お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

アジア旅行14日目:コタキナバル

マレーシア コタキナバル アジア旅行

スポンサードリンク

Pocket

噂を信じて

 

2016年2月21日深夜2時、起床。

 

ちなみに眠りについたのは同日の0時。

 

20日の21時には布団に入ったのに

 

「2時に起きなきゃ飛行機に乗れない」というプレッシャーで全く眠りにつけず。

(こーゆうとこ、自分て心配性だなってつくづく思います)

 

 

深い眠りに入りかけの状態でiPhoneに起こされ

半目の状態でバックパックに荷物を詰める。

 

 

眠気まなこでロビーへ降りると、

 

あきらかに夜型のライフスタイルしてる5、6人のヨーロピアンたちに流暢な日本語で話しかけられる。

 

「こんばんは」「こんな時間に出発?」「これからどこ行くの?」って。

 

最初、

「ん?彼ら日本語喋ってるのか?」

「あれ、もしかして頭の中で英語が日本語に瞬時に翻訳されてる?こんなに分かりやすく?」
「俺の英語レベルもついにここまできたか」なんて思ったのだけど、

 

 

その人たち、

 

ヨーロッパから東大に留学中の現役東大生でした。

 

今冬休みだからマレーシアに旅行に来てるんだって。

 

 

そら〜日本語ペラペラですわなぁ。

 

 

自分の英語力を過信して大変申し訳ございませんでした。

寝ぼけていた私がわるぅございました。

 

もし名古屋に来ることがあればぜひ連絡してね〜と東大留学生たちに別れを告げ、

タクシーを乗り継いでバス乗り場へ。

 

今日のフライト時間は朝6時半出発

 

クアラルンプールの空港はめちゃくちゃ大きくて乗り継いだりするのにはすごく便利な空港なのだけど、
街から離れてる。

 

バスで1時間ちょっと。

 

もうちょっと街に近かったらクアラルンプールはもっと栄えるだろうなって余計なお世話を胸に抱きながら、エアコンガンガンの激寒大型バスに揺られ空港に到着。

 

早朝のフライトは空が綺麗です。

IMG_2671

 

 

今日の目的地は、コタキナバル!!

 

 

コタキナバルはマレーシアのボルネオ島にある都市。

 

なぜコタキナバルに行こうと思ったか。

 

「うわさ」です。

 

どんな「うわさ」か。

 

「コタキナバルいいよ」って。

 

コタキナバルに行ったことある人たちが口々に言うんです。

 

「コタキナバルいいよ」って。

 

なにが良いのか。

 

あんまり詳しく聞いちゃうと勝手にイメージ作り上げちゃって自分の枠にハメちゃうから、

 

とりあえずクアラルンプールのあとはコタキナバルに行くと決めました。

 

 

 

情報は現地調達

 

行くと決まれば宿を予約して、

グーグルさんで「コタキナバル 観光」

 

上位のページをざっと見たらあとは現地で。

 

宿の人に聞いたり、ツアー会社とかに行けば情報教えてくれます。

 

「コタキナバルは島がいくつもあって海が綺麗」というイメージをホームページから得たので(この時点でイメージはでき上がっちゃってる笑)、

到着したあとは散歩がてらとりあえず港へ行ってみる。

 

 

案の定、船乗り場にはたくさんツアー会社が並んでいました。

IMG_2720

カウンターの近くを歩いているとツアー会社のおじさんたちがものすごい勢いで誘ってくるからわざわざ自分から聞かなくても、こんなツアーがあるよって教えてくれます。

 

値段はいきなり言われても相場がわからないから、
他のカウンターにもいくつか行って相場を判断する。

 

船着き場には昼頃行ったのだけど、

 

おじさんたち、

「今日行きたいのか!?」

「まだ間に合うぞ!?」

「こっちのツアーはどうだ?」って、

 

睡眠時間2時間のぼくには当たりが強いです。

 

 

睡眠不足解消のために今日はゆっくり過ごして早く寝ようと思って、

カウンターのおじさんに「明日朝イチの船で島に行くつもりだから、何時に来たらいいか教えてくれ」って聞いたら

 

「よし、じゃあ7時に来てくれ!

最初の船は7時半だから、明日7時にこのカウンターに来てくれ!」って。

 

ちなみに、次の日朝7時に行ったらそのカウンター誰もいなくて、
結局別の会社の船で島に行くことになります。

 

 

さいごに

 

 

ツアー会社で得た情報は、

コタキナバルの周辺には気軽に行ける距離(船で15分くらい)に4つくらい島があって、

そこで過ごすのがスタンダードなコタキナバルでの過ごし方だということでした。

 

本当はキナバル山にも行きたかったんだけど(もっというと登りたかった)、

値段と日数の関係で今回は断念。

 

でも、とりあえず次の日の予定だけは決まったから良し。

 

そのあとはコタキナバルの街をブラブラしました。

 

コタキナバルのタクシーはつづりが「TEKSI」。テクシ。

 

IMG_2672

 

 

 

夕方くらいから眠くて仕方なくなってきたからその日は早めの就寝。

 

泊まった宿は中国人のオーナーが経営する宿で、泊まってるのも中国人ばっかり(笑)

 

一気にチャイニズム高まりました。

スピードラーニングの中国語版がBGMでも、

 

眠たけりゃぐっすり眠ることができるもんです。笑

 

Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

マレーシア コタキナバル アジア旅行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です