お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

『実践!世界一ふざけた夢の叶え方』

スポンサードリンク

Pocket

久しぶりに本を読んでいてビビッとくる内容がありました。

その本の名は『実践!世界一ふざけた夢の叶え方』

実践! 世界一ふざけた夢の叶え方

著者はひすいこたろうさん、菅野一勢さん、柳田厚志さんの共著です。

 

4人がお互いの夢を応援しあった結果、なんとたった一年で夢が叶ってしまった。なぜそんなことが起きたのか、夢を叶えるにはどのように行動したらいいのかが、笑いたっぷりの文章で具体的に書かれています。

 

しかし、この本の中でぼくがビビッときたのは主題である「夢の叶え方」の部分ではなく、本文中にさらーっと書いてあったひすいこたろうさんのコメントの部分です。

 

それは普段ぼくらが何気なく使っている「日本語」の偉大さと素晴らしさについての内容でした。

あんなに短い文で、こんなに感動できるのか!!って衝撃でした(笑)

ぼくのフィルターがかからないように、そのまま引用させていただきます。

 

伊勢神宮は別名、「五十鈴(いすず)の宮」と言われます。五十鈴とは五十音。

あいうえお 

わゐうゑを

 

日本語は「あ」から「わ」にいたる路。つまり、「あわじ」(淡路島)。神話をいまに伝える「古事記」「日本書紀」では、世界で最初に生まれたのが淡路島であると言います。

日本語は、「あ」から「わ」に至る路。

「あ」なたの幸せを、「わ」たしの幸せに結ぶ路。

愛(あい)に始まり、恩(おん)で終わるのが日本語の五十音の世界観なんです。

日本語に、日本人の大切な世界観がすでに内在しているのです。

 

これを読んだ時、久しぶりに鳥肌が立ちました。

うわー日本語すげー!!ひすいさんすげー!!って。

相変わらずいいこと言ってくれます。

はい、というわけで興味が出た方はぜひ。

 

 

ひすいこたろうさんの本は本当にオススメです。

「あなたの物の見方に革命を起こします」という看板を掲げて、素晴らしい本をたくさん書いている方です。

どれでもいいのでぜひ手にとってみてください。ただし、思いがけず人生がガラッと変わってしまうかもしれないのでそこは覚悟して読んで方がいいと思います。笑

 

 

 

 

Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です