お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

『女性を宇宙は最初に作った』

スポンサードリンク

Pocket

 

久しぶりに「へぇ〜」と「ほぉ〜」が続く本に出会いました。

先日参加した喜多川泰さんの講演会で教えていただきました。

 

理学博士の佐治晴夫(サジハルオ)さんの『女性を宇宙は最初につくった』です。

女性を宇宙は最初につくった

佐治さんは東京大学卒、元NASAの客員研究員の方で、宇宙創生理論や「ゆらぎ」研究の第一人者であり、鈴鹿短期大学名誉学長を務める傍ら、ピアノやパイプオルガンを自ら弾いて全国の学校で特別授業を行っている方です。

 

この世は女性が先に誕生した??

素朴な疑問ですが「女性と男性はどちらが先に誕生したのか」について考えたことがあるでしょうか?

ぼくには、どれくらい歴史をさかのぼればいいのかすら見当もつきません(笑)

 

本書の中には「男性と女性と、どちらがこの世に先に誕生したのか」が書かれています。タイトルにもある通り、佐治さんは「女性の方が先に誕生した」と述べています。

なぜ?何を根拠に?というのは本書を読んでいただくとして、ぼくが衝撃的だったのは生命の誕生について書かれていた部分です。

太陽系の中で地球が生まれたのは、今から46億年前だと考えられていますが、その地球上に生命が誕生したのは、およそ今から40億年前、しかし生命が誕生してからの10億年は、すべての生物は単一の性で、あらゆるものがメスだった、ということがわかっています。

どうやら、オス、メス、つまり男性、女性という性が生まれたのは、そのずっと後のことだったようです。

これを読んだ時、「エ!?そうなの!!??じゃあオスはいつできたの?もともと必要なかった存在なの!?」と「?」がたくさん浮かびました。

 

その答えについても、本には書いてあります。どのような背景でオス、男性が誕生したと考えられるのか。

読み進めていくうちに、ものすごく納得できました。

 

ただ、本書にもしっかり書いてありますが、これは「女性が先に誕生したから偉い!!」といった男女差別を助長するようなことを述べているわけではありません。本文にも、

この題名だけを見ると、いかにも、女性礼賛の本であるかのような印象をお持ちになった方もいらっしゃるかもしれませんが、内容は、あくまでも、男性と女性、両性あっての人間という中立の立場から、両者は、多大に補い合う存在であることを、いろいろな場面からお話ししてきたつもりです。

とあります。

 

話題が壮大

この本を読んでいて感じたのは、「話題が基本的に壮大」だということです。

 

遺伝子。宇宙。天体。時空。音。光。などなど

理科、科学の内容が盛りだくさんなのですが、不思議と読みにくさがないんですよね。

「女性のための宇宙講座」が本書の誕生のきっかけになっているそうなので、女性でも読みやすい宇宙の本とでも言えると思います。

 

NASAの客員研究員を務めるような人はこういうことを考えているのかっていう不思議な感覚にはなります。笑

 

ぼくがこの本を読んで気になった部分を箇条書きで出すと、

『月がなければこの世に音楽は生まれなかった』

『人間はチクワ』

『人間はチンパンジー社会へ向かっている?』

『人間は、地球上に存在する4500種あまりの哺乳類のうち、唯一、「教育されなければならない」種である』などです。

 

人間はチクワ、人間はチンパンジー社会へ向かっていると言われると、バカにされたような感じがして「ムッ」としてしまいそうになりますが、本を読めば「その通りだな」と思える根拠が書いてあり、納得できることばかりです。

 

本を読み終えた今なら、「はい!ぼくはチクワと同じです!!」と言えるし、

「ぼくはチンパンジー社会に向かわない自信があります!!」と言い切れます。

 

人は優秀なので、自分の思考能力だけで答えを出すことも出来ますが、何十年もかけて、仕事としてそのことをド真剣に考えてきた人がいるので、1つの考え方として知っておくことは必ずどこかで役に立つと思います。

 

おわりに、こんな内容もあったので興味深かったので引用しておきたいと思います。

最近の脳科学の研究によれば、恋する男女の脳を調べてみると、その活性化している部位が違うのだそうです。男性は、視覚を司る分野であり、女性は記憶に関わる分野です。それは、男性は、女性の体型などから子育てに適しているかを見極めるための視覚を、女性は、子育ての支援をしてくれそうな男性であるかどうか、いずれも、過去の記憶をたどりながら見極める、という必要性からの結果なのだそうです。

 

こういうことも、知っておくと、ほら、どこかで、役に立ちそうじゃないですか?笑

こちらも面白そうです↓↓↓

 

Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です