【ポジティブ思考】幸せだから笑顔になるのか、笑顔だから幸せになるのか

アイキャッチ画像

スポンサードリンク

Pocket

「幸せだから笑顔になるのか、笑顔だから幸せになるのか」

あなたはどっちだと思いますか?

 

いつもニコニコしてる人や楽しそうに笑っている人はとても幸せそうに見えますね。まるでイライラすることや辛いことや悲しいことが全然ないみたい。でも、本当にそうなのでしょうか??

3つのF

人はストレスを感じると『3つのF』のいずれかの反応をとると言われています。

1つはFight(ファイト、闘う)

そしてFlight(フライト、逃走する)

最後にFreeze(フリーズ、立ちすくむ)

この3つのどれかの行動を取りやすいそうです。

 

 

ある人はストレスを感じると自分の権力を主張したり、過去の栄光を引っ張ってきて誇示してみたり、相手を負かそうと闘うこと(Fight)を選択します。

ある人は、その状況から少しでも離れたくて席を外したり、「自分には向いてない」「今の自分には無理だった」ともっともらしい理由を作って自分を納得させること(Flight)を選択します。

そのどちらも選択しない人は、1歩前に進み出す勇気も、1歩後ろに後戻りする勇気も出せず悶々とした日々を送る可能性が高い(Freeze)。

 

この3つの反応は、大昔の人間が獲得した環境適応なんだそうです。大昔の人がサバンナでライオンと遭遇した時の反応は闘うか、逃げるか、立ちすくむかのどれかを脳が司令として出すようになっています。

だからこの3つはどれが良くてどれが悪いとか、この選択をすること自体が悪いとか、そういうことじゃないんです。ただ、人の脳はストレスを感じるとこの3つのFを選択する仕組みだということです。

 

この3つの反応、1つくらいは思い当たるものがあるんじゃないでしょうか?「自分はよくこれを選びがちだな」ってものが。

ところでこの3つのF、「闘争」も「逃走」も「立ちすくみ」もどれも、幸せからは程遠い気がしませんか?あまり良い気分ではなさそうですね。

 

 

人間は不器用

ここで最初の質問に戻りますが、この3つのF状態の時ってきっと幸せではないし、笑顔でもないですよね。

思うに、いつもニコニコしていて幸せそうな人ってここで差がでるんじゃないかなぁ。きっと、その人にだって辛いことや嫌なことや悲しいことはあるはずで、でもそんな状況の中でも笑顔を作って周りの人と接して生活している。だから、その人は幸せそうに見えるのかなって。

 

人って2つのことを同時にできないじゃないですか?人間そんなに器用じゃないわけですよ。

「左手の手の平と手の甲を同時に見せて」って言われてもできないし、

「怒りながら嬉しくなって」って言われてもできないんです。

だから3つのFで「不愉快」な思いを抱えてしまうとそのまま「不幸せ」に直結してしまって、反対に「愉快」な思いを抱えたらそのまま「幸せ」に直結するんじゃないのかなって思います。

で、「笑顔」と「愉快」って直結してると思うから、「笑顔」→「愉快」→「幸せ」の順番がいいんじゃないかな〜なんて思うわけです。

 

「幸せだから笑顔になるのか、笑顔だから幸せになるのか」

ぼくは笑顔ありきだと思います。

 

 

迷走神経

実はこれ、ちゃんと科学的な根拠もあるんですよ。

『迷走神経』というのをご存知ですか?あなたの体にも走っている立派な神経です。

 

普通、神経というのは、必要な距離を無駄なく最短で結んでいます。たとえば視神経は眼球と脳をまっすぐに繋いでいます。

でも、迷走神経とはその名の通り、脳を出発して、体の各部を遠回りしながら進んでいきます。首に沿って下降して、そこから枝分かれして心臓、消化管、各臓器、生殖腺と巡ります。

人間の脳のとても原始的な領域につながっている唯一の神経なんだそうです。

 

で、迷走神経はおかしなことに、内臓や消化管を巡る途中で一部の神経が上に向かって登り始めます。そして、のどを経由して耳や顔面筋、目尻のあたりにまでいきつくらしいんです。

 

これってつまり、心臓や胃腸と、目尻のしわや口角の筋肉が迷走神経で繋がっているということだから(もちろん脳も)、笑顔を作ると体にどんな影響があるか、素人のぼくでもなんとなく分かります。

 

うつ病の研究者はずいぶん昔から、うつ病の人が無理矢理にでも笑顔を作ると、うつを管理する脳の領域が「うつが改善した」と言い始めることを知っていたんだそうです。

 

それも、中途半端な作り笑顔じゃなく、頬を思い切りあげて目尻の筋肉も大きく使った笑顔を作れば、迷走神経が反応してその刺激を全身に届けてくれるみたいですよ。

 

 

さいごに

というわけで、

つらい時、物事が思い通りにいかない時、「こんなはずじゃなかった」って何かに後悔してる時は、

とりあえず笑顔を作ってみましょう!

人前でするのが恥ずかしかったら、一人きりのときに鏡を見ながら思いきり口角を上げて目尻をクシャクシャにしてみましょう!

それから自分を褒めることも忘れずに!

「こんなときもあるよね、じぶんは頑張ってる!大丈夫だから!」って。

 

つらい時こそ笑顔になってみる。

きっとあなたの迷走神経が幸せを全身に運んでくれますよっ!!

 

「笑顔」と「幸せ」のオススメ書籍

Pocket

スポンサードリンク

アイキャッチ画像

1 個のコメント

  • ヒガンデさん初めまして。
    1ヶ月ほど前からブログ拝見させていただいております。
    僕は今20歳で、社会人2年目でしたが、オーストラリアにワーホリに行く決断をしました。11月に出発予定です。
    目的は英語力アップです。
    英語力を上げて、もっと立派な仕事に就きたいと思い、決断しました。
    半分は勢いだったので、仕事を辞めて、あれ、本当に良かったのかな、、とか、1年(できれば2年いたいと思ってます)耐えられずに嫌になって帰ってきたら、、、とか、マイナス思考になってきています。
    準備は着々と進んでおり、ものすごく楽しみな反面、不安な部分もたくさん。。
    そこでヒガンデさんのブログを見つけて、オーストラリアはこんなに楽しくて、辛いこともあるけどものすごく貴重な経験が出来る、たくさんの人と交流できて、知らない文化にも出会えるんだ と、すごくポジティブな気持ちになれます。
    出発まであと1ヶ月くらいですが、必ず目的を達成して帰って来れるように頑張ろうと思います。
    これからも面白い記事楽しみにしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です