ワーホリ1年目。タスマニアで台湾人たちと年を越しました。

台湾 タスマニア 

スポンサードリンク

Pocket

タスマニアでの年越し

 

オーストラリアワーホリ1年目の12月、

ぼくはセカンドビザ取得のためにタスマニアでファーム仕事をしていました。

 

タスマニアは人口の多い州ではないし、

ぼくが住んでいた場所も街から離れた静かなファーム地帯で

夜になれば明かりはまばらにある民家からポツポツと見える程度。

 

大勢が集まって年を越すなんてイベントはありませんでした。

 

さらに12月31日まで仕事もあったし、

1月2日から仕事始めだったので、

出かけることもできず。

 

 

そんなところに年越しの話を持ってきてくれたのが

仲の良かった台湾人たちです。

 

 

というわけで、

ワーホリ1年目の12月、

ぼくはタスマニアで台湾人友だちと一緒に2015年を迎えることになりました。

 

 

もうほぼ台湾にいる気分

 

31日は台湾人友だちがご飯をたくさん作ってくれました。

 

しかも台湾の料理ばかり。

 

招待してくれた台湾人たちの住む家に入ると、

まずこれが目に入りました。

IMG_5582

今日のメニューだよーって。

 

「麻婆豆腐」しか分かりませんでした。笑

 

 

 

ぼくも手伝いながらみんなで準備を進め、

夜21時頃だったかな、

料理が出揃い食べ始めました。

IMG_5589

美味しそうですよね?

 

はい、どれもめちゃくちゃ美味しかったです。

 

 

 

ちなみにですが、

料理を作っている時もご飯を食べている時も、

飛び交っている言葉は台湾の言語「マンダリン」でした。

 

台湾人も日本人と同じく、英語が苦手な人が多いので

同じ国の人が多く集まると自分の国の言葉でコミュニケーションを取るようになります。

 

あの年末の時も7人の台湾人と1人の日本人だったので、

そりゃマンダリン飛び交うよねって感じです。

 

ぼくは彼らとどうやってコミュニケーションを取るのかって言われたら

それはもちろん英語です。

 

ぼくはマンダリンは全く分かりません。

 

 

周りの人たちが自分の分からない言語で盛り上がってて、

自分はそれが分からないのにそれで楽しいのか?って思いますか?

 

 

それがめちゃくちゃ楽しいんですよ!

 

 

全く分からない言語だけど、雰囲気とかは伝わってくるし、

台湾の若者の飲み会ってこんな感じなんだろうなぁって想像したり

今こんなこと話してるのかななんて予想してみたり。

 

日本にいたら

台湾人だけの食事や飲み会に参加することなんてまずないですからね。

 

貴重な経験です。

 

IMG_5585

 

それにぼくに話しかける時はみんな英語を使ってくれますし。

 

これもワーホリならではの経験だと思います。

 

 

 

花火

 

ご飯を食べ終わってから、年越しまで時間があったので

誰がどこで手に入れたのか分かりませんが

外で花火をすることになりました。

 

南半球のオーストラリア、季節は一応夏とはいえ、

ぼくのいたタスマニアはより南極に近いので朝晩は結構寒い

 

ダウンやジャケットを着ていないと外に長居できません。

 

IMG_5595

 

夏だけど真冬の格好をして花火。

 

日本の年越しは冬だから、

 

格好で言えばいつも通りのことなんだけど

タスマニアにいて季節は夏だから、そこに違和感。

 

夏なのに寒いってことに違和感。

 

そう、それがタスマニア。

 

 

いよいよ

 

花火も一通り楽しみ、

寒さの限界を迎えたので

家に戻りお酒を飲み直しながら

日付が変わるのを待ちました。

 

テレビもないので、

スマホの示す時間だけが頼りです。

 

そしてついに、

 

23時59分

誰が始めたか覚えてないですが、

10秒位前からカウントダウンが始まり、

 

みんなで「Happy New Year!!!!!!!」って年を越しました。

 

 

台湾の言語マンダリンだと「新年快樂」って書くそう。

発音の仕方は忘れてしまいました。

 

「謹賀新年」みたいな感じなのかな。

 

こうやって他の言語を知れるのも、

いろんな国の人が暮らしているオーストラリアならではのことだと思います。

 

オーストラリアという一つの国にいながら、

その他の国の人ともコミュニケーションが取れるなんてすごくお得な感じですよね。

 

 

 

寝るのはやっ!!!

 

カウントダウンもして、

無事に2015年を迎えた7人の台湾人と1人の日本人ですが、

カウントダウンのあとが衝撃的でした。

 

カウントダウンをして新しい年を迎え、

机の上にはお酒も食べ物も残っていたので、

まだまだ夜は長いぞなんて勝手に思っていたのですが、

 

年が明けて約10分後、

 

 

おやすみ〜ってみんな自分たちの部屋に戻ってっちゃった。笑

 

あらま。

 

あっさりしてるんだね。

 

で、理由を聞いてみたら

 

もちろん仕事で疲れてるっていうのもあるけど、

 

台湾を含め、中国やインドネシアは

チャイニーズニューイヤーが2月にあるから

そっちの方が大きいイベントなんだよ

 

って教えてくれました。

 

納得。

 

よくテレビで見る、旧暦がどうのこうので爆竹を大量に仕掛けるあのチャイニーズニューイヤー。

 

やっぱり国や文化や宗教が違えば慣習もいろいろ違うんだなと改めて思った2015年の始まりでした。

 




Pocket

スポンサードリンク

台湾 タスマニア 

3 件のコメント

  • こんにちは。
    ブログを何度も読ませて頂いております。

    このブログを参考にシドニー4ヶ月滞在後、タスマニアのdevonportに
    5日前に友人と二人で来ました。
    本日、costaに行き、エントリーシートをもらってきました。
    タスマンバッパーにも行きましたが今はかなり込んでいていっぱいだそうです。

    今日costaに行ったらあと2週間くらい待つと言われました。
    多忙時期は2週間くらい待つ事が当たり前なのでしょうか。。

    バッパーやcostaの事をご存知なのでメールさせて頂きました!

    • コメントありがとうございます。

      今、Devonportで仕事待ちしているところなんですね。

      偶然ですが、ぼくも今日までタスマニアにいました。
      ファームしていた時にお世話になった人たちに会いに行ってました。
      そこで今年Costaで働いている人たちとも話をしたのですが、
      ここ数週間、雨が少なくてラズベリーやブルーベリーの育ちがあまり良くないそうです。
      現在働いている人でさえ1日3時間や4時間だけしか働けない日が続いているそうなので、
      新しく人を雇えない状況なのかなと思います。
      作物が育ってきて収穫が忙しくなってきたらまた人を雇い始めると思いますが、
      天候やCostaの意向まではさすがにわかりません。

      1日も早く仕事に就けることを祈ってます!
      いろんな場所で山火事が起きてるみたいなので気をつけてくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です