黒字じゃないか!!ぼくのワーホリ(ワーキングホリデー)2年目の費用と収入!!

シドニー オーストラリア

スポンサードリンク

Pocket

はじめに

 

2014年の4月から2016年の1月までオーストラリアへワーホリ(ワーキングホリデー)してました。

 

日本で保育士として保育園で働いている中で「海外の保育を見てみたい!!」という興味が湧いてきて、

「じゃあ行ってみてみよう!」ということでワーホリに出かけました。(渡航当初は英語は全く喋れなかったけど(笑))




 

出発前から費用の心配はありました。

一体いくらかかるんだろうって。

 

ネットで調べてみても、いろんな金額が出てくるからどれを参考にしていいのかわからないし。

 

 

でも、行ってみてわかりました!

 

ワーホリでかかる費用は人それぞれ全然違うや。ってことが。

 

というわけで、ぼくがワーホリで使った費用と収入が、ワーホリを考えている人の参考になればいいと思います。

 

 

ちなみに、ワーホリ1年目は、

支出が約132万円でした。

そして向こうで仕事して稼いだ収入が約240万円

 

金額は大まかに計算しているので正確性には欠けますが、「だいたいこれくらい」だと思っていただければ参考になるかと。

 

ワーホリ1年目の費用と収入の記事はコチラです。

逆にプラス!ぼくのワーホリ(ワーキングホリデー)1年目の費用と収入!!

 

 

それと、

ワーホリ出発前、準備の段階で必要だった費用は約42万円でした。

その記事はこれです↓↓↓

ワーキングホリデーに行くのに必要な費用はいくら?オーストラリア編

 

 

つまり、ワーホリ1年目を終えた時点では、

 

支出が132万+42万で174万円

オーストラリアで稼いだ収入が240万円

 

単純に考えると(税金などは引いていない)、約66万プラスという結果で終えることができました。

 

 

さて、その段階で終わっておけばワーホリに出かけて海外生活を1年して黒字という理想的な状態で終えることができていたんですが、

ぼくのワーホリは2年目へと続きます。

 

2年目は一体いくらかかったんでしょうか、、、。

 

今回も1AUドル=80円で計算しています。

 

 

 

シドニー3ヶ月(保育士資格取得のため専門学校に通う)

オーストラリア シドニー

ぼくのオーストラリアワーホリ2年目は2015年の6月に始まりました。

 

オーストラリアのチャイルドケアセンター(保育園)で働くためには資格を取らなければいけないので、そのための学校が始まる日にちに合わせてシドニーに行きました。

 

 

6月、7月、8月と9月の前半を生活して、

かかった費用(生活費)が合計で約30万円でした。

 

月ごとに見ると、

2年目がスタートした6月が1ヶ月で約12万円

 

やはり新しい生活をスタートさせるとなると家(シェアハウス)を借りたり、日用品や調味料を揃えたりがあるので出費が多くなります。

 

7月は約8万円。

8月は約10万円でした。

 

そして、チャイルドケア資格取得のための学校(3ヶ月間のコース)の学費が約28万円

 

合計で58万円。3ヶ月で使ったことになります。

 

 

この時点では、

オーストラリアでの生活が2年目だったということもあって、節約できるところはして、1年目に比べたらなるべく安くなるように生活する知恵はついていました。

 

生活費だけで考えると、3ヶ月で30万円。

1ヶ月あたり10万円の計算です。

 

この金額、結構抑えている方だと思います。

 

何せ貧乏ワーホリだったので、

常に「節約」の文字が頭にあったし、

「おいお前、それはホントに必要か?」が合言葉でした。笑

 

ホントは、せっかくの海外生活だからそーいうトコ気にせず生活できるのが1番良いとは思うんですけどね。

 

 

この3ヶ月で1番のポイントは、ジャパレス(ジャパニーズレストラン)で土日のみバイトしていたこと。

 

ワーホリ中なら当たり前?オーストラリアでの節約術!!!:食費編でも書いたんですが、

ジャパレスで働いていると、まかないがあります。

まかない メンヤ

貧乏ワーホリだったぼくにはこれはホントに素晴らしいシステムでした(笑)

 

生活費も稼ぐことができて、食費も浮かすことができる。しかも(ぼくが働いていたのはラーメン屋だった)超おいしいラーメン。

さらに、友だちもできるし、情報もたくさん入ってくる。

 

1石4鳥。いや、もっとかも。

 

とにかく、そのおかげで生活費を安く抑えることができたと思います。

 

 

 

ゴールドコースト1ヶ月(人生最大の自由時間)

フレーザー島

 

シドニーでの学校生活が終わって、無事にチャイルドケア資格を取ってから、QLD州にあるゴールドコーストに行きました。

 

わけを簡単に説明すると、

ワーホリ1年目の時に、ある家族(旦那さんがイギリス人、奥さんが日本人)と知り合いまして、

その家族(オーストラリアに家を持ち、永住している)が奥さんの実家(日本)へ里帰りする約1ヶ月間、家に住ませてもらえることになったのです。

 

プール付きの豪邸に、しかも格安で、、、。

 

なんとありがたかったことか。

 

出会いに感謝です。

 

そんなわけで、約1ヶ月間、ゴールドコーストでのんびり過ごしました。

 

 

学校も宿題もない、持ち帰り仕事もないから時間に追われることがない、

ともだちも知り合いもいない、お金もそんなにないから出かけることもそんなにない。

 

ないない尽くしの1ヶ月でしたが、

この1ヶ月間は、今までを振り返ったり、これからを考えたりする時間がたくさん取れました。

 

日々が慌ただしく過ぎ去っていく日本の生活ではなかなか取ることの難しい時間がたっぷりとれたのですごく有意義でしたね。

 

 

広い家にずっと1人でいて、ずっと考え事してるもんだから、瞑想とか座禅じゃないけど、「これ、そのうちなんか悟るんじゃねぇか」と思ってずっとビクビクしてました。笑

 

 

はい、完全に話が逸れました。

 

 

費用ですね、費用。

 

ぼくがゴールドコーストにいた間に使った費用は、約10万円です。

 

別に意識していたわけではないんですが、

ワーホリ中はどの月もだいたい1ヶ月10万円〜13万円でしたね、生活費は。

 

さっき一人で過ごしていたと言いましたが、実はゴールドコースト滞在中に日本から友だちが遊びに来たりして、出かけたりもしました。

1泊2日フレーザー島という砂でできた世界最大の島に行ったりしたのでそのツアーの料金も含めての10万円です。

 

そういうの抜いた家賃と食費費だけでいったら、ゴールドコーストでかかったお金は5万くらいだったんじゃないかな。

 

 

この1ヶ月は、出会いが運んでくれた奇跡の期間でした(笑)

 

何が起こるかわからないから、面白いですよね〜。

ゴールドコースト フレーザー島

 

 

シドニー4ヶ月(チャイルドケアセンターで働く)

 

ゴールドコーストからシドニーに戻ってからは、現地のチャルドケアセンターで働きました。

 

資格取得の学校に通っていた時に

実習先の園長先生から「資格取れたらウチにおいでよ」と声をかけてもらっていたので、就活や面接などなく、ワーホリの目標だった「海外の保育園で働くこと」が叶いました。

 

チャイルドケアのことに興味ある方はコチラの記事を↓↓↓

オーストラリアのチャイルドケアセンター(保育園)で働いてみた1

 

 

約4ヶ月の生活でかかった費用ですが、

10月半月で約4万円、

11月が約11万円、

12月も約11万円、

1月が約12万円でした。

 

合計で38万円!!!

 

平均するとまーた1ヶ月あたり約10万円くらいになります。ぼくのワーホリは月10万ワーホリみたいです。

 

 

この4ヶ月は、仕事仕事仕事の4ヶ月でした。

 

保育園での仕事と以前からのジャパレス(ラーメン屋)の仕事を掛け持ちしていて、

 

月曜〜金曜は保育園で10時間勤務

土日はラーメン屋で8〜9時間勤務。

 

週7で働いてました。

 

 

若いって素晴らしい!笑

 

 

ちなみに、この期間の連勤最高記録は58連勤でした!笑

 

 

いや〜、働くって楽しいですね!

 

 

 

だってほら、「働く」って漢字、

「人」のために「動く」ってなってますもんね!

 

 

人のためになることを週7でやれるんですから、こんな素晴らしいことはないですよっ!

 

 

それにほら、斎藤一人さんも言ってました、「はたらく」ってことは「傍(はた)」が「楽(らく)」になることだって。

 

 

人のためと思えば、週7勤務もツラくないっ!

 

 

21連勤を超えてきたあたりから、↑↑こーいう世界観で毎日過ごしてました。笑

 

 

この4ヶ月は、働いてばっかりだったので遊びにはあまり出かけず、ラーメン屋のまかないや保育園の給食を食べたりしていたので食費もあまりかからず、金銭面で言えばだいぶんと節約できたと思います。

 

この生活が良いか悪いかは別として、ですが、、、(笑)

IMG_6685

 

 

支出まとめ

 

というわけで、2年目にかかった費用を合計してみます。

 

学校に通っていた期間の生活費が約30万円

学費が28万円

 

ゴールドコーストでの人生最大の夏休みで約10万円

 

仕事ざんまいのシドニー生活期間に38万円

 

合計すると106万円になりました!

 

8ヶ月で106万円の支出。

 

学費を抜いて計算すると、78万円になるので、

8ヶ月で割ったら1ヶ月あたり約9万7000円です。

 

 

まあ10万円ですね1ヶ月。

 

 

これがぼくのワーホリ2年目にかかった費用です。

 

IMG_6696

 

収入

 

さいごに収入の方も簡単にまとめておきます。

 

1年目は黒字だったけど、2年目はどうでしょうか。

 

まず、シドニーのジャパレスで働いて稼いだのが、約40万円です。

 

ジャパレスはほぼ土日のみで働いていました。

時間もバラバラで、10時間働く日もあれば、5時間だけ、という日もありました。

 

週で考えると、土日2日間で1万5000円〜2万円ほどの収入。

これで家賃は払えるので、とても助かっていました。

 

ちなみにラーメン屋での時給は13ドル(約1000円)でした。

 

 

 

チャイルドケアは、時給が20ドル(約1600円)でした。

 

そしてチャイルドケアからの収入は合計で90万円くらいでした。

 

週5で1日9時間働いていたので、なかなかの金額です。

 

 

ジャパレスとチャイルドケアを合計すると130万円です。

 

 

2年目の支出が106万円で、

収入が130万円

 

数字だけ見れば24万円の黒字。

 

 

1年目も2年目も黒字じゃん!!

 

 

 

驚きです!!

何がって今手元にその黒字分がないことが!!笑

 

 

1年目と2年目を合計してみると、

準備も含めての支出が280万円

収入が370万円

 

収支はプラス90万円のはずなんですが、、、、

 

 

税金払ったり、

フィリピンに語学留学行ったり、

一時帰国したり、

アジアの国々を2ヶ月旅行したり、、

 

 

そりゃなくなりますわっ!笑

 

 

むしろマイナス、、、(笑)

 

 

でもいいんです!

 

自分に言い聞かせるためにあえて言いますが、

この2年間で英語喋れるようになったし、

新しいことたくさん経験したし、

世界中に友だちできたし、

日本中にも友だちできたし、

 

得るものたくさん得たからね。

 

 

黒字分の90万円どこ行ったんだろう?なんてもう考えません!笑

 

 

海外で稼いだ金は海外で使ってこい。

 

 

地産地消の精神です!!

 

 

最近の流行りですもんね。

 

 

はい。

 

というわけで、ぼくのワーホリ2年目の費用と収入でした。

 

 

関連記事↓↓↓

ワーキングホリデーに行くのに必要な費用はいくら?オーストラリア編

逆にプラス!ぼくのワーホリ(ワーキングホリデー)1年目の費用と収入!!

オーストラリアのチャイルドケアセンター(保育園)で働いてみた1




Pocket

スポンサードリンク

シドニー オーストラリア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です