「もうすぐドラマが始まるからイヤよ」

 

男児「いつも観てるじゃんか」

 

女児「だって観たいんだもん。」

 

男児「ちぇっ。じゃあ今日も車のナビで観てくるよ

って言いながら男の子は玄関を出て車の座席に見立てたイスにちょこんと座りました。

 

 

こっちもしっかり親の背中見てるー( ̄▽ ̄)

 

 

っといった感じで、

保育園で子どもたちのおままごとを見てるのは本当に面白いです(笑)

保育園では、子どもは親の背中をしっかり見てるんだなーって思うことが多々あります。

シドニー 花屋

 

さて、ぼくが今回このことについて書こうと思ったのは、

「子どもは親の背中を見て育つ」ということについて気になったことがあるからです。

 

 

それは、親の背中を見る「距離」です。

簡単に言うと、近すぎてもいけないし遠すぎてもいけないなってことです。

 

 

過保護って言っちゃうとその線引きや基準が難しいのですが、

(主に2歳以降の)子どもがあまりにも親に近すぎると、その子はほとんど親の背中しか見ることができなくなって

親の前や横に広がっている「社会」という名の大きな世界を全然見ることができなくなってしまいます。

常識も親の範囲内、行動範囲も親と同じ、好き嫌いも親と同じ、、、

つまり、視野が狭くなってしまう。

 

でもどんな子どもでもゆくゆくは小学校や中学校、社会人という社会的な空間を歩いて行くようになるわけで、そのときには否が応でも親の背中を離れて自立していく必要があります。

そうなったときに、それまで親の背中しか見ていなかったら、それ以外が全然わからなくて子どもが困ってしまうかもしれません。

 

「その時になって初めて学び始めればいい」っていう考え方もあると思うので、どっちがいいのかはわかりませんが。

 

 

そしてもう一つ気になるのは、親の背中から離れすぎです。

どう転んでも子どもにとって親というのは母親と父親の2人しかいません。

子どもたちは親という安心できる場所があるからこそ、勇気を出して複雑な対人関係や社会へと踏み出していくことができます。

 

だから、先ほどは親の背中に近すぎはよくないと言いましたが、離れ過ぎもよくないなって思うんです。

 

 

たとえば、横一列に線が引かれていて大人が50人くらいその線の上にダーっと並んでいるとして、

子どもがそれを後ろから見たら同じ大きさの背中が並んでいるだけで、どの人に信頼を寄せたらいいのか、どの人を一番頼りにしたらいいのかがわからなくなってしまいます。

 

そんな中で、そのダーっと並んでいる中の2人の大人が30歩くらい後ろに下がったらどうでしょうか。

その2人の大人だけの背中が大きく見えるようになり、子どもはその大きく見えるようになった2人(親)の背中に一番の影響を受けながら、その2人の左右に広がる景色、横一列に並んでいる他の大人の(親よりは小さく見える)背中からも影響を受けながら成長していけるんじゃないでしょうか。

 

 

子どもに良かれと思ってのことや時代の流れというのもあるとは思いますが、

子どもが学校や保育園から帰ったあと、週に3日も4日も習い事やスポーツ教室に通ったり、

0歳や1歳の頃から保育園に預けっぱなしになってしまうのも、

子どもが親の背中を見る機会が少なくなってしまうことに繋がるんじゃないか、なんて思います。

シドニー 子育て

 

そんなことも踏まえて、親が子どもに自分の背中を見せるのにいい距離だなってぼくが思うのは、

子どもが親の影を踏まないくらいの距離です。

 

 

もちろんこれはイメージの話ですが。

子どもが親の影を踏んでいると、たぶん近すぎて背中ばかりが大きく見えちゃうから。

親の影をギリギリ踏まないくらいの距離感でいれば、

子どもにとっては、親の背中は一番大きく見えるけれど、その横からは他の大人の背中もちゃんと見える。そんな程よい距離になるんだろうと思います。

 

 

もちろん親によって影の長さは違うと思うし、そもそも親の子育て観によっても考え方はいろいろあると思います。

というわけで、今回の話は「こんなイメージの仕方もあるんだ」くらいに思っていただければ嬉しいです。

日本 田舎

 

最後になりますが、これは今回の話と似たイメージなんですが、

ぼくが子どもを育てる側の人間としていつも意識していることがあって、

これはたぶん教育に限らず子育て全般に言えると思うのですが、

 

子どもは、ゆくゆくは先生や親を越えていく存在です。

 

だから、例えば子どもが壁にぶつかった時、

壁の上から手を差し伸べて引っ張り上げてあげるんじゃなくて、

自分が壁の下で四つん這いになって子どもがそれを踏み台にして自分の力でその壁を越えられるように支えてあげるイメージを大切にしています。

 

上から引っ張りあげるってことは結局子どもはその大人がいる位置より上には行ってないってことですもんね。

繰り返しますが、子どもは先生や親を越えていく存在です。

 

自分が見上げることしかできない場所を、自分が関わる子どもたちが平気で歩くようになればいいなと常々思っています。

 

子育てや保育をする時には、

子どもが、親の背中て安心しながら、それを基盤にして大きな存在になっていけるように大人は関わっていきたいですね。

 

もちろん、

 

セブンイレブンで夕食の買い出しをする背中や

リビングを追い出されてカーナビでテレビを見る背中も

子どもたちはしっかり見てることも忘れずに、、、(笑)

 

それではまた〜。

 




Pocket

スポンサードリンク

アイキャッチ画像 ヒガンテ保育士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です