「物事に一生懸命取り組む子ども」はこうしたら育つのでは、、、

雪の結晶

スポンサードリンク

Pocket

はじめに

子育て中の親御さんは毎日カワイイ我が子と関わる中で、「こんな子になってほしいな」という理想がそれぞれおあるかと思います。

ただ、理想はあるけれど実際問題、子育てするのなんて初めてだし、日々の生活のことが精一杯でそんなことゆっくり考える余裕なんてないよ〜なんていう方も多いんじゃないでしょうか。

そんな中、理想の子どもの姿の1つに「物事に一生懸命取り組む子」をあげる方も多いと思います。

今回は保育士のぼくが考える「物事に一生懸命取り組む子」に育てるには子どもとどう関わったらいいかについて書いてみようと思います。

 

 

一生懸命とは

まず、「一生懸命取り組む」ことがどういうことか考えてみます。

一生懸命という言葉を辞書で調べると、

 

【意味】一生懸命とは全力を挙げて物事をするさま。命懸けで物事をするさま。©言語由来辞典

 

とあります。

 

言い換えるとどんな言葉が当てはまるでしょうか?

真面目?誠実?

いろいろあると思いますがここでは「集中して、しかも継続して物事に取り組むことができる」としようと思います。

 

短時間でも集中して何かに取り組めればそれは一生懸命やっているということ。

毎日でも毎週でも毎月でもいいけど、継続して取り組めているならそれも一生懸命やっているということ。

 

そういう意味での一生懸命。

 

ではどうしたら「物事に一生懸命取り組める子」に育ってくれるのでしょうか。

ぼくが思うにそのポイントは2つです。

雪の結晶

 

興味や関心

ポイントの1つ目が興味や関心です。

誰だって「好きなこと」と「嫌いなこと」のどちらかを選ばなきゃいけないとしたら「好きな方」を選ぶでしょう。

 

もしも子どもが、

勉強が嫌いで野球が好きだったら野球をやりたいというでしょうし、

野球が嫌いでピアノが好きだったら、ピアノをやりたいというでしょうし

ピアノが嫌いで絵を描くことが好きだったら、絵を描きたいというでしょう。

絵を描くことが嫌いで歴史を覚えることが好きだったら、、、、

というように、子どもでも大人でも、好きなことなら自ら意欲的に取り組みたいと思うはずです。

 

そして子どもが口にする「好きなこと」と「嫌いなこと」の違いって、受け取り方を変えると「興味や関心があるかないか」です。

 

子どもたちは勉強に興味がないから取り組みたくなくて、ピアノに興味がないから取り組みたくないと思うのでしょう。

 

大人でも、釣りに興味がないのに釣りをしていても長続きしないでしょうし、

裁縫に興味がないのにやらなきゃいけないのは苦痛になるでしょう。

 

というわけで結論、子どもが何か物事に一生懸命取り組むようになるには「興味•関心」を持つことが大事だと考えられるわけです。

 

そういう意味で考えれば、小学生くらいの子どもを持つ親御さんが「うちの子、全然一生懸命に取り組めなくてね」っていうのはもしかしたら、

「うちの子、(私が一生懸命に取り組んで欲しいと思っていることに)全然一生懸命に取り組めなくてね」なんていう意味が込められているのかもしれませんね。

それは例えば勉強だったり、ピアノだったり水泳だったりといった習い事だったり。

 

きっとそう言われている側のお子さんは、テレビを見ることが大好きだったり、ゲームが大好きだったり、外で遊ぶことが大好きだったり、絵を描くことが大好きだったりと、何かしら(自分の興味のあること)には一生懸命に取り組んでいるんじゃないでしょうか。

 

つまり、「物事に一生懸命に取り組めない子ども」なのではなくて、

「本当は一生懸命に取り組んで欲しいことなのに、一生懸命に取り組んでいない」という部分が大人には引っかかってしまうのかなって思います。

 

そこでポイントの2つ目です。

どうすれば子どもは、一生懸命に取り組んで欲しいことに一生懸命取り組んでくれるようになるのか。

富士山

 

大人の存在

 

ここで重要になるのは、その子どもの周りにいる大人(親や祖父母、先生など)の存在だと思います。

 

昔から言われているこんな言葉をご存知でしょうか。

子どもは大人の言う通りには育たないが、大人のするように育つ。

 

これってつまり、大人の口じゃなくて背中を見て育つってことですね。

 

「子は親の鏡」とも言いますが、

子どもは大人が言うことは全然聞かないのに、大人がすることはしっかり真似します。

 

そう考えれば、大人が興味持っていないことに子どもが興味持つのって結構ギャンブルだと思うんですよね。

子どもが一人でに「勉強が面白い」って興味持ってくれたら万々歳なのかもしれないけれど、家でテレビ見てゴロゴロしてるお父さんやドラマ見ながらスマホをいじるお母さんを見ていたら、

子どもだって

「お父さんがあんなに毎日見るんだからテレビって面白いのかな」

「お母さんがあんなに触ってるんだからスマホって面白いのかな」ってそっちに興味持っちゃいますよね。

 

それなのに「勉強しなさい!」「ゲームばっかりするんじゃないの!」って言われても、、、ねぇ(笑)

 

子どもが勉強とか習い事に一生懸命にならないのはもしかしたら、

ぼくには言うけど「お母さん家で勉強してないじゃん」

私には言うのに「お父さんテレビばっかり見てるじゃん」なんて思いもあるのかもしれません。

 

だから一番良いのは、「勉強しなさい!」「習い事に行きなさい!」って口で言うことじゃなくて

子どもと一緒に勉強してみたり、興味のあること調べたり勉強してみたり、「今日は一緒にランニングでもするか」って子どもと一緒に走ってみたり、

それを楽しんでる姿を子どもに見せてあげることなんじゃないかと思います。

 

難しいのは、「大人がそれを楽しんでる姿を見せる」ということで、

「子どもに取り組んで欲しいからしょうがなくやってる姿を見せる」だと子どもは気付いちゃうんですよね、「あ、なんか楽しそうじゃない!」って(笑)

川

 

さいごに

 

子育てって本当に難しいと思います。大変だと思います。

でも子どもの笑顔を見たり、成長する姿を見るのって何にも代えがたい価値のあるものだと思います。

 

なかなか上手くいかないことも多いと思いますが、日々悩みながらでも、親と子どもが2人3脚で成長していくことが理想的です。

ぼくは保育士として、そんな家族の役に立てればとても嬉しいです。(ちょっと子どもの味方気味ですが笑)

 

もし子育てのことでお悩み•質問等ありましたら、お問い合わせページからご連絡ください。

質問•ご意見等はこちら

いつでもお待ちしています。

 

 

 

Pocket

スポンサードリンク

雪の結晶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です