お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

アジア旅行28日目:ヒマラヤトレッキングDay2[スタート]

スポンサードリンク

Pocket

3月6日

 

曇り。結構冷えてる。

今いるのはネパール西部の街ポカラ。

 

朝ご飯は洋風。

 

マサラティーが美味しい。

2杯も飲んじゃった。

 

 

さて、

いよいよ今日からネパールの山に入ります。

 

登山口に行くまでのタクシーから、

雲が少し晴れて7000メートル級の山が見えました。

 

 

森林限界を悠々と越え、雪を被りつつも黒い岩肌が見え隠れするその山の姿に否が応でもテンションが上がります。

 

 

登山口にあたるナヤプールという街に着きました。

 

お店がいくつかあり、そこで出発前のミルクティー。

 

ネパール人は本当にミルクティーが大好きです。
しかも激甘の。

ネパール人が「お茶でもするか?」って誘ってきたら絶対ミルクティーが出てきます。
激甘の。

 

お店にいた子ども、ポリニティーちゃんとしばらく遊んでから出発です。

IMG_2876

3歳で幼稚園に通っているそうです。

ポリニティーって名前、可愛いですね。

 

 

9時

 

出発です。

 

出発記念にガイドのサンタさんとパシャ。

IMG_2879

初めの方は車も通れる道を歩き続けます。

車の乗り方がワイルド(笑)

IMG_2888
車だけじゃなく、ロバ達も通ります。

IMG_2890

車の通れない山道では未だにロバや馬が大活躍です。

ニワトリ達もそこら中で放し飼いされてます。

IMG_2887

そして、やっぱ荷物重い(笑)

 

まだ平坦な道を歩いているだけなのに肩にずっしり重みがのしかかってきます。

 

最初の3時間くらいは山あいの景色が日本と似てると思いました。

 

山あいに川が流れて、田んぼや畑が点々と、、、

 

 

 

12時

 

 

ランチです。

ランチはダルバートというネパールの料理。

 

山小屋の料理でこのダルバートという料理だけはおかわりができるそうで、

山を行くネパール人たちにとってエネルギー補給源なんだそうです。

 

ぼくもそんな気分を味わいたくて、

そして単純にお腹が空いていたというのもあって

ダルバートを注文しました。

 

はい、辛い。笑

 

 

ダルというのは豆のスープでこれは辛くないのですが、

 

付け合わせのジャガイモ炒めと鶏肉のカレー、漬物が激辛。

 

サンタさんが「全部混ぜて食べるんだよ」っていうからやってみたけど、

辛いのが広がっただけじゃん。笑

 

サンタさんいわく、
「辛くなかったらおいしくないよ」だそうです。

 

そんな激辛ダルバートですが、この先のトレッキング中もなんどもお世話になることに、、、

 

辛さよりもエネルギー補給を優先した結果です(笑)

 

食後はヒリヒリする口の中が気になりながら

石に座って対岸の山を見てぼーっと癒されました。

IMG_9576

気づいたら30分くらい経ってて、サンタさんが「はい、いくよ」って。

 

 

 

ランチ後

 

ランチ後からの2時間(13時〜15時半)、

今日の宿に向かうために山を一つ登ったんですが、

 

 

めちゃくちゃつらかった。

 

ずっと階段が続いているんですが、

角度がエグくて、、、

 

息も絶え絶えにハァハァ言いながら登りました。

どれくらいつらかったかって言うと、

 

 

その時の写真が1枚もないくらい。

 

 

普段ならこのツラさ伝えるためにあとでブログに載せよって写真撮るんですが、

その時はその余裕がないくらいキツかったみたいで(笑)

 

登ってる最中、どういう理由で引き返そうかってずっと考えてました。笑

 

 

しかも、がっかりポイントがあって

 

その急階段、荷運びのために馬もロバもたくさん通るんですが、

 

彼ら、めっちゃウンコ落としていくんですよ。

まあそれはしょうがないと思いますよ、

ロバや馬に「トイレでしなさい」なんて言えないし、

ぼくは現地の生活の場にお邪魔している身ですから文句は言えません。

 

 

でもね、香りがさ。あの香りがさ。

こっちはさっきも言った通り、急階段をハァハァ言いながら登ってるわけです。

 

息を吐く時の「ハァ」はいいですけど、

 

吸う時の「ハァ」はそりゃあつらいです。

 

肺いっぱいに馬糞臭。

 

息を整えるために深呼吸とかもしてみるけれど、

入ってくるのは馬糞臭。

 

いや〜つらかった。

 

例えるなら牛舎や養鶏場の中でランニングマシンやってる感じかな。

高所トレーニングよりよっぽど効果あるんじゃないかな(笑)

 

 

 

サンタさんのウソ

 

そんな過酷な登り階段を1時間半くらい登ったくらいで、

ガイドのサンタさんに

 

「あとどのくらいかな?太ももつりそうなんだけど」って聞いたら、

 

「あとちょっとです。あの建物だよ」って、上に見える青い山小屋を指しました。

 

あそこならあと15分くらいじゃん!!頑張れる!!

ってプルプル震える足を1歩ずつ踏み出して登りました。

 

そしてしばらくしてさっきサンタさんが指差した建物に着きました。

 

ハァハァ言いながら「ココ?今日ココで泊まる?」って聞いたら、

 

サンタさんケロっとした顔で、

「ココじゃなくてもうちょっと上、あと30分くらい」って。

 

 

うぉいサンタぁ〜ウソだけはつくなや〜笑

 

 

ゴールしたと思って気が抜けたあとの30分の登りはつらいよー?

 

 

しかも雨も降り出してきて、

 

 

雨具着るのもめんどくさくて、

 

 

このまま小屋まで歩いてやろうと思ってたら、

 

 

後ろでサンタがなにやらガサガサしてるから

 

パッて振り向いたら、

 

IMG_3067

 

 

あなたきっと山をナメてやがりますね。

 

 

もう一気に気が抜けて、

なんだか楽しくなってきました。笑

 

 

足は痛いまんまだったけど、後ろで竹棒カンカンやりながら歩いてる人に励まされながら山小屋までなんとか歩ききりました。

 

 

 

山小屋

 

山小屋着いて濡れた身体を即シャワー。

お湯が何より最高です。

 

そのあとのストーブあたりながらのミルクティーがたまりません。

景色も良い

IMG_2895

 

夜ご飯にチャーハンを注文したら

山小屋のお姉さんがハート型のチャーハンにしてくれました。

男2人で山にいるぼくとしてはなかなか嬉しいサービスです笑

IMG_2903
味もめちゃくちゃ美味しかった。

 

 

サンタさんも料理手伝ってました。

IMG_2897

山小屋では火は薪を使ってます。

ネパールの都市部以外では薪を使うのが普通だそうです。

薪を使いながらも強火とか弱火を使い分けてる山小屋の人たちにはすごく器用で

いいもの見させてもらいました。

 

 

あ、ちなみにぼくのガイド、サンタさんですが

 

歳はぼくの1コ下、25歳です。

 

そしてぼくと同じ長男らしい。

 

妹が3人いるんだと。

 

次男の感じがすごい出てるんだけどな(笑)

IMG_3067

 

そんなこんなでトレッキング1日目が終了しました。

IMG_9572

爆睡警報発令中。

 

今晩の願いはただ一つ。

夜中に足つりませんように。

 

 

次の記事はコチラ↓↓↓

アジア旅行29日目:ヒマラヤトレッキングDay3[登り]




Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です