お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

ワーキングホリデーと海外での生活に興味がある人にオススメの本

オーストラリア タスマニア

スポンサードリンク

Pocket

 

はじめに

 

ワーキングホリデービザや学生ビザを利用して長期の海外生活をしようと考えている方にオススメの本を紹介します。

 

ぼくも自分のワーホリ前に実際に読んだ本がいくつかあります。

ネットではわからなかった情報が載っていることもあるので、

また、モチベーションを高める意味でも、渡航前にいくつか読んでみるのはいかかでしょうか。

 

 

 

 

オススメ1


この本は、海外旅行に興味のある人や旅好きな人なら知っているあの有名な「地球の歩き方」のシリーズです。

普段から世界中の国と地域の情報を扱っているシリーズですので、他にはない情報が満載。

オーストラリアやカナダといったワーホリ人気国をはじめ、ドイツ•イギリス•デンマークなど他のワーホリ国の情報も掲載されているようです。

 

ぼく自身は手にとって読んだことはありませんが、「ワーホリを使って海外生活をしてみようと思っているけど、どの国に行こうかまだ行き先を決めきれない」という方にはオススメの1冊だと思います。

 

 

オススメ2


 

 

この本はぼくがワーホリに行くことを決めた時に買って何度も読んだ本です。

「ワーホリに行くことは決めたけど、何から始めたらいいんだ?」

「日本でしておかなければいけない手続きは何がある?」そんな疑問をわかりやすく解説してくれます。

 

この本を書いている著者自身もオーストラリアのゴールドコーストに暮らして留学エージェントを経営しているので、ワーホリをしたい人の目線に合わせて情報が書かれていますよ!

 

実際にワーホリを終えた人、ワーホリ中の人の体験談やアドバイスなども載っていて本当に役に立ちました。

そんなぼくはオーストラリア渡航時にはこの本も一緒に持って行き相棒にしていました。笑

 

どこに行こうと最初の頃はわからないことだらけ。そんな時、たまにページを開いては頼りにしていました。

 

ちなみにぼくが買ったのはこちらの[2012年版]なのですが、

オーストラリアdeワーキングホリデー 最新版 (この国deワーキングホリデーシリーズ)

 

今は[最新版]が出ているようです。

オーストラリアdeワーキングホリデー 改訂版

より新鮮な情報が掲載されていることでしょう。

 

 

この本はシリーズ化されているので、

他のワーホリ国のものもあります。

 

カナダ

 

イギリス•アイルランド

 

 

こんなのもあります

 

 

オススメ3


 

「何か新しいことをするならその道の先輩に話を聞くのが1番参考になる。」

ごもっともな考え方だと思います。

 

ワーホリ1つとっても「行き先」「目標」などが違って、誰一人決して同じワーホリにはなり得ません。

 

自分がワーホリでどんな生活を送りたいのか、何をしたいのかを考えるための一冊として

ワーホリに行こうと思う方、ワーホリでよりよく過ごしたいと思う方は参考程度に読んでみるといいかもしれません。

 

もちろん先輩のやり方•経験に縛られ過ぎるのもよくないと思うので注意が必要ですが、「これは知っといて良かった。」なんて情報が1つや2つ見つかるかと思います。

 

 

 

オススメ4


 

ワーホリで英語圏の国へ行った際、少しでも困らないために事前に簡単にでも英語を勉強しておくことは大切です。

何も勉強せずにオーストラリアに行って、はじめの数ヶ月(特に最初の1ヶ月)で結構大変な思いをしたぼくが言うんですから間違いありません(笑)

 

時間の許す限りでいいから、日常会話に必要な単語やフレーズを読み流しておくだけでもだいぶ違うと思います。

 

あ、でも

事前の英語学習で気をつけなければいけないのが

「ある程度自信が持てるまでは出発はやめよう」と考えてしまうこと。

 

実際に外国人たちの輪の中に入って会話をしない限り、いつまでたっても自信がつくことはありません。

家で机やノートに向かって勉強していても、ボキャブラリーやフレーズは頭に入るけど、「英語が話せる」という自信は机上では中々つかないものです。

 

車の運転だって教本だけずっと見てたたら「本当に運転できるんかな」っていつまでも不安なまま。でも実際に運転してみたらだんだん自信がついてきます。英語もそれと同じです。

 

「100%覚えよう」じゃなくていいので、1コでも2コでも「こうやって表現するんだな」ってフレーズが頭に残れば十分だと思います。

ぼくもワーホリに行く前にこれをやっておけばどれだけ良かったか(笑)

 

ちなみに、実際にオーストラリアで英語の勉強をし始めて感じたことなんですが、英語を勉強するなら「耳」を使うのが絶対にオススメです!!!

 

ノートに向かって単語や文法を書き連ねていくよりも、

運転中や街をブラブラしてる時に耳から英語を入れて勉強した方が、海外では圧倒的に役に立ちます。

 

だから、日本で英語を勉強するならCD付きの本が絶対に良い。ぼくはそう思います。

 

 

「どの本が良いのか分からないから、最初の1冊がなかなか買えない」と嘆いている方は、とりあえず「お試し」でなんでも良いから本屋で最初に目に止まった日常英会話の本を買ってみたら良いと思います。

 

英語の単語やフレーズなんてものは、「最新」も「流行り」も大きく影響しない『ことば』です。基本的な単語やフレーズはどの本を買ったって同じことが書いてあります(笑)

 

とりあえず1冊手元に用意して、読み流し(聞き流し)を始めてみてください。

ワーホリや海外生活に興味を持っているあなたならきっと、どんな日常英会話の本でも面白みがあると思いますよ!!

 

 

オススメ5


 

これはワーホリのことが書いてあるわけではないのですが、「ワーホリに行こうかどうか悩んでいる人」「自分の20代、このままでいいのかななんて漠然とした不安に襲われている人」には新たなきっかけを与えてくれる1冊になるかもしれません。

 

ぼくもまだ大学生だった21歳の時にこの本を読んで、大きな影響を受けました。

仕事のこと、恋愛のこと、人生のこと。

人の一生のうちで1番、自由と時間と体力がある20代にどんな生き方をするのか。どんな経験をしたらいいのか。

そんなことを考えるきっかけを与えてくれる本です。

 

1時間〜2時間もあれば読めてしまう本なので、気軽に読み進めてみてください。

 

さいごに

 

ワーキングホリデーを考えている人にオススメの本を幾つか紹介してみました。

ぼくが実際に手にとって役立てた本もいくつか紹介しました。

 

情報ばっかり手に入れて頭でっかちになるのは本末転倒だと思うのでオススメしませんが、

「ワーホリに必要な手続き」を知るためには紹介した本は役に立つかと思います。

そしてそれが「渡航前の不安の軽減」につながるでしょう。

 

ワーホリを考えている人がより良い海外生活を送れることを祈ってます!!

Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

オーストラリア タスマニア

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です