お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

子育てするなら、尾木ママの本はオススメです。

尾木ママの叱らない子育て論

スポンサードリンク

Pocket

 

どうも、今日も元気なヒガンテです。

 

今回は誰もが知ってる強烈キャラ、尾木ママの本をいくつか紹介しようと思います。

尾木ママは約22年間、東京都の公立中学校などの教師として子どもを主役としたユニークで創造的な教育実践を展開し、現在は大学教授や臨床教育研究所「虹」を主宰するなど、子育てと教育の調査•研究に取り組まれています。

フジテレビの「ホンマでっか!?TV」に出演するようになって知名度がものすごく上がりましたね。

尾木ママの教育観はものすごく共感できるところが多く、ぼくも保育士として子どもと関わる上でとても参考にさせてもらっています。

オススメ本をいくつか紹介しますので、どれでもいいのでまずは1冊読んでみてください。自分の子育てに自信がない方、子育てに悩んでいる方、もっと良い子育てがあるのではないかとお探しの方にオススメです。

 

尾木ママの「叱らない」子育て論

尾木ママの「叱らない」子育て論

 

これは尾木ママの代表作なのではないかと思います。

叱りたいわけじゃないのに子ども関わっているとどうしても怒れてくる。

子どもが思い通りになってくれない。

いつも笑いながら楽しく子育てがしたい!!

誰もが抱えるこの悩みに、尾木ママ流の子育て方法が書かれています。

この本は、ぼくが一番最初に買った尾木ママの本ですが、4年ほど経った今でも未だに読み返すことがあります。尾木ママ独特の語り口で書かれているのですごく読みやすのがポイント高いと思います。

 

 

尾木ママの育児ってじつはカンタンよ!

尾木ママの育児ってじつはカンタンよ!

 

これは尾木ママが書いた初めての0~3才ママ向けのお悩み相談本です。

よく言われますが、初めての赤ちゃんが0才ということは、そのお母さんだってお母さんとして0才です。分からないことがあって当然だし、不安な気持ちをたくさん抱えることもしょうがないはず。

そんなお母さんたちに向けて尾木ママが書いたのがこの本。

雑誌の人気連載をベースに、多くのママたちが日頃から頭を悩ませている50問悩みに、尾木ママが優しく&ズバッと答えてくれます。

日々の子育ての中で「なんでいつもこうなの!?」「どうしてこんなに大変なの!?」「もう分からない!!」と思っていることも、

この本を読めば、「あ、そうだったんだ」「なんだそんなことか。」「同じことで悩んでたのは自分だけじゃないんだ」と、子育てに明るくなると思います。

 

 

尾木ママ流 自然教育論

本物の学力・人間力がつく最高の子育て 尾木ママ流 自然教育論

自然が大好きな尾木ママが薦める、自然教育についての本です。

個人的にはぼくはこの本が一番好きです。

なぜなら、ぼくも自然が大好きで、子どもを育てるなら自然の中で!という強い思いを持っているからです。

現代の子どもどれくらい運動不足か、現代の子どもがどれくらいゲームなどのバーチャルな世界に依存しているか、どれくらい偏った食生活をしているのか、どれくらい自然体験が少ないか。

この先の日本はどうなっていくんだろうと危機さえ感じる昨今です。

自然の中で生活することで性格も体力も精神力も全てが良くなるわけじゃないと思いますが、それでも多くの面で「良くなる!」と思います。

 

ということを漠然と言っても信頼性に欠けてしまうのですが、この本の中で尾木ママはそこをちゃんと調査•研究し、数字で表してくれます。証拠があるから納得しやすい。

この本を読むと「今週末、自然の豊かな所に行こうかしら。」と思えると思います。

もしくはあまりの子どもたちが直面している環境の問題に気づき、「今週末自然の豊かな所へ行かなければ!!」と意気込んじゃう方もいるかもしれません。焦る必要はないと思いますが、現実を知り、その上で自分がどのような子育てをしていきたいかを考えるきっかけになる良い本だと思います。

 

 

 

取り残される日本の教育 わが子のために親が知っておくべきこと

取り残される日本の教育 わが子のために親が知っておくべきこと (講談社+α新書)

 

これは先月発売されたばかりの尾木ママの最新刊です。

ぼくもまだ読んでいないのでこれから読もうと思いますが、本の内容紹介を読む限り、「現代の子どもたちにどう関わればいいのか、どうのような教育が必要なのか」がわかる1冊なのではないかと思います。

歴史を見てみると、どの時代の大人たちも「子どもに幸せになって欲しい!」と願って生きてきたことがわかります。武将になることが幸せだった時代もあれば、軍人になることが幸せだった時代もあります。毎日食事が食べれる生活を手に入れることが幸せだった時代があり、「良い大学」「大きい会社」に入ることが幸せだった時代もあります。

では、今の時代には何を教えることが「子どもたちの幸せ」につながるのか。

この本を通してそんなことを考えることができるのかなって思います。(まだ読んでないですが笑)

読んだらまた記事にしようと思います。興味が出た方はぜひ手にとってみてください。

 

Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

尾木ママの叱らない子育て論

1 個のコメント

  • 突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
    書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

    貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

    本が好き!:http://www.honzuki.jp/

    こちらのサイトでは、選ばれたレビューアの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

    1.会員登録 
     こちらのフォームよりご登録ください。
     http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
    2.書評投稿
     書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
    3.ご報告
     貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
     http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

    名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

    よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です