なぜ「おかあさん」を「おかあさん」と呼ぶのか知っていますか?

アイキャッチ画像 ヒガンテ保育士

スポンサードリンク

Pocket

 

突然ですが、なぜ日本人は「母親」のことを「おかあさん」、「父親」のことを「おとうさん」と呼ぶのでしょうか?

 

そこにはちゃんと意味があって、理由があります。

 

もちろんその始まりは過去のこと。大昔のことだから本当に正しいかどうかなんて誰にもわかりません。




 

でも、もし、自分の子どもが「ねぇねぇ、なんでお母さんのことお母さんて呼ぶの?」ってあの透き通った瞳をキラキラさせながら聞いてきたら答えられますか?

 

そんな時のために、自分なりの納得した答えは持っていた方がいいと思います。

 

というわけで今回紹介したいのは、境野勝悟(さかいのかつのり)さんの「日本のこころの教育」という本。

日本のこころの教育

 

なぜ「おかあさん」「おとうさん」と呼ぶかについてもそう。

 

「日本人」ってどんな人?という質問についてもそう。

「日本に住んでる人」と答えることが多いかもしれませんが、「じゃあ日本て何?」と聞かれた時にどれだけ説明できるでしょうか。

 

海外では「ジャパン」と呼ばれている国をなぜ日本人は「ニホン(ニッポン)」と呼ぶのでしょうか?その質問に答えらえるでしょうか。

 

 

正解じゃなくてもいいから、親や教育者、保育者が「一つの解答例」を示してあげることで、子どもが「考える力」を養うきっかけになり成長していくはずです。

 

そのためにはまず、親や教育者、保育者自身が考え、「こういう考え方もあるんだよ」ということを示してあげることが大切なんじゃないでしょうか?

 

 

ちなみに、なぜ父親のことを「お父さん」と呼ぶのか。

 

「おとうさん」は昔、「とうと」と呼ばれていたそう。

 

昔の女性たちは思いました。

夫は、自分や子どものために一生懸命外へ働きに出て、生活の糧を持ってきてくれる。今で言えばお金ですね。

そして、悪い奴ら乱暴な奴らが来ると立ち向かって追い払ってくれる存在。

「あぁ、夫はなんて尊(とうと)い存在なんだろう」と。

 

その「尊(とうと)」から、夫のことを「とうと」と呼ぶようになったそうです。

古い時代をテーマにした映画の中で父親を「トト」とか「トトさま」と呼ぶのはその名残り。

そして時代が少し変わり、「おとさん」や「おっとさん」と呼ぶようになり、今の「おとうさん」へと続いてきた。らしい。

 

ここで出てくる「と」はすべて「尊い」と意味なんですね。

 

家族のために毎日頑張ってくれる「おとうさん」、怖いこと大変なことから守ってくれる「おとうさん」、そんな頼りになる存在である「おとうさん」を敬う気持ちが含まれていたんです。

 

なんてことを子どもに話せたら、「おお、おとうさんてすごいんだ、かっこいいんだ」って父親への眼差しが変わるんじゃないでしょうか。

 

そういう意味があるってことを知るだけで、言葉に込める気持ちが変わってくるんじゃないでしょうか。

 

もちろん、過去のことだから本当のことはわからない。いあわゆる「諸説あります」ってやつです。

 

でもその中で自分が納得して信じていける考え方を持つことが大切だと思います。

 

 

じゃあ今度は、「こんにちは」と「さようなら」です。

 

なぜ日本人は人と会ったときに「こんにちは」というのでしょう?

なぜ別れ際に「さようなら」というのでしょうか?

 

 

みんな言ってるから。そう教えられたから。なんて理由だけじゃちょっと寂しくありませんかね。

 

実際ぼくも、今日紹介する「日本のこころの教育」を読むまで全然知りませんでした。というより考えたこともなかったです。

 

言葉、特に日常生活で使う言葉にはちゃんと意味が込められています。それは大昔から現在に至るまでにぼくたちの大先輩である日本人たちが考え、使いやすく洗練してくれた言葉です。

 

そういう言葉の意味を知り、昔の日本人たちが何を考えていたのか、何を大切にしていたのかに興味を持ち、

そして自分たちも同じ「日本人」であることを改めて意識しなきゃなって思います。

 

 

なぜぼくがこんなことを言うかというと、

 

一つは自分が保育士だということ。子どもと関わる中で、子どもが持つ疑問には一つでも多く答えられるようにしてあげたい、一緒に考えてあげたいと日ごろから思っているので、「自分なりの回答」を持つことが大切だと思うんです。

 

そして、もう一つの理由はワーホリでオーストラリア行って生活していた時に、海外の人に「オカアサン」「オトウサン」「コンニチハ」の意味をちゃんと説明できなかったから。

海外の人は「コンニ〜チハ〜」とか「アリガ〜ト〜ゴザイマス」って日本語にすごく興味を持ってくれます。でも言葉を教えることはできても、その意味まで説明できなかった。それが悔しかった。

 

というような理由があって、本を読み、少しずつですが勉強するようになったのです。

 

なぜ「母親」を「おかあさん」と呼ぶのか。

なぜ「こんにちは」と言って会い、「さようなら」と言って別れるのか。

なぜ「日本」を「日本」と呼ぶのか。

 

 

その言葉の根底には日本人が昔から大切にしてきた思いが流れています。

 

その意味を知ることで、自分たちが日本人であること、自分の国に誇りを持てるようになるんじゃないでしょうか。

 

この本は、子育てをしている「おとうさん」「おかあさん」、子どもと関わる仕事をしている方、教育者の方には絶対に読んで欲しい1冊です。

 

 




Pocket

スポンサードリンク

アイキャッチ画像 ヒガンテ保育士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です