日本人はこう思われている!アジアを旅行して印象的だったこと。

アジア旅行 インド ヒガンテ保育士.com

スポンサードリンク

Pocket

 

はじめに

 

ぼくは2016年の初め、1人で60日間のアジア旅行をしました。

今回の記事では、その旅行中に感じたある印象的な出来事について書きたいと思います。

 

 

どの国でも言われたこと

 

アジア旅行では10ヶ国に行きましたが、訪れたすべての国でその国の人に言われたことがあります。

 

それはぼくに向けられた言葉ではありながらも、アジアに住む人々が日本人のことをどう見ているかを示すものでもありました。

 

それを言われたのは、観光地のお土産屋の店員からだったり、泊まった宿の受付の人からだったり、

時にはタクシー運転手から、時には電車でたまたま仲良くなったおじさんから。

 

 

頻繁に言われるわけでもありませんが、それでもそれぞれの国で必ず1回は言われました。

 

 

 

それがこの言葉

 

「お前、日本人なのに英語上手だな」です。

 

 

勘違いされると困るので先に言っておきますが、これ、自分の英語力を自慢したいとかじゃないんです。

 

おそらく今のぼくの英語力は「挨拶」以上「ビジネス」未満の「日常会話+α」くらいだと思います。

 

だから、めちゃくちゃ流暢に喋れるわけではありません。

 

さらに言わせていただくと、この2年間でフィリピンへ語学留学に行き、1年半の間オーストラリアで暮らしながら現地の保育園やカフェで働いたりしました。英語の勉強もたくさんした(と自分では思っている)ので、

もし「お前英語全然喋れないな」って言われたら結構落ち込みます。笑

 

だからぼくが言われた「英語上手だな」という言葉は、ぼくの2年間の必死の英語学習が花咲かせたんだなと思って温かい目で見てやってください(笑)咲いたと言っても四分咲きくらいですが。

 

きっと、僕が言われた「お前、日本人なのに英語上手だな」っていうのは、「上手だな」じゃなくて、「それなりに英語でコミュニケーションが取れるな」って意味だと思います。

アジア旅行 インド ヒガンテ保育士.com

 

「なのに」ってことは。

 

はい、

というわけで今回ぼくがテーマにしたいのは、先ほどの「お前、日本人なのに英語上手だな」の

 

「なのに」です。

 

旅行の最初の頃から不思議だったんです。

ぼくの英語を褒めてくれるなら、「お前英語上手だな」だけでいいじゃないかって。

 

 

でもお土産屋のおばちゃんや宿のタクシーのおじちゃんたちは「日本人なのに」とつける。

ましてそのあとには「日本人は英語が話せない人が多いからコミュニケーションが取れなくて困るよ」と彼らは決まっていう。

 

 

ぼくが訪れたどの国でも、同じこと•似たようなことを必ず1回は言われました。

 

 

 

彼らは日々観光客を相手に商売している人たちで、世界中の旅行者と毎日たくさん関わっているはずです。

 

そんな人たちが「日本人は英語が話せない」と口々に言っている。

 

そうか、あの人たちは日本人のことを英語が全然話せないと思っているんだ!

 

 

 

日本にだって英語が話せる人はたくさんいます。

 

でもそこでぼくが観光地の人たちに「日本人だって英語話せる人はいっぱいいるんだよ」と言ったって、

向こうの人たちからしたら、何かの試合でボロ負け中に、「俺には一発逆転の秘策があるんだからな、見てろよ」って言いながらいつまでも何もしない人と同じです。

 

あの人たちが現実に日々関わってる日本人が、英語でコミュニケーション取れない人ばっかりだったら、「あ、日本人て英語ダメなんだ」って思うのはしょうがない。

 

 

実際問題、ぼくだって、フィリピンやオーストラリアへ行く前は英語なんて全く喋れませんでした。

オーストラリアに着いた初日なんか「ここに行きたいんだけどどう行けばいい?」って英語でなんて言うか分からなくてちょっと泣いたし、ホームステイ先では「トマトが嫌いなんです」ってなかなか言えなくてトマト嫌い克服しちゃったくらいだし。

 

 

その頃の自分のことを思えば、そしてぼくの周りの人たちを思えば、

日本で暮らしながら日常生活で使わない英語を巧みに操れる人って決して大多数ではありません。

 

 

これ、なぜなんでしょうか。

アジア旅行 ベトナム ヒガンテ保育士.com

 

 

思い当たること、、、

 

日本て、たぶんぼくがまだ身長188センチもない小さかった頃(約20年前)から

「これからは国際的な時代だから」とか「今の時代、英語くらいできないと」

って言われていたと思います。

 

もしかしたらもっと前から言われているのかもしれません。

 

 

でも2016年になった今、

アジア諸国の観光地では「日本人は英語が話せない」という評価を受けている。

 

 

 

考えられる理由、

「国際的な時代が来ると言われながらもまだ来てない」や

「英語学習には取り組んでいるけど成果が上がっていない」かなって思います。

 

 

前者の方をもっと詳しく言うと「世界的には国際的な時代にはなっているんだけど、日本はまだそれが日常生活にまで及んでない」のかな、という意味です。

 

仕事によって英語が必要なことはあると思うけど、日本国内にいたらまだまだ日本語だけで十分生活できちゃうもん。むしろ「英語だけしか話せません」て人には日本は住みづらいと思うくらい。

 

 

後者の方は、「成果が上がっていない」というのは厳密には間違いで、中学•高校でやってる英語学習の成果はしっかりあるんだと思います。

大体の人が学校の英語のテストで良い点取って、単語もたくさん覚えてるし、文法とかも知ってるし。そういう成果は上がってる。

 

 

でも、英語でも日本語でもそうだけど、

言語ってコミュニケーションをとるためのものだから実際に使えないと意味がない。

 

 

ボタン100個ついたリモコン持ってても、どのボタンがなんの役目なのか分からなったら意味ないし使えないし。だったら、使い方のわかる10個のボタンがついたリモコンの方がよっぽどいいとぼくは思います。

 

 

そして、ぼく自身が24歳から本格的に英語を勉強し始めて思ったのが、

英語は喋らなかったら喋れるようにならない。ということ。

 

 

最初はカタコトでも、単語並べるだけでもいいから

とにかく自分が口に出してしゃべることが大事だと思います。

 

 

ぼくも渡豪直後は「おっしゃー、英語喋れるようになったるでー!!」って言いながら、テキストとノート広げて単語や文法をたくさん覚えるようにしました。

 

でも実際にオーストラリア人の輪の中に入ったらなーんにもわからない(笑)

質問されてもまず聞き取れないからなーんにも答えられない(笑)

 

で、そんなぼくの英語学習で一番効果的だったのが「オーストラリア人(もしくは英語を話してる人たち)の輪の中に入って、とにかく話すこと」でした。

 

言語を使えるようになる方法ならそれが一番だと思います。もちろん知らない単語を覚えたり、わからない文法を知ることも大切ですけどね。

 

 

はい、ちょっと話がずれましたが、

何を言いたいのかというと、

「日本には英語が身近にないという点で、英語を学びにくい環境ってことです。

 

先に挙げた、「国際的な時代が来ると言われながらもまだ来てない」と「英語学習には取り組んでいるけど成果が上がっていない」のどちらも、

 

結局、「身近に英語を話す環境がない」ということが共通して言えることだと思います。

 

だから英語が話せるよになりたければ英語が身近にある場所で生活することが最善の策じゃないでしょうか。

 

また、英語に興味がなかったら、わざわざ英語を勉強しなくたって他にやりたいことに力を注げばいいんじゃないでしょうか。

 

ぼくは海外の保育園で働いてみたかったから英語を勉強しましたが、そんなことを思わなければ今も英語なんてはるか遠くにあるコミュニケーション手段だったはずです。

 

海外に行くのなら話せるに越したことはない英語、でも不必要な人にはなくても生活できちゃう英語、

英語に対する考え方も人それぞれだと思うので、とにかく自分の思いのままに生きることが1番の幸せなんじゃないですかね〜

アジア旅行 カンボジア ヒガンテ保育士.com

 

 

さいごに

 

今回もすこぶるまとまりのない記事になっていますが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

「結局何が言いたいの?」って思われた方も多いと思います(笑)

ぼく自身も右往左往しながら書いていますので。

 

 

まあ、確実に伝えたいのは「こんなことがありました」という事実。

 

今回の記事で言えば「アジア諸国の観光地で働く人たちから、日本人は英語が話せないと思われている」という事実がお伝えできれば満足です。

アジア旅行 インド ヒガンテ保育士.com

 

 

おまけに

 

アジア旅行中、さまざまな場所で「日本人は英語が喋れないからコミュニケーションが取れなくて困る」という話を聞いてきましたが、

 

もう一つ印象的だったことがあって、

 

それは、「どの観光地や街でも、現地の人は日本人が大好き」だということ。

 

理由を聞いたら、「日本人は優しい」「いつも笑顔だ」「愛想がいい」、、、って次々に出てきます。

 

こういうところは日本人として誇らしいし、自分もそういう日本人でありたいと改めて思いました。

 

 

まあ、もうちょっと深いところまで聞いてくと、「チップが高額」「日本人は商品を勧めても断らない」「高く買ってくれる」なんて理由も出てきたりもしますが、、、笑

 

 

とにかく、

日本人のことを「英語が話せない」と言う彼らですが、日本人のこと大好きです。笑



Pocket

スポンサードリンク

アジア旅行 インド ヒガンテ保育士.com

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です