※お知らせ※

現在、ブログ引越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。

新しいブログの公開まで、ご迷惑をおかけします。

モテる女とモテる男の年代的変遷。

モテる男 モテる女

スポンサードリンク

Pocket

はじめに

 

過去でも現在でもいいのですが、あなたには気になる異性や好きな人がいますか?

もしくはいましたか?

 

あなたはどんな理由でその人を好きになったのでしょうか?

 

また、あなたの周りには異性からすごくモテる人はいますか?

それは女の人ですか?男の人ですか?

 

子どもの頃は全然モテなかったけど、大人になってモテるようになった人がいます。

 

子どもの頃は異性にチヤホヤされていたけれど、大人になるにつれて全然モテなくなった人がいます。

 

子どもの頃から大人になってもずっとモテモテの人がいます。

 

さて、その違いについて思うことを書いてみます。

 

まずは「女性からモテる男」について順番に見ていこうと思います。

青空 雲

小学生の頃

 

小学生の頃、女の子にモテていたのはどんな男の子でしょうか?

おそらく運動のできる子ではなかったでしょうか?

 

足が速い、ドッジボールが強い、野球ができるなど

体育の授業や休み時間の校庭で活躍できる男の子がクラスの女子から視線を集め、

「◯◯君ってスポーツ万能!!」という言葉がモテる男に向けられる最高の褒め言葉だった気がします。

 

そんな小学生の頃、勉強ができる子や楽器ができる子もいたはずだけど

なんとなく運動できる子の陰に隠れてしまっていた印象があります。

 

勉強ができることも重要なモテ要素だったけど、絶対的な条件てわけじゃなかった気がします。

むしろ、「勉強はできるけど、運動はできない男の子」に向けられる女子からの視線ときたら、真夏の紫外線くらい厳しいものがありました。笑

 

だからそんなわけで、小学生の男の子で「勉強もできて体育もできる子」は満場一致のモテ男だったわけです。

道

 

中学生の頃

 

小学生時代が終わり、中学生という思春期真っ只中に突入するとどうでしょう。

 

バスケ部のキャプテンとか、テニス部のエースとか、サッカー部のストライカーとか

運動ができる男の子も相変わらずモテるけど、

なんとなくですが「勉強のできる子」に市民権が与えられ始める時期じゃないでしょうか?

 

「◯◯くん、今回も学年トップなのね!すごい!カッコイイ♡」みたいな。

 

「◯◯くんていつも寝てばっかりで全然勉強してなさそうなのに本当は頭はいいんだ!カッコイイ♡」みたいな。

 

でも、この時点でもまだ吹奏楽部の男子部員とか美術部の男子部長とかには暖かい春の光が当たらない気がします。

中学生の女子には「アート」の分野で活躍する男子は眼中に入りにくいみたい。

青空 雲

 

高校生の頃

 

高校時代。

さて、どんな男子学生がモテますか?

 

はい、この時期になるとそれまでの形勢が逆転し始めるような気がします。

女子高生は「芸術」の世界にいる人を魅力的に感じるようになるのです。

 

「音楽のできる人」、モテますね〜。

 

「俺ドラムやってるんだよね」

「カッコイイ♡キャーッ!!」

 

「3組の◯◯くん、バンドのボーカルやってるらしいよ!」

「うわあいいわぁ♡」

 

 

「踊れる人」もカッコイイですね〜

 

「◯◯くんのブレイクダンス、ハンパないよね!」「うんうん、私この前彼がバク転するの見て失神しそうだった〜」

 

「隣のクラスの◯◯がヒップホップ踊ってる時もすごくカッコイイよね」

「ホントホント!遠くから見てるだけでキュンキュンしちゃう♡」

 

そんな風に、高校生になると芸術の分野が抜き出てることがモテ要素の大きなウェイトを占めるようになる気がします。

 

 

ただ相変わらず、勉強ができる子もモテますよね。

「賢さ」というのはどの年代でも一定の需要はあるし、モテるための必要条件に入るんでしょうね。

 

さて、小学校時代に女子の視線を釘付けにしていた足の速い男の子やドッジボールが強い男の子たち、彼らの人気はどこへ行ってしまったのでしょうか?

 

高校生にもなると、「体育のできる男の子」のモテ需要は完全に下火です。笑

「B組の◯◯くんて足が速いの?へーそうなんだ。」

「C組の◯◯くん、卓球で県大会行くんだってよ」「ふーん」

 

つめたー

女子つめたー

 

 

 

もちろん、スポーツができる男子はいつの時代もある程度モテることは事実です。

 

甲子園の球児たちだってモテるだろうし、オリンピックで活躍する選手たちだってめちゃくちゃモテてますからね。

ただ、小学生の頃のあの人気ぶりと比べたら下火になっちゃうなと思うってことです。

 

女の子というのは、成長するにしたがって、体育などの運動的なことから音楽や美術などができる人をカッコイイと思う傾向が強くなる気がします。

女性 美しい

 

男の場合

 

ここまでは女の子目線の好みの男の移り変わりをみてきました。

今度は男の子側から見た好みの女の子の移り変わりです。

 

ぼくがなぜ2016年の年の瀬にこんな記事を書いているかというと、

ここから先の部分を1番、書いて多くの人に伝えたいと思うからです。笑

 

どうですか?男性からモテる女性の特徴、、、

 

幼稚園•保育園、小学校から中学校、高校、大学、

もっと言えば大人まで考えてみて、

たいした移り変わりって無いと思いませんか?笑

 

保育園•幼稚園の頃から、小中高、社会人を経ておじいちゃんになるまでずーっと、

男が好きなのって「カワイイ子」「キレイな子」じゃないですか?

 

これなんなんでしょうか。

女の子は成長するにしたがって魅力的に感じる男の子の中身が変わっていくのに対して、

男ときたらずーっと「カワイイ子」「キレイな子」を追いかけてる。

 

「男って単純」とかって言いますけど、ただのバカなんじゃないかって思えてきませんか(笑)

 

かくいうぼくも男なので、こんなこと言っても自虐以外の何物でもないのですが、

こう考えるとそう思えてくるから反論のしようがない(笑)

 

女性は、成長するにしたがって体育や運動ができるっていう動物的な要素から

勉強や音楽や美術っていう精神的な要素に重点を置くようになるってことですが、

 

男ときたら、、、まあ情けない。

保育園児から近所のおじいさんまで、「◯◯ちゃんカワイイから好き」「あの子はキレイでいいなぁ」って。

 

でもこれ、今まで訪れたアジアの国でも去年まで住んでいたオーストラリアでも

男って大体こうだったんですよね(笑)

 

だからもうきっとこれ、世界的な流れなんじゃないかぐらいに思うわけです。

 

 

男の精神的な成長ってなんなんでしょうね(笑)

カフェ 

 

さいごに

 

世間一般的に、男の子よりも女の子の方が精神的な成熟が早いと言われています。

確かに保育園で子どもたちも見ていても、男の子よりも女の子の方がしっかりするのが早いと思うことが多かった。

「おませさん」になるのは女の子の方が多いわけですが、今回書いた内容を考えればその通りなのかもしれません。

 

全員がそうなるわけじゃないけれど、大きな流れとしてモテる男性の必要条件が変わっていく傾向があるということは、それだけ女の子が成長しているということでもあるからです。

 

それにくらべて男は、、、(笑)

 

 

ただですね、今回書いたことが絶対というわけではないので、不愉快に感じた方はご了承ください。

今までの経験を通してこう思うってだけですので、この話には何の科学的根拠もありません。

 

それでも今回の話に少なからず共感していただけたら嬉しいです。笑

 

ぼく自身、保育士を目指した頃から大学も職場も女性が多い環境にいることが多いですが、

男性よりも女性(特に母親)の方がしっかりしてる、堅実だなって感じることがすごくたくさんあります。

 

結婚すると男は女房の尻に敷かれるようになるって昔から言われているのもうなずけますね(笑)

 

 

ただこの話で難しいのが、

男の子がモテようと思ってその時の人気条件を始めても、あんまりモテるようにはならないってことです。

精神的に成熟が早い女の子ですから、男の子の「モテたい!」という下心を敏感に感じてしまうんでしょうね(笑)

 

だから、本当にモテるのは「楽しいからそれをやってる人」だったり「それをやるのが面白くてしょうがない人」だったりするわけです。

 

そうするとこれ、以前に記事にした「夢中」と「必死」の違いにも繋がってくる気がします。↓↓↓

「夢中」と「必死」を比べてみよう

 

難しいですね(笑)

 


最後まで読んでくださってありがとうございました。

共感した方は下のボタンからシェアしたってください☆

 

Pocket

スポンサードリンク

モテる男 モテる女

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です