お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

言葉の大切さ。

スポンサードリンク

Pocket

言葉は大切。

だけど、そのことは意外と忘れがち。

 

人が本当の危機に面した時、その心を救えるのはお金でもなく物でもなく、言葉です。

 

もしも、明日の正午にあなたの命が失われることがはっきりわかったら。

明日、自分は、確実に、死ぬ。

それがはっきりわかったと想像してみてください。

あなたは何を求めますか?

 

まずはきっと、生き延びることを考えるでしょう。

何でもいいから、どんなことでもしますから、と生き延びる方法を探すんじゃないでしょうか。

 

しかし、それでも助かる方法はないと分かった。

 

そこまでいくと、最後には「言葉」を必要とすると思います。

 

誰かに「大丈夫。あなたはきっと助かる。」と言ってもらいたい。

お世話になったあの人に「ありがとう」を伝えたい。

 

明日死ぬと分かっていて、「かわいそうだから新車を買ってあげるよ」と言われても、「今までお世話になったから1億円を送るよ」と言われても、きっと心は救われない。

 

やっぱり、人の心を救うのは、お金でも物でもなく、言葉だということがわかります。

 

ところがどっこい。最初にも言いましたが、ぼくたちは普段言葉の大切さを忘れがち。

きっとそれは普段から言葉を当たり前に使っていて、日常の中に溶け込みすぎているから、「特別感」がないのが理由かもしれません。

 

水の中で生きている魚は普段、自分が水の中で生活していることなんて意識していないでしょう。

それと同じ。

いざ水の外に出てしまった時に、

「あ!!ぼくは水の中だから暮らせていたんだ!!ピチピチッ」

となるわけです。

 

水がないと魚は生きていけない。人間にとっては言葉がそういう存在です。

 

だからいい言葉を使おうと思える。

それがないと生きていけないくらい必要なものなんだから。

 

人の心を救える言葉を。

 

 

言葉にはそれだけの力がある。

だからあとは使うだけ。

 

言葉は道具と同じです。

道具というのはどんな物でも共通点が2つあります。

ひとつは道具は便利で役に立つものが多いということ。

もうひとつは使い方によっては人を傷つけるということ。

 

包丁も車も薬も、全部道具。

本来は便利で役に立つ物のはずなのに、間違った使い方をすればそれらは必ず人を傷つけます。

 

「言葉」も同じように道具です。

 

人を救うこともできるし、

人を傷つけることもできる。

 

さて、明日からどういう言葉を使おうか。

 

そして何よりも、自分が口にした言葉は相手に届く前に自分の耳に入ることも結構結構忘れがち。

 

バカ。最低。ウザい。疲れた。つまらない。

 

口にすれば自分の耳に入ります。

 

 

嬉しい。楽しい。大好き。ありがとう。

 

これも口にすれば自分の耳に入ります。

 

 

さて、明日からどんな言葉を使おうか。

 

どうせ使うなら自分の気分が良くなる言葉を使いたいですね。

そしてきっとその言葉は、相手の心も救うはず。

 

言葉は大切です。

 

 

 

 

Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です