お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

高みの見物

タスマニア クレイドルマウンテン

スポンサードリンク

Pocket

 

「高みの見物」と聞いて、あなたはどんな状態を思い浮かべますか?

「高みの見物をしている人」と聞いて、あなたは周りにいる誰を思い浮かべますか?

 

高みの見物してる人って、

上から人を見下しているような人のことや

下にいる人たちにせっせと働かせておきながら自分はイスに座って優雅に眺めてる、

そんなイメージでしょうか?

「高み」ってそんな場所でいいのかな?

 

確かに考えてみれば、「高み」まで行くための道が階段だとしたら

高みにいる人は人よりも階段を多く登っているってことだからその分頑張ったのかもしれないし、努力もしたんだと思います。

だから「俺は偉いんだぞぉ」って胸張って威張ってるのかもしれません。

でももしかしたらそこには「(誰かに認めてもらいたくて)威張ってる」っていう気持ちが入ってるのかもしれません。

自分で自分のことを認めてあげることができないから、「自分はこんなにすごいんだぞ!頑張ったんだぞ!」って自分からアピールして、周りに「すごいですね!」「よく頑張ってますね!」って言われたいのかもしれません。(今、イラってしちゃった人は図星かも、、、??)

 

周りから「すごいですね!」って言ってもらうことで自分に満足することができる。

だからさらに威張ろうとする。

 

でも、自分で自分のことを認めてあげてたら、

自分自身のことを「自分てよく頑張ってるな」って心から思えることができてたら、

わざわざ威張らなくてもよくなるのかもしれません。

 

ぼくの周りにいる「高みの見物」をしてる人には2種類の人がいて

1つは今言った「威張ってる人」「周りの人に大変な思いをさせて自分だけ美味しい場所にいる人」です。

そしてもう1つは、「自分が高みまで登ったからこそ、周りにいる頑張っている人を見て応援できる人」です。

その人たちは、「自分が登った高みまでの大変さ」を自分に酔いしれるために使うんじゃなくて、周りの人を応援するために活かすことができます。

 

階段を登っている途中で振り返って見たらわかりますが、

その位置が高ければ高いほど見える景色も高くなります。

 

マンションの2階からの景色と10階からの景色じゃ、見える範囲が全然違いますよね。

高みから見物できる人はその範囲が圧倒的に広い。

 

タワーや観覧車・山など、高い場所に行ったことがある人はよくわかるんじゃないでしょうか。普段地面を歩いている視野とは全く違う広さで景色が見えるはずです。

人生もそれと同じで、たくさんの階段を登った人がより広い視野で物事を見ることができる気がします。

 

そしてその広い視野を、自分のために使うんじゃなくてなくて周りの人のために使える人はすごくかっこいい。

 

高い山に登った人が「俺こんな高い場所に行ったんだぜ!すげーだろ!」って言うのと、

「あの辺りに危ない崖があったから気をつけろよ」「ここからちょっと辛いけど、越えれば山頂まですぐだからな」って言うんじゃ、雲泥の差です。

 

どうせなら高みを目指した方がいい。

どうせなら広い視野を周りの人のために使えた方がいい。

ぼくはそう思います。

 

すでに「高み」にいる人は、そこに到達するにふさわしい努力をした人です。

わざわざ威張ったりアピールしなくたって周りの人はスゲーって思います。

だから大丈夫です。

 

どうせ高みの見物をするなら、

せっかくあるその広い視野を活かして、

下の方にいる人たちが迷わず安心して進めるように応援したいです。

 

ぼくの場合はまず、「高み」に登ることが先ですが(笑)

偉そうなことを書きましたが、ぼくもまだ目指す高みには着いていません。

だから毎日、ふさわしい努力をして1日でも早く「高み」に到着できるように進んで行こうと思ってます。

 

ただ、これも最近思うのですが、

「高み」ってなんだかカッコいい響きだけど、自分が目指す場所をはっきりさせておかないと

あとになって「こんなはずじゃなかった」なんてことになりそうな気がします。

 

人としての「高み」を目指すが一般的なんですかね。

 

人としての高みって一体どこ?

 

どんな人のことを「高みにいる人」だと思いますか?

 

あなたが思うその人が、あなたの目指したい「高み」の可能性が高いです。

 

ちなみにぼくの目指す「高み」は、「多くの人に喜ばれる存在」です。

漠然とし過ぎですかね(笑)

でも、その高みまで登った自分を想像するとワクワクするんです。だからそうなってみたい。

単純ですが、それが全てです。

どうせ高みの見物するなら、周りの人から喜ばれる見物の仕方をしたいんですよね。

 

さて、あなたが目指すのはどんな「高み」ですか??

 

Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

タスマニア クレイドルマウンテン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です