高い?安い?ぼくが60日間のアジア旅行で使った費用

インド ジャイプル

スポンサードリンク

Pocket

 

はじめに

 

アジア旅行を終えて約3週間が経ちました。

旅の余韻も残りつつ、日本には日本の楽しさがあるのでそれを満喫しています!

にしても日本は楽しい(笑)

日本て本当に良い国ですね。

 

 

さて、今回はぼくがアジア10ヶ国を60日間かけて旅行した時にかかった費用について記事にしたいと思います。

アジアへの一人旅などを計画している方の参考になれば幸いです。

 

合計金額

 

具体的な旅費内訳の前にまずはじめに合計を発表します!!(発表ってほどだいそれたものでもないけど笑)

 

 

みなさん、ぼくのアジア旅行どれくらいかかったと思いますか?

 

 

日数は60日間。

 

訪れた国は10ヶ国(オーストラリア→インドネシア→シンガポール→マレーシア→カンボジア→ベトナム→ネパール→インド→フィリピン→台湾)

 

主な移動手段は飛行機を使いました。

 

宿泊は基本的にホテルは使わず、安いバックパッカーズに泊まってました。

 

 

 

頭の中に浮かべましたか?

 

 

 

でははっぴょーう!!

 

 

 

ぼくが今回のアジア旅行にかかった費用は〜

 

 

ダラララララ〜

 

 

 

どんっ!!

 

 

 

約53万7000円!!!

 

 

この金額をひと目見てどう感じますかね?

 

 

 

「高すぎでしょ!」

「え、思ったよりかからない」

「中古車買えるね」

なんて声がいろんなところから聞こえてきそう、、、

 

 

アジア旅行を終えてのぼくの正直な気持ちは、

 

 

「もうちょ〜っと出費抑えたかった(笑)」

 

 

予算は40万くらいで考えていたのですが、予算オーバー。

 

 

やっぱり旅行って非日常だからあれもこれもって欲が出ちゃいますね。

 

 

「はじめての場所だから」「もう一生来ないかもしれないから」って。

 

お財布のヒモ、結構序盤でどっかに落としました。

IMG_8543

 

ただ今回のアジア旅行、行きたいトコはほとんど行ったし、やりたかったことはほとんどやったので、後悔は全然ありません。

 

 

だからこの53万という金額になったのも、しょうがないなって思ってます。

ケガも事故もなく帰ってきたし、「一生役に立つ経験」をたくさん買ったと思えば安いもんです。

 

 

では、内訳を紹介しまーす

 

ちなみにこの金額は、お土産代やコーヒー代(ぼくはカフェを見つけるとすぐ入る癖があるので)、小腹が空いた時に買ったお菓子などの費用は抜いてあります。

また、旅中は使ったお金をこまめにメモるようにしていましたが、忘れることもメモし漏れもあるので、おおまかにこれくらいの金額だっと思ってください。

 

全て日本円で表記しますが、ぼくがその国にいた時のレートでおおまかに計算しています。

 

 

ようするに「おおまか」な記事です。よろしくお願いします。

「メモし漏れ」って言いにくいですね(笑)

IMG_8950

 

 

内訳

項目は以下の通りです。

「食費」「交通費」「宿泊費」「入場料」「ツアー参加費」「VISA取得費」「SIM カード」

 

ではみていきましょう。

マンタナーニ島 マレーシア

 

食費

 

アジア旅行で使った食費は約3万8000円でした。

基本的には食べたいものを食べ、飲みたいものを飲みました。

 

ネパールでトレッキングをしていた期間は食事がツアー費に含まれていていたので、その期間を抜いた50日間で割ると、1日あたり760円になります。

コタキナバル マレーシア

だいたいは1日500円くらいを目安に食費に当てていたのですが、たまに美味しそうなものを見つけると値段をあまり気にせず飛びついていたのでそれが平均額を上げちゃいました。

 

どの国でも、美味しいもの、安全なものはそれなりの値段がします。笑

ベトナム フォー

 

食費に関して、大きな差になるなと思うのはアルコールです。

ぼくはお酒が飲めない(めーちゃくちゃ弱い)ので、今回の旅行でも1回しかお酒飲んでません。(しかもグラス半分)

 

お酒が好きな人は、旅先のご当地ビールや現地で出会った人たちと飲むお酒がたまらなく美味しく感じると思うのでその出費はかなりのものになると思います。

 

お酒はどの国でもその国の物価を考えると割高な値段です。たとえばビール1本400円としてそれを毎日夜1本飲んだら、60日で2万4000円です。

 

飲む量にもよりますが、お酒が好きならその出費もかかりますね。

ぼくはお酒が飲めない代わりにコーヒーをよく飲むので、その出費もそれなりにあるってたまに悩みます。笑

インドネシア ビール

 

 

交通費

交通費は旅行中の出費の大部分を占めるので、結構な額です。

ぼくが60日間で交通費に使ったのは合計で約24万7,730円

IMG_2580

乗り物別に見ていくと、

 

飛行機移動に約21万2,680円(飛行機を使っての移動は合計11回)

 

鉄道に約1万900円(台湾新幹線周遊パス•インドネシア国内移動)

 

バスに約1万1,630円(空港から街までのリムジンバス•国境を越える長距離バス)

 

タクシー&トゥクトゥクに約1万2,520円です。

アジア旅行 ヒガンテ保育士

 

交通費に関しては、どの国でもだいたいバス→鉄道→飛行機の順に値段が高くなります

今回は、2ヶ月という期間で行きたい場所に行くことを優先したので飛行機移動中心の旅行になりました。

長距離を短時間で移動できるメリットはありますが、そのぶんどうしても出費がかさんでしまいますね。

 

でも、そのおかげでどの国の空港にいても、迷ったり手荷物検査や入国審査で変に緊張したりすることがなくなりました。それに空港での時間の使い方もうまくなったと思います(笑)

 

 

電車やバスは、景色がその国のものなので「移動」自体を楽しめます。値段も安いし。

狭かったり汚かったりはしますが、時間があればバスや鉄道を陸路移動中心の旅行をしたいです。

インド 鉄道

 

 

宿泊費

 

宿泊費は約3万3,000円でした。

 

基本的にはバックパッカーズの4人部屋や6人部屋です。

Booking.comで料金安い順に並べて上から10番以内の宿が多かったかな。

 

1番の大部屋はマレーシアのバッパーで12人部屋でした。超安い宿を見つけた時には、何度かシングルの部屋も使いました。

 ベトナム バッパー

宿泊費がツアー費用に含まれていたネパールとインドでの期間を除いた33日間で割ると、1日あたり1000円です。

 

だいたい1泊600円〜800円くらいの宿に泊まることが多く、極たまに1泊1500〜2000円くらいの宿に部屋に泊まっていました。

 

アジア旅行中、ぼくの中では1泊2000円以上が中級ライン、1泊5000円以上は超高級ラインでした。

 

だから、インドで1泊2万円の高級ホテルに泊まった時は気絶するかと思いました(笑)

 

というか、あのホテルに2泊しただけでぼくの33日分の宿泊費越えるんですね、

ランクって怖。笑

(インドの高級ホテルに泊まった時の記事はコチラ

インド シャハプラホテル

 

 

入場料

 

入場料は世界遺産や博物館や科学館、島への入島料などがあります。

かかった費用は全部で約1万5,000円

 

カンボジアのボロブドゥールやプランバナン、カンボジアのアンコール遺跡群、インドの遺跡や世界遺産の数々が主です。

ボロブドゥール

日本円にするとだいたい500円〜900円くらいの入場料が多かったのですが、

 

そんな中、ベトナムの戦争博物館の入場料、大人1人で約76円は驚きました。

1000円払っても1度は見て知っておきたい戦争の悲劇の情報が残されているので、76円であそこに行けたのは本当に良かったです。(ベトナム戦争証跡博物館の記事はコチラ

 

アンコールワット

 

 

ツアー参加費

 

ツアー参加費は、ネパールで参加したヒマラヤトレッキングやインドで申し込んだツアー、半日や1日の観光ツアーなどです。

 

ツアー参加費は交通費に匹敵する額で、合計約19万円かかりました。

 

まず、オーストラリアのケアンズで参加したGreen Islandやパロネラパークのツアーがそれぞれ7000円くらい。

パロネラパーク ケアンズ

マレーシアのコタキナバルの近くにあるマンタナーニ島へ行く食事付きのツアーも約7000円。

マンタナーニ島 コタキナバル

 

そして大きな比重を占めているのが、

ネパールのヒマラヤトレッキングツアー(12日間。ガイド付き。交通費•宿泊費•食費込み。)の8万3,000円

インドで申し込んだ観光ツアー(10日間。交通費•ホテル宿泊費•送迎費•ボートや象に乗るアクティビティ費込み)の7万4,000円です。

 

この2つのツアーの費用が思ったよりもかかりました。

 

ヒマラヤトレッキングはぼくにはどうしても譲れないものだったので参加しましたが、これは人によっては全く興味無いところだと思うので、省こうと思えば省けます。

でも、間近で見る8000メートル級の山々は本当に素晴らしかったですよ。

ネパール トレッキング

 

インドのツアーも自力で移動•観光すれば確実にもっと安くなります。ただ、インドでは1泊2万円のホテルに2泊していて、鉄道も2等車を利用していたので、ツアーを申し込んでもったいなかったという気持ちにはなりませんでした。

 

 

この2つのツアー費がなければ15万近く出費が変わってくるので、当初の予算だった40万以内に収まったかも。

 

 

でも、お金ケチって一生後悔するのは絶対イヤだったから、「日本に帰ったら死に物狂いで働きます」って心に誓ってどちらも参加してやりました。

夕焼け

 

 

VISA取得費

 

日本のパスポートを持っていればアジアのだいたいの国ではビザがなくても(観光目的で)入国•滞在することができます。

 

それぞれの国によってルールがあり、「15日以内」とか「30日以内」とか。1度目はビザ無しでいいけど出国後30日以内に再入国する場合はビザが必要なんて国もあります(ベトナム)。

 

そんな中、ぼくが今回訪れた国の中で3つだけビザ取得が必要な国がありました。

 

それがカンボジアネパールインドです。

IMG_9303

 

カンボジアでは、約3,400円

ネパールは15日間有効のビザで約2,500円(他に30日•90日有効のビザがあります)

インドではETV(イーツーリストビザ)というインターネット申請ができるビザを取得して約2,850円かかりました。(このビザの有効期間は30日間)

 

というわけで3カ国のビザ代合計で約8,750円かかりました。こればっかりはしょうがないですね。人様の国に入るのにビザ無しで入れることに感謝しなきゃです。

 

 

 

SIMカード

 

オーストラリアでのワーホリ中にSIMフリーのiPhoneを買って持っていたので、今回のアジア旅行では3ヶ国でSIMカードを買って使用しました。

 

インドカンボジア台湾です。

 

カンボジアのSIMは値段と詳細を忘れてしまったので申し訳ないのですが、

 

インドでは30日間有効•音声通話無し•データ容量3GBのSIMで約2,200円

 

台湾では5日間有効•音声通話有り•データ容量無制限のSIMが約1,650円でした。

 

 

インドと台湾の合計が3,850円。カンボジアのSIMもおそらく1500円前後だと思うので、全部で5,000円ちょっとですね。

インド SIMカード

 

SIMカードはあると便利です。グーグルマップや宿の予約、街を歩きながら観光情報を調べたり。

 

が。

なくても全然大丈夫です。

 

泊まる宿、カフェ、空港などには無料のWi-Fi が飛んでいるので、宿の予約はそこですればいいし、地図もスクリーンショットを撮っておけば、外にいても見ることができます。実際、SIMを買った3ヶ国以外でも特に問題なく過ごすことができました。

 

昔はWi-Fiやスマホなんてものすら無かったのだから、頼らなくても旅はできるはず。

 

そんな時代に旅をしていたバックパッカーの人たちのこと、ものすごく尊敬します。

今する旅よりも現地の人との関わりが多かったんだろうなー。

 

 

でもまぁあるとやっぱり便利なんですけどね、スマホ。

ぼくもこうやってブログをやっているので、インターネットとパソコンさまさまです(笑)

台湾 SIMカード

 

 

さいごに

 

今回はぼくがアジア旅行(60日間)で使った費用をまとめてみました。

 

合計で約53万7,000円

 

旅行の費用って結婚式と一緒で(したことないけど笑)望めばいくらでも高くできるし、妥協したり何かを犠牲にすればかなり低く抑えることもできると思います。

 

豪遊したいならビジネスクラスばっかり使ったり、5つ星のホテルばっかり泊まったりすればいいし、

お金を節約したいなら、すべてのランクを落とすとか、究極は旅行に行かなかったらいいわけで。

 

それぞれやりたいことも興味も違うだろうから、十人十色の旅行がありますよね。

 

今回の旅行にしても、ぼくと同じ期間と予算があっても、人によって内容も合計金額も全然変わってくるだろうと思います。

 

それぞれが納得できる旅行になれば、それが1番!!

 

 

ちなみにぼくはいつも「自分が後悔しないような選択」を迷ったときの基準にしています。

いつか死ぬときに「あ〜人生めっちゃ楽しかったー」って笑って死にたいから(笑)

フィリピン アジア旅行

 

補足

ただ、アジアを旅行していて思ったのは、国が変われば治安も雰囲気も日本とは全然違うってこと。

 

お金を節約しようと思えば、宿に泊まらずに野宿したりローカルバスを使えばいいんですが、

そうすると盗難や事故、体調不良の危険がグンと高くなります。

 

節約に熱心になりすぎて病気になったり、命を落としてしまったら元も子もありません。

 

だから、海外を長期で旅行する場合は「安全や安心を買う」という気持ちも常に持ち続けていたいものです。

(ただそうしていると、そこにつけ込んで高額請求を吹っかけてくる人間もいるので注意が必要です、特にインドでは。笑)

コーロン島 カンボジア

ぼくのアジア旅行の経験が、アジアを長期で旅行しようと思っている方にとって少しでも参考になれば嬉しいです!

アジア旅行中に書いていた記事もあるのでそちらものぞいてみてくださいね。

 

オススメ記事はコチラ↓↓↓

アジア旅行の記事一覧:60日間で10ヶ国巡った軌跡

アジア旅行1日目:はじまりの朝

 

 

ブログランキングに参加しています。


海外旅行 ブログランキングへ

 

Pocket

スポンサードリンク

インド ジャイプル

4 件のコメント

  • とても参考になりました!
    ありがとうございます(^^)

    マレーシア、ベトナム、カンボジアに行っているのにお隣のタイに行ってないのがちょっと気になったんですが、何か理由があるんですか?

    • Timさん、コメントありがとうございます。
      少しでもお役に立てたなら光栄です!
      タイは以前訪れたことがあったので今回は行くのやめたんです。それよりもネパールとインドに時間を割きたかったので(笑)もし次のチャンスがあれば、陸路であのあたりを駆け抜けたいと思います!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です