※お知らせ※

現在、ブログ引越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。

新しいブログの公開まで、ご迷惑をおかけします。

「ヘルプ」と「サポート」の違い:子どもと関わるときに意識したいこと

アイキャッチ画像 ヒガンテ保育士

スポンサードリンク

Pocket

 

「ヘルプ」と「サポート」の違い


突然ですが、「ヘルプ」と「サポート」と聞いて、どんな違いを思い浮かべますか?

言葉は違うけど、意味としてはだいたい一緒でしょうか?

ざっくり言えば、どちらも「助ける」という大まかな意味があります。

 

 

では、例えば職場などで、

 

「あの人のヘルプに入る」

 

「あの人のサポートに入る」

 

なんて聞いたことはありますか?

 

これだと、

「ヘルプ」は(急に来れなくなったから)代わりに入る

「サポート」は(一人じゃ大変そうだから)手伝いに入る

っていう意味に捉えることもできるんじゃないでしょうか。




 

英語の「help」と「support」にはたくさんの意味があって重複するところもありますが、

元の解釈としては、

肉体的な援助が「help」で、精神的な援助が「support」として区別されているようです。

 

事故に遭った人を助ける時は「help」を使って、

悩んでいる人を支える時は「support」を使うといった感じかな。

 

 

ただ、

日本ではさっきもあげたように

「ヘルプ」は直接的な救助、

「サポート」は間接的な援助という意味合いが強く普及しているんじゃないでしょうか。

 

救助隊が人を助ける時はサポートと言わずヘルプだし、

上司が部下にプロジェクトを任せる時は「ちゃんとサポートするから」って言うでしょうきっと。

 

これはきっとこの言葉が日本に入ってきて使われている間に少しずつ用途が変わってきて今の状態に落ち着いたんじゃないかな。

 

というわけで、ぼくもこの「日本的な解釈」を前提に話を進めます。

 

 

 

 

子どもには「ヘルプ」と「サポート」どちらが必要か?


ぼくが子どもと関わるときに意識しているのは、「サポート」に徹することです。

保育の場では、子どもを保護するとともに教育することも一体となって行われます。

 

「教育」というのは「子どもの自立を目指す」ことだと言い換えてもいいと思うので、

その点から見れば、子どもと関わるときに「ヘルプ」ばかりしていては自立を目指すのが難しいと思います。

 

 

例えば靴を自分で履こうとしている子どもがいたとします。

でもなかなかうまく履けません。かかとのところが折れちゃって引っかかっているようです。

 

それを見かねて近くにいた大人が「しょうがないねぇ」って手取り足取り履かせてあげたとします。

これは「ヘルプ」でしょうか「サポート」でしょうか?

 

ぼくは「ヘルプ」だと思います。

なぜなら、子ども自身は何もやっていないし、子どもは「履かせてもらった」という思いを獲得するからです。

 

じゃあ、先ほどの子どもを見て、

「かかとが引っかかってるんじゃない?」と声をかけたり、折れているかかとの部分を伸ばしてあげるのはどうでしょうか?

 

もしそれを聞いた後に子どもが自分の力で靴を履けたとしたら、それは「サポート」になると思います。

途中で大人に介入してもらいましたが、その後は子どもが自ら靴を履きました。子ども自身も「自分で履けた」という思いを獲得するでしょう。

 

といった感じで、子どもに何かをしてあげる際はいつも「これはヘルプかサポートか」ということを意識するようにしています。

 

サポートにしても子どもがすることに介入して手伝ってあげることはありますが、どこまで介入するのかが重要だと思います。

その基準となるのは、「それを終えた後に子どもがどう感じるか」で、

子どもには「自分でできた」と感じてもらいたいところ。

 

 

服を着る時もそう、

ご飯を食べる時もそう、

積み木をする時も階段を上る時も、

子どもの様子を見て、「ヘルプ」か「サポート」を考えることは大切だと思います。

 

子ども同士がケンカしている時だって、大人があいだに入って仲裁してあげることは手っ取り早いけど、子どもたちが学ぶべきことは「自分たちで解決する力」だと思うから、多少の時間と手間はかかっても子ども同士で解決策を見つけられるような「サポート」を考えるようにしています。

 

 

 

たとえ小さな工程でもいいです。さっきの靴の例えで言えば、最後にマジックテープをペタってはめるところだけを子どもが自分でやれたら、本人は「自分で靴が履けた」って感じるかもしれない。

その場その場で「これはサポートかなヘルプかな」ってちょっと意識するだけでいいと思います。

 

ちょっとずつ「できること」を増やしながら自信を育んで大人になっていけるように周りにいる大人(家族•先生)が配慮してあげることが子どもにとって良いんじゃないかなー。

 

 

「ヘルプ」と「サポート」について思うことでした。




Pocket

スポンサードリンク

アイキャッチ画像 ヒガンテ保育士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です