アジア旅行50日目:21時間の列車移動。のち、コルカタ、人おおぉ!

スポンサードリンク

Pocket

寝台列車でガタンゴトン

 

今この電車はインドの東の街コルカタへ向かってます。

カルカッタと呼んだ方が馴染みがあるのかな?

 

名前が変わったのか、別名としてあるのか、それすらわからないけどコルカタで統一します。

 

線路上に普通に牛が歩いているサトナ駅を出発したのは夕方4時

IMG_4005 IMG_4006

まだ空も明るかった。

今回の列車もグレードでいうと上から2番目の2等ACです。

 

デリーでツアーを予約した時、「列車は全部3等ACだよ」ってサミュエルたち言ってたのに、フタを開けてみれば今回も2等ACでチケット取ってくれたみたい。

 

2等ACと3等ACって倍ぐらい料金違うはずなのに。

 

3回の列車移動中2回も2等ACに乗れちゃってるよ。

 

 

なんか事情があってのことなのかもしれないけど、

サミュエルたち本当にいいやつだな。

 

今回は友だちとぼくの席、2つとも出発前に確保できていて1人1席の快適な移動が約束されてました。

 

でも、いくら1人1席とはいえ、20時間同じ場所っていうのもなかなかつらい(笑)

 

 

座ってみたり寝転がってみたり。

本を読んだり、旅行の写真を見返したり、ブログを書いたり。

寝たり、寝たり、寝たり。

 

いろいろして過ごしました。

 

結局コルカタには1時間半遅れで到着したので、トータル21時間も列車に乗っていたことになります。

 

ぼくの長時間移動レコード、記録更新です。

 

それまでの1位がなんだったのか全く思い当たりませんけど。

 

 

あ、20歳の時に大分県で参加した”100キロウォーク”で100キロ歩ききったのが22時間くらいだったから、時間だけでいったらそれが1位か。

 

はいインドの列車の負け〜笑

 

 

でもサトナ駅からコルカタ駅まで移動距離が約1,000kmだから、それも含めたら1位か。

 

あの列車が21時間で1,000km移動でしょ?

 

100キロウォークは22時間で100km移動だもん。

 

10倍も違うじゃん。

そもそも比べるもんじゃないか。

 

ん〜、もうなんでもいいや(笑)

 

 

てか、あの列車21時間で1,000kmて、時速21km/hってことかいや。

 

50ccの原付バイクですら法定速度30km/hで走れるこのご時世で時速21km/hて

もうちょっと頑張ろうよインド(笑)

 

 

まあ線路に牛がいたらどくまで止まってなきゃいけないからしょうがないか。

 

ヒンドゥー教のインドとネパール、牛を殺しちゃったら人間殺すよりも重い罪が待ってるらしいから

そら運転手も慎重になるわな。

 

 

あ〜、話が逸れちゃったけど、

コルカタ着きました!!

 

 

 

コルカタ、デリーより人多い(憶測)

 

 

コルカタの玄関口になっている駅、ホウラ駅に着きました。

 

21時間、2等ACという静かな車内にいたせいもあって列車降りて駅内を歩いてる時のあの騒がしさ、倒れそうでした(笑)

 

驚きは人の多さ。

IMG_4009
カジュラホみたいな田舎街から来たからギャップありすぎて人酔いしちゃうよ。

 

 

さすが人口世界2位のインディア。

IMG_4013

 

タクシーで宿まで向かう途中も人ばかり。

デリーでもこんなに人いっぱい見なかったよ。

IMG_4011
デリーより人口が多いのか、外を出歩いてる人が多いのか。

でもこれ、ヨーロッパの人が日本に観光に来て東京とか歩いたら感じる気持ちと似てるのかな。

 

 

コルカタのタクシーはなんだかレトロです。

IMG_4014
バスもレトロ。

IMG_4019

物を大切に使うのは良いことだと思います。

窓ガラスがなくたって、扉が開きっぱなしだっていいんです。笑

 

コルカタのローカル路線バスの初乗り運賃は6ルピー(約10円)だそう。

 

ぼくは最後まで乗る機会なかったんですが、電車と同じくバス停のアナウンスなどはないらしく、どのバスに乗るかも番号を知ってないと使いこなせないみたいで、なかなかレベルの高い交通手段のようです。

 

 

 

さて、ぼくがコルカタに来た理由。

 

 

それは1つ。

 

そしてそれはぼくが今回インドに来た理由の2大目的の1つ、

 

 

マザーテレサが残したマザーハウスでボランティアをすること。

 

ぼくはそのためにコルカタに来たのです。

 

 

コルカタに当着した日は昼だったから、ボランティアは明日と明後日の2日間の予定です。

 

 

たった2日間半しかないコルカタ滞在なのに、ボランティアできる日も限られているのに、ぼくはまたインドに苦しめられることになります。あの腹痛に。

 

 

自分のお腹の弱さに凹んでばかりのインド、、、はぁ(笑)

 

 

次の記事はコチラ↓↓↓

アジア旅行51日目:悪夢(腹痛のことです)再び。苦渋の決断。

 




Pocket

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です