なぜ子どもは親の言うことを聞かないのか

アイキャッチ画像

スポンサードリンク

Pocket

 

子どもが言うことを聞いてくれなくて怒ってしまったり落ち込んでいる方に良いお話です。

忘れがちになっていることがあるんです!!

 

いくら自分の子どもでも「子どもの感情や気持ちまでコントロールすることはできない」ってこと忘れてませんか?

 

人がイライラする時っていうのは、たいていがコントロールできない部分をコントロールしようとするからイライラする。

洗濯物が溜まってしまったから明日の休みに一気に干そうと思っていたのに、起きたら大雨。「もう!」ってイライラしてしまうことありますよね。

でも「天気」ってあなたがコントロールできるものではないはず。

 

楽しみにしていた週末のお出掛け、スケジュールもバッチリ組んだのに高速道路が渋滞で全く動かない。「なんで!」ってイライラしてしまうことありますよね。

でも「渋滞」もあなたがコントロールできるものではないはずです。

 

自分でコントロールできないことをコントロールしようとすると、

上手くいかなくてイライラしてしまいます。

それはもともと「コントロールできないこと」だから最初から結果はわかっているのだけど、イライラするのは「変わらないことを変えたい」という期待を持ってしまっているのが原因です。

 

話は戻って子どもが親の言うことを聞かない。

子どもって親の言うことを聞くものでしょうか?

言い方を変えれば、親は子どもの気分や感情をコントロールできるのでしょうか?

 

もし「できる」と思うのであれば、逆の立場も成立しなければ不平等ですよね。

 

子どもは親の期待に応えるべきである、と思うなら

親も子どもの期待に応えるべきである、ですよね。

 

あなたは全て子どもの求める通りに行動し、子どもが言って欲しいこと子どもに言ってあげていますか?

 

 

もし100%はできていないとしたら、自分がやっていないのに子どもにだけ求めるのってどうなんでしょう?

子どもだけじゃなく、夫婦関係でも上司・部下の関係でも同じだと思います。

 

相手に「もっとこうしてよ」と思うなら、

自分も相手の「こうして欲しい」に応える必要があるんじゃないでしょうか?

それができないなら、相手にだけ期待を求めるのって平等ですか?

もしそれが許されるのだとしたら、許される根拠はどこにあるんでしょうか?

 

子どもが勉強をしてくれない!宿題をやらない!と子どもにイライラしてしまっている人がいるとしたら、

まずは、子どもの気持ちはコントロールできるものではないと改めて思い直すことが大切だと思います。

 

そしてぼくはそんな時、伝え方を変えたら良いかもしれないと思うんです。

 

具体的には、行動を見せること。

例えば子どもに勉強して欲しいなら、まずは親が勉強している姿を子どもに見せるのはどうでしょう。

 

夕ご飯の後で、親が静かな部屋で本を読んでいたり、机に向かって何か資格の勉強をしていたら。

しかもそれを心から楽しんでいたら。

それを見た子どもはどう思うでしょうか?

「本を読んだり勉強したりするのって楽しいのかな」って少しは思うかもしれません。

 

でも、例えば夕ご飯の後で、親がテレビを見ながらゴロゴロして、CMのたびにスマホを触っていたら、

その姿を見ている子どもはどんなことを楽しいと思うでしょうか。

 

それをすることが全くいけないとは思いませんが、バランスは大切なのかもしれません。

 

子どもは、大人の「言うこと」と「やっていること」のどちらを真似するか?

子どもは良くも悪くも親や先生といった「周りにいる大人」の影響を真正面から受ける存在だと思います。

 

子どもが言うことを聞いてくれないと悩んでいる方は多いと思います。

 

ぼくが思うのは、「親自身が何に夢中になっているか」がとても大切だと言うこと。

言葉で示すよりも行動で示す。口よりも背中で人を育てることができる人が魅力的ではないでしょうか。

 

言うことを聞いてくれない子どもは普段周りから何を聞き、周りの何を見ているのでしょう。

Pocket

スポンサードリンク

アイキャッチ画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です