お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

子どもに「将来の夢は?」と尋ねた時に、、、

アイキャッチ画像

スポンサードリンク

Pocket

はじめに


あなたが子どもの頃、周りの大人に「将来の夢は?」と聞かれてなんと答えていましたか?

 

子育てをしている方は、お子さんに「将来の夢は?」と尋ねるとどんな答えが返ってきますか?

 

 

子どもの頃に抱く夢って、

親や身近な人がしている仕事や、テレビや本から得た情報など、

自分が体験した(見たことのある)範囲の中で選ばれることが多いんじゃないでしょうか?

 

 

 

13歳のハローワーク 公式サイトによると、2016年9月調査の人気職業TOP5は

  1. 金融業界で働く
  2. 臨床心理士
  3. ファッションデザイナー
  4. プロスポーツ選手
  5. 編集者

だそうです。

 

1位が具体的な職業名じゃなくて「金融業界で働く」ってなんか13歳スゴいですね。笑

 

男の子なら「将来は警察官か消防士かパイロット!!」

女の子なら「私はケーキ屋さんかお花屋さん♪♪もちろん花嫁さんにもなりたいわ♪♪」なんて時代はいつの間にか終わってしまったようです。笑

 

ちなみにそのランキングでは、公務員が9位、保育士は11位でした。

6位にゲームクリエーターがランクインしているのが時代を現しているなって思います。

 

さて、今回の記事では、

最近になってぼくが思っている「将来の夢」への考え方、

そしてすでに何かの職業に就いている方が「あなたの仕事はなんですか?」と尋ねられた時の答え方について書いてみようと思います。

 

「自分の子どもには◯◯(職業)を勧めたいな」と思っている親御さんには新しい視点になるかもしれません。

インドネシア 保育園

 

 

将来の夢


子どもに将来の夢を尋ねると、

たいていの場合「◯◯になりたい!」って返ってくると思います。

 

そして、その◯◯に入るのはほとんどの場合が具体的な職業名だと思います。

 

「プロ野球選手になりたい!」

「パイロットになりたい!」

「ケーキ屋さんになりたい!」

「保育園の先生になりたい!」などなど

 

たとえ年齢が上がっても、目指す職業は違えど

「公務員になりたい」

「銀行員になりたい」

「客室乗務員になりたい」

「美容師になりたい」などなど

 

具体的な職業名が上がることは変わらないと思います。

 

 

また、すでに仕事に就いている人も誰かに「あなたの仕事は?」と聞かれたら

 

「保育士です」「銀行員です」「営業マンです」「看護師です」と自分の職業を答えるんじゃないでしょうか。

 

ぼくも誰かに聞かれたら「保育士です」とか「保育園の先生です」って答えることがほとんどです。

 

 

それが普通だし、当たり前だと思ってました。

でも最近になって、「違う答え方」「違う見方」があるんじゃないかって思うようになってきました。

 

それが今回のテーマとも言える「自分はどんな◯◯か」です。

 

※ここからの「◯◯」には自分の身近な職業を当てはめてみてください。

シンガポール カフェ

 

目的はどちら?


自分が学生の時、学校で「なりたい職業ガイド」みたいな本をもらってパラパラとページをめくりながら

「へぇこんな仕事があるんだ」「給料はこれくらいなんだ」って思った記憶があります。

 

そしてその本の保育士のページを見て、短大に行って資格を取ればいいことがわかると同時に、ピアノ演奏が必須であることを知って絶望した記憶があります。笑

 

 

それは置いといて、

ぼくたちが将来の仕事について考える時、

これは今の教育的な理由なのか、昔からそういうものなのかわかりませんが

いつの間にか「◯◯になりたい」と考えるようになります。

ぼくの場合は「保育士になりたい」でした。

 

 

で、なりたい仕事『◯◯』が決まると、

その◯◯になるまでの過程を考えます。

 

進学しなければいけないのか。

専門的な技術を身につけなければいけないのか。

資格や免許を取らなければいけないのか。

実務経験に何年か必要とするのか。

 

そんな計算をした上で、「◯◯」になるために日々頑張っていくことになると思います。

 

ただ、

ここで考えていることって

「◯◯になること」だけじゃないでしょうか。

 

でも、

自分も社会人になってみて気がつきましたが、

大事なのって「どんな◯◯になるか」じゃないでしょうか。

 

 

すでに社会人として働いている方なら実感としてあるかと思いますが、

職業人としての「◯◯」って横並びでそれこそいくらでもいます。

 

パイロットにしても保育士にしてもゲームクリエーターにしても。

社長とか所長とかでもそうですね。

 

 

その横並びの中で、社会に出た人がどこかの段階から意識し始めるのが

「どんな◯◯になるか」だと思います。

 

 

ぼくの場合で言えば「どんな保育士になるか」です。

 

例えば保育士であれば、

  • 子どもの心からの笑顔を引き出せる保育士になりたい
  • 子ども同士の絆を育める保育士になりたい
  • 保護者の子育てを陰で支える保育士になりたい
  • 保護者に安心して子どもを預けてもらえる保育士になりたい

 

などなど。いろいろあると思いますが例えばこんな感じ。

それぞれの「◯◯」をちょっと考えてみるだけで様々な思いが溢れてくると思います。

 

 

ただ、(ぼくの場合はですが)学生の期間ってここまで考えることがなかった。

だからもし、学生の間に将来の仕事についてここまで考えていたらもっといろんな思いが出てきていたのかなと思います。

船頭さん

 

 

その視点で考えてみたら


 

職業を「◯◯になりたい」「私の仕事は◯◯です」というだけじゃなく、

「どんな◯◯に」というところまで考えると、

今までなりたいと思っていた職業じゃなくてもそれが実現できるんじゃないかということがわかってきます。

 

 

仕事を考える時に職業を抜きにして、

純粋に「自分は△△な仕事をしたい」と考えてみてください。

 

 

例えば、

  • 人を喜ばせる仕事がしたい

 

  • 人の生活を便利にする仕事がしたい

 

  • 動物の命を守る仕事をしたい

 

  • 新しいものを開発する仕事がしたい

 

 

その中でひと口に「人」を相手にするといっても、

「子ども」なのか「大人」なのか「老人」なのか

「男性」なのか「女性」なのか

女性の中でも「娘」なのか「妻」なのか「母」なのか

 

 

「動物」を相手にするといっても

「野生」なのか「ペット」なのか

「大型」なのか「小型」なのか

「陸上生物」なのか「水中生物」なのか

 

 

「発明」といっても

「電車」なのか「飛行機」なのか「車」なのか

「家電」なのか「ロボット」なのか

 

 

そうやって細かくどんどんドンどん考えていったら

それこそ無限に選択肢ってあるんじゃないでしょうか。

 

 

仕事を職業や職種から考えずに、「どんな仕事」をしたいのか、から考えていったら今までなりたいと思っていた職業じゃなくても自分のやりたいことをできる仕事が見えてくるかもしれません。

マンタナーニ島

 

ちなみに、ぼくの場合は

 

  • 子どもが人生を楽しく生きていけるように成長するのを援助する仕事

 

  • 親御さんが自信を持って子育てをしていけるように支える仕事

 

  • 一人でも多くの人に「人生って楽しい」と思ってもらえる関わりができる仕事

がしたいと思っています。

 

この目標を実現しようと思うなら、仮に保育士でなくても、世の中を見渡してみれば仕事はたくさんあると思います。

 

 

 

このように、

仕事を「職業」から入るのではなく「どんなことをしたいのか」という具体的な内容から考えてみると今までなりたいと思っていた仕事や今就いている仕事にこだわらなくても、思いを実現できる場所はそこら中にある気がします。

 

 

ここまで考えておいて例えば初対面の人に「あなたの仕事は?」って聞かれた時、

「ぼくは子どもを笑顔にする仕事してます」とかって答えたら「おっ?なんか珍しい人だな」って相手の印象に残ること間違いなしじゃないでしょうか。

そんな人には一度も会ったことありませんけど。笑

インドネシア バス

 

ここまで将来の夢について書きましたが、

突然ですがぼくが保育園児だった頃の将来の夢、なんだと思いますか?

 

実はこの前、実家で卒園アルバムを見つけてしまったんです。

 

友だちページは

「くるまやさんになりたい」「おもちゃやさんになりたい」

「おはなやさん」「けーきやさん」と続く中、

ぼくのページはこれでした。

 

 

イカ戦士

イカ戦士?ん??

 

 

目を疑うってこういうこと言うんですねきっと。

 

「イカ戦士」、グーグルで検索してもまともな情報出てこなかったです。笑

 

 

6歳って無邪気なんですね。

何より、ぼくも同じ仕事をしているからすごく分かるんですが、

担任の先生が卒園アルバムへの「いかせんし」にゴーサインを出してくれたことに驚きです(笑)

 

懐の大きい先生だったんですね。笑

 

 

そんな先生との出会いもあって、こんなに大きく成長することができました。ヒガンテ保育士、身長188センチです。

シドニー

 

さいごに


 

「仕事」は人生の中で多くのウェイトを占めるもの。

どんな職業に就くのか、どんな仕事をするのかはとっても大事。

 

子どもたちが将来の夢を答えるとき、

「◯◯になりたい!」だけで終わらないように、

 

「そうなんだ!それはどんな◯◯になりたいのかな?」って、

より具体的に考えることができるようなきっかけを周りの大人が与えてあげると、

子どもたちのイメージも膨らむと思います。

 

 

そして、

今すでに何かの職業に就いている方も、

「今は◯◯(今の職業)をしている。自分はどんな◯◯を目指そうとしてるんだ?」と自分に問いかけてみて、

「自分はこんな仕事がしたい」と具体的に思えれば、仕事が今よりも何倍も面白くなるんじゃないでしょうか。

 

新 13歳のハローワーク

 

Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

アイキャッチ画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です