お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

「いつかやる」。あなたの「いつか」はいつですか?

アイキャッチ画像 ヒガンテ保育士

スポンサードリンク

Pocket

こんばんは。

 

ヒガンテ保育士です。

 

タイトルのこれ、

 

「いつかやる」。あなたの「いつか」はいつですか?

 

って言葉、

一瞬でも「やりたいのに先延ばしにしてることあるかな」って考えませんでしたか?




 

 

ぼくはこの言葉を見たとき、

「先延ばしにしてることいっぱいある〜!!」ってすごく共感しました!

 

 

共感するだけじゃなくてさっさとやれよって話なんですけどね(笑)

 

この言葉、俳句と同じリズムっていうのも言いやすくていいですよね。

ふとした時に思い出しそう。

 

 

「いつかやる」

あなたの「いつか」は

いつですか?

 

 

 

この言葉は、

ひすいこたろうさんの『あした死ぬかもよ?人生最後の日に笑って死ねる27の質問』に載ってました。27の質問の中の1つです。

 

あした死ぬかもよ?

 

この本は、

ワーキングホリデーでオーストラリアに住んでた時に知り合った日本人の友だちに教えてもらったんですが、

 

ナンテコッタ。

なんて面白くて読みやすい本なんでしょう!!!

 

 

今までも「人生をどう生きるか」みたいな本はいくつも読んだことありますが、

 

稲盛和夫さんの『生き方』とか、

生き方

 

 

執行草舟さんの『生くる』とか、

生くる

 

すごーく良い本で、大切だなーってことがいっぱい書いてあるんだけど、

まー読みにくい。

 

本を読みなれてない人だと、きっと10分くらいでパタッて閉じたくなってしまいます。笑

 

 

でも、この前紹介してもらったひすいこたろうさんの本は全然そんなことなかったんです!!

 

 

もう感動モン。

わかりやすさと読みやすさで。

 

 

タイトルにあるように27の質問がそれぞれ読み切りになっているので、

ブログを読む感覚でちょっとした時間に読み進めていけます。

 

ただ、

人生を考える本なので、ただ読み流すよりはしっかり時間をとって読む方がいいかなって思います。

 

この本の中で、ぼくが一番心に残った質問が

記事のタイトルにもした

 

「いつかやる」。あなたの「いつか」はいつですか?」

 

です。

 

 

 

江戸時代の平均寿命を調べてみると、38歳前後だった。

縄文時代の人は平均寿命が31歳くらいだった。

 

今のご時世で、31歳で亡くなったら、早死で不幸だと言われます。

だとするなら、縄文人はみな不幸だったのか?

もっと言うなら、セミの寿命は地上に出てから1週間程度です。

1週間で死んでしまうセミは不幸なのか?

 

この世界のただひとつの真実は、「生まれたら死ぬ」ということです。

だから、死が不幸ではない。

 

もし、死がなければ、今日やるべきことはすべて明日にまわされることでしょう。

そして、明日になれば、またダラダラ明後日にまわされることでしょう。

すべては、いつかやるべきことになり、そのいつかは永遠に来ない。

 

夏休みの宿題が終わるのは、いつだって8月31日でしたよね?

締め切りがなければ、宿題もやりませんでしたよね?

 

例えば、「アラスカにオーロラを見に行きたい」と思っていても、「いつか行ければいい」なんて思いのまま、10年、20年と過ぎていくのが普通の人生です。

 

あなたのその生き方、あと何年生きるつもりの生き方ですか?

 

締切日を自らもうけることで、夢を引き寄せることができます。

 

明日死ぬかもしれないのだから、

行きたいところ、やりたいこと、

言いたいこと、「いつもありがとう」や「大好き」という言葉を

先延ばしにしててはいけないなって思わせてくれました。

 

 

あと面白かったのは、

ある博士の実験の話で、

その博士は、「命(魂)のエネルギーは計れるのでは?」と考えて、

ラットの生前と死後の体重を計ってみたらしいんです。

 

そしらなんとっっ!!

 

そして、その博士はモノでも実験してみたんですって。

 

まず「商品A」の重さを計ってから、

それを分解して「a+b+c」としたあとで、その分解した部品全部を計ってみたんですって。

 

分解してるだけで部品が減ってるわけじゃないから、重さは商品Aと同じはずですよね。

 

そしたらなんとっっ!!

 

なんとも面白い結果になったんですって。

 

 

しかもその結果と同じことを、1200年前に生きていた人、あの空海が言っていたそうです。

 

仮に、物に命(魂)が宿るとして、それはどんな時なのか?

その面白い仮説も、本文に載っています。

 

 

他にも、

しつもん7 「今抱えている悩みは、たとえ人生最後の日であっても、深刻ですか?」

 

しつもん15「あなたが生きることで、幸せになる人はいますか?」

 

しつもん23「もし今日が人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていたことをする?」

 

などなど、

変えられない過去や、不透明な未来ではなく、

「いま・ここ」にしか存在しない時間と

「いま・ここ」に生きている自分を大切にすることを意識し直すことができる内容が盛りだくさんです。

 

 

9月に突入し、そろそろ世間では「なんとかの秋」「〇〇の秋」って言われ始めると思います。

ぼくは秋だろうと冬だろうと、読書が好きです!

 

 

普段、読書をしない人も、この本はすごく読みやすいと思いますよ!

 

「死」をタブー視する傾向の強い日本人が

「死ぬこと」、そして「生きること」を考える最初の本にオススメの1冊です。

 

 

 

ひすいこたろうさん、

今まで1冊も読んだことなかったので、今回知ることができて良かった。

今も世界を旅してる友だちに感謝です。

他にもこたろうさんの著書はいっぱいあるみたいなので、どんどん読んでみたいと思います。

あなたの人生がつまらないと思うんなら、それはあなた自身がつまらなくしているんだぜ。 1秒でこの世界が変わる70の答え3秒でハッピーになる 名言セラピー心が折れそうなときキミを救う言葉 (ソフトバンク文庫)世界一ふざけた夢の叶え方

 

 

Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

アイキャッチ画像 ヒガンテ保育士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です