※お知らせ※

現在、ブログ引越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。

新しいブログの公開まで、ご迷惑をおかけします。

世界の現実。5歳の子どもが働いている国もある

カンボジア 子ども 仕事

スポンサードリンク

Pocket

2ヶ月の間にアジアの国々を10ヶ国ほど旅行して、日本との違いをいくつも感じました。

 

日本との違いももちろんあるけれど、それぞれの国ごとだって違いがあります。

違う歴史があって、違う文化があって、違う経済状況があって。

 

そんな中で、ぼくが考えさせられたことの一つが「働く子どもたち」です。




 

主に観光地に多かったのですが、まだ小学生くらいの子どもたちがカゴを抱えて土産物を売っていたり、お土産用の写真を手に「1枚買わない?」って表情をしながら手を出してきます。

 

カンボジア 子ども 仕事

 

こうやって働いている子は、自分のお小遣い稼ぎのために働いているわけではありません。

両親に言われて、家計の足しにするために働いています。

国や子どもの家庭環境によっても様々ですが、毎日学校が終わってから働いている子どももいれば学校に行けていない子どももたくさんいるようです。

 

 

驚いたのは、観光地で働く子どもたちは決まって「コンニチハ」「ホシイ?」「ヤスイ」などの日本語を喋れること。1から5くらいまでなら日本語で数えることもできます。

さすが子どもの柔軟な脳です。毎日観光客相手に商売をしていて覚えたんでしょうね。日本語の他に韓国語や中国語で同じことを言える子どももたくさんいました。

 

 

今回の旅行中にぼくが出会った物売りの子どもで1番幼かった子はカンボジアで出会った5歳の女の子です。

彼女は観光地へ向かう道路の脇に1人で座ってブレスレットを売っていました。

カンボジア 子ども 仕事

近くに親がいるのかなと思ったけど、周りには誰もおらずその子はホントに一人でした。この子は英語が喋れなかったので「お母さんは?」って聞いても首を横に振るだけで、その場を離れているだけなのか、違う場所で観光客相手に商売をしているのか、そもそもいないのか、わかりませんでした。

 

それにしても5歳といえば、ぼくが保育園で働いていたときに担任していた子どもたちと同じ年齢です。

日本では大人に保護されながら、栄養バランスの取れた食事、発達を考慮して用意された活動を受け取る年齢。

 

カンボジアでその女の子を見たとき、日本とカンボジアのあまりの違いに驚くとともに、「日本の子どもは恵まれてるなあ」って改めて感じました。

 

 

 

日本の5歳の子どもが「これ食べたくない」「あれやだ」「ゲームやりたい」「テレビ見たい」と言ってる時に、

カンボジアでは同じ年齢の子どもが観光客相手に「これ買いませんか?」と声をかけ、何度も何度も断られています。

 

そういう現実が世界にはある。

 

 

ぼくが言いたいのは「じゃあそういう子どもたちのために何かしよう」ということじゃなくて、

そういう現実があることだけでも頭の片隅に置いておくと、親や子どもと関わる仕事をしている人の、「目の前にいる子どもの見方•接し方」が少し変わるんじゃないかってことです。

 

生まれる国が違って、育つ環境が違うのはしょうがないことです。でも、それはどっちかが偉い偉くないの上下関係ではなくて、「人間」ていうレベルで見ればみんな平等なはずです。

 

 

「日本で生まれて育ったから偉い」「発展途上国で育った人間は自分より下」

そんな思いを持って育たないように、周りにいる大人が「[差]ではなく[違い]であること。そこに上下はないこと。」を伝えていくことが大切なんだと思います。

 

 

そしてもっと大切なのは、これはぼくの保育士としての目標の一つなんですが、そういうことを「自分で考える力」を子どもが獲得するための保育•教育をすることだと思っています。

インド 子ども 仕事

 

 

また、それぞれの国で物売りをする子どもを見てぼくが不安に思ったのは子どもに与える人格形成への影響

物を売っていれば、売れることもあれば断られることもあります。いくら子どもといえど、断られることは多いと思うんです。

 

その時に子どもがどう感じるか。

 

例えば営業職をしている大人であっても、売り込んで断られたら凹むと思うんです。慣れてくるのかもしれないけど、それでもやっぱり売れた時よりも売れなかった時の方が落ち込むと思います。

そんな時、大人なら、断られたのは仕事上の話であって「自分の生活や人格までの全てが否定されている」とまでは考えないでしょう。

 

 

でも、それが小学生くらいの子どもだったらどうでしょう。

まだ精神的にも発達途中の子どもが品物を売ろうと観光客相手に毎日毎日声をかけ、それが何度も何度も断わられ続けたら。

きっと断られることには慣れてくるのだと思います。ただ同時に、その子の心にはたくさんの「否定されている気持ち」が育ってくるんじゃないかと思うんです。

 

 

品物を売ろうと声をかけても「いらないよ」「あっちに行きなさい」と毎日言われ続けたら絶対悲しいもんね。

子どもによっては、「自分自身の存在を否定されてる」と無意識的に感じて成長していくこともあるんじゃないでしょうか。

 

観光客の大人は「商品がいらない」という意味で子どもに「いらないよ」と言いますが

1日にたくさんの大人から同じことを言われている子どもは、「あれ、これって自分の存在がいらないってことなのか」と無意識に感じてしまうんじゃないかって。

 

「大人は冷たい存在なんだ」「大人は自分を否定してくる存在だ」という概念を形成しながら育った子どもはどんな大人へと成長するのでしょう?

 

 


海外に出かけて、楽しいこともたくさん待っていましたが、今までの生活や常識を考えさせられるような出来事にもたくさん出会いました。

日本で生活していたらテレビの中でしかない出来事が、もしくはテレビの中にすら出てこない出来事が目の前にくると否が応でもたくさんのことを感じます。それをどう捉えるかはその人次第ですが、まずはそれを「直接感じること」が大切なのかなって思います。

 

 

物売りの子どもたちも話せばどこにでもいる普通の子どもたちと同じ一面を持っています。

 

ぼくはそういう子どもが寄ってきた時、買う気は全然ないんだけど「あっちいけ」とかはさすがに言えなかったので、「名前は?」「何歳なの?」「兄弟はいる?」「普段何して遊んでるの?」と世間話をするようにしてました。そうすると英語が話せない子どもでも一生懸命伝えようとしてくれます。

で、話しながら歩いていると、子どもたちにも持ち場があるらしく、ある程度離れると「バイバーイ」って手を振って自分から去っていきます。その時の子どもたちの笑顔は、日本やオーストラリアで見る子どもたちの笑顔と変わりない「素敵な子どもの笑顔」でした。

 

「世界平和」みたいなことを堂々と掲げて活動するつもりは今の所ありませんが、

どの国にいても子どもの笑顔はいいもんです。

コタキナバル 子ども

 




Pocket

スポンサードリンク

カンボジア 子ども 仕事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です