お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

大都市よりも高時給!?ぼくがオーストラリアのいなか町で仕事を見つけた方法。

オーストラリア カナナラ

スポンサードリンク

Pocket

はじめに

 

今回は、

ワーホリでオーストラリアに来たぼくが、

名前も聞いたことのないような小さな町で

高時給(時給24ドル)のローカルジョブをゲットした時のことを書こうと思います。

 

 

仕事を得た町

 

ぼくが仕事をしていたのは、

オーストラリアのウエスタンオーストラリア(WA)州の北東部にある

Kununurra(カナナラ)という町です。

カナナラへのアクセスは、

ノーザンテリトリーのダーウィンという町から

グレイハウンドのバス、

もしくはAir Northという航空会社がダーウィン-カナナラ間の航路を持っています。

 

また、カナナラは

ブルーム(月の階段で有名なWAの町)とダーウィンを結ぶ陸路の中間の町にあたるので、

オーストラリアをラウンド旅行している人は降り立つ可能性が高い町だと思います。

 

 

仕事内容

 

そのカナナラという町でぼくがしていた仕事は

カフェのキッチンハンド(主に皿洗い)です。

 

仕事内容としては

野菜や肉の下ごしらえ、皿洗い、

キッチン内の掃除が主でした。

 

1日8時間、月曜日から土曜まで働いていました。

 

 

時給は24ドル。

シドニーなどの都市にあるジャパレス(時給13〜16ドル)や

ファーム仕事(時給20ドル前後)と比べてもずいぶん高時給でした。

 

職場は小さなカフェでしたが、

オーストラリアの大手スーパーマーケット【IGA(アイジーエー)】直営のカフェでした。

 

同僚は、

ぼく以外全員オーストラリア人でバリバリの英語環境。

 

ただ、いなかの方だったからか、

同僚たちの話す英語のなまりがものすごく強く、

聞き取るのが大変でした。

(それよりもぼくの英語力の無さが大きな問題だったんですけどね。)

IMG_4468

カフェの制服

 

仕事の探し方

 

ぼくがどのようにしてカフェの仕事を手に入れることができたのか。

 

あの時のことを振り返ってみると、

ぼくが仕事を得ることができたのは

 

「偶然と幸運の組み合わせ」

 

 が全てだったと思います。

 

 

 

そもそも、

 

ぼくがなぜカナナラに行ったかというと、

最初はファームジョブをして

ワーホリのセカンドビザを取得することが目的だったんです。

 

実はカナナラはファームジョブで有名な町なんです。

 

ただ、

ファームの仕事ってタイミングとか運とかがすごく大事でして。

 

町について次の日にファーム仕事をゲットできる人もいれば、

2週間、3週間待ってからゲットする人、

待ったけど見つからず違う町に移動する人など、

いろんなケースがあるわけです。

 

 

そしてぼくはどうだったかといえば、

1週間ほど待ったけどファームジョブを得ることができず、

ぼくより後からカナナラに来た人が

先にファームジョブをゲットして働き始めるなんてこともある状況でした。

 

 

また、

カナナラに着いた時、

ぼくの貯金、というか全財産が500ドルくらいだったんです。

(今思えば、完全に人生をナメてました笑)

 

500ドルだと、

食費を極限まで切り詰めて3週間生活できるかどうかです。

 

だからその期間内にどうしても、

仕事を見つける必要がありました。

 

 

あの時は

「3週間後までに仕事が見つかってなかったら、

晴れて人生初のホームレス生活かぁ〜」

なんて思いが常に頭の中にありました。

 

 

 

シティジョブを探し始める

 

というわけで、

金銭的な問題があってファームジョブだけに頼ってる場合ではなかったので、

ファームジョブを待ちながら、

カナナラでシティジョブを探しました。

 

シティジョブ探しを始めたのはたしか、

カナナラについて9日目くらいからだったと思います。

 

 

カナナラは小さい町ですが、

スーパーマーケットやパブ、

ホテルも何件かあります。

 

レジュメ(履歴書)を作り、

ビジターセンターで町の地図をもらい、

手当たり次第にホテルパブ飲食店スーパーマーケットに自ら出向いて、

「仕事を探しています。なんでもするから雇ってもらえませんか?」って

声をかけまくりました。

 

1日目は10件近く周ったと思います。

自転車やバイク、車など持っていないので全て徒歩です。

気温35℃以上のなか、ひたすら歩きました。

 

ただ、行くところ行くところ、

面白いように断られました(笑)

 

 

1日目に周ったところはどこも

「人は足りてるんだ」って言われるばかり。

たまにレジュメを受け取ってくれて「マネージャーに伝えておくね」と言ってくれるところはあったけど、連絡は来ませんでした。

 

現実は甘くはないと思ってはいたけれど、

やっぱり断られるとヘコみます。

あの時もだいぶヘコんでいたなぁ。笑

 

 

変な話ですが、

ぼくはカナナラで仕事探しをしている時、

現実は厳しいなぁって思うと同時に、

ものすっごい「生きてる」っていう感じがしてました。

 

たぶん、仕事が見つからなかったら生活ができないという、

日本で味わったことのない危機感みたいなものをヒシヒシと感じていたんだと思います。

IMG_0611

 

 

落胆、、、

 

そんなこんなでシティジョブ探しを始めて3日目の朝。

 

ぼくは新たな希望を見つけました。

 

それはぼくが泊まっていた宿の掲示板にあったのです。

 

「仕事を探してる人!受付に来てください。仕事の情報を提供します」

と貼り紙が。

 

「おぉ」と思いぼくはすぐに受付に行きました。

 

受付にいたのは20代後半の女性のオーストラリア人。

 

ぼくが泊まっていた宿には受付係りが2人いて、

一人がその20代後半のオーストラリア人おねえちゃん、

もう一人が20代中盤のオーストラリア人にいちゃん。

 

で、そのおねえちゃんの方がすこぶる評判が悪かったんです。

仕事中、ネットしたりケータイいじりながら対応するし、

調理器具の貸し出しのお願いとかしても「ないからできないよ」ってあからさまにウソつくし。

 

逆にもう一人のおにいちゃんはめちゃくちゃ評判が良かった。

なにかお願いするとすぐ対応してくれたし、

英語が苦手なぼくにゆっくり話してくれたり、

宿の宿泊者からすごく人気がありました。

 

 

で、ぼくが掲示板で貼り紙を見て受付に行った時、

受付にいたのが評判の悪かったおねえちゃんの方。

 

ぼくはちょっと嫌な予感がしました。

 

そして案の定、

「貼り紙みたんだけど仕事の情報ある?」って聞いたら

ケータイいじりながら即答で、「ないよ」って返事が返ってきました。

 

紙貼ってあるじゃん!って言いましたが、

「そんな紙知らない」って。

 

 

ふぅ。

 

激おこプンプン丸って英語でなんて言うのかな。

 

 

 

ついに、、、

 

不愉快さとがっかり感の合わさった気持ちを抱えつつ、

この人に対して粘っても無駄だと思ったので、

部屋に戻り、レジュメ配りする場所を考え、

1時間くらいしてから「よし出発だ」って、

また受付の前を通ったら、

 

受付係りがオーストラリア人にいちゃんに変わってた!!!

 

 

さっきはねえちゃんに情報なんてないって言われたけど、

聞くだけ聞いてみようと思ってにいちゃんに聞いてみたら、

 

「ん?仕事の情報?あるぞ!ちょっと待っとれよ」

ってパソコンでなにやら調べ始めてくれました。

 

その時点でぼく、泣くかと思いました(笑)

 

 

で、にいちゃんが教えてくれたのが

ぼくが働くことになるアイジーエーのカフェ。

キッチンハンドを募集してるらしいから行ってみるといいよって。

 

まだ、仕事がもらえるって決まったわけじゃないけれど、

その情報を教えてくれたにいちゃんには感謝でいっぱいでしたね。

 

 

さっそくそのカフェに行き、

「ここでキッチンハンドを募集をしてるって聞きました」ってレジュメを渡したら、

「今マネージャーいないからあとで伝えとくよ」ってどちらともとれる常套句を言われました。

 

「現実はやっぱり甘くないか」と思ってちょっとガッカリしながらも、

それを引きずってる時間もないので近くのホテルにレジュメを渡しに行くために移動していました。

 

 

ホテルに向かって歩いていると、

滅多に鳴らない携帯が鳴っている。

しかも知らない番号から。

 

まさか!!と思って電話に出てみたら、

あのカフェのマネージャーからだったーーー!!

 

 

「今から面接したいからカフェまで来れる?」って。

 

恥ずかしいからしなかったけど、

スキップしながらカフェまで向かおうかと思いましたね、ホントに。

 

カフェについて無事マネージャーとの面接を終え、

その場で書類を書き、

「じゃあ来週からよろしくね」って。

 

そう言われて店を出た後の町の景色がなんと晴れやかで鮮やかだったことか(笑)

カナナラ、カフェ

 

おわりに

 

そんな流れでぼくは、

オーストラリアのカナナラという小さな町で

オーストラリア人だけが働くカフェの仕事をすることになりました。

 

あの時、シティジョブを探していなかったら、

あの時、掲示板の貼り紙を見逃していたら、

あの時、受付を再度のぞいていなかったら、

あの時、ぼくより先にカフェにレジュメを出している人がいたら。

 

そんなことを考えると、

たくさんの偶然や幸運が重なって仕事を得ることができました。

 

特に受付のにいちゃんには本当に感謝です。

カフェでもらった最初の給料で

にいちゃんの大好きなビールを一箱プレゼントしましたが、

そんなんじゃ全然足りないくらい感謝しています。

 

ワーホリをしていると、

こういった人との出会い、

タイミングや偶然の出来事によって、

進む方向が大きく変わります。

 

ぼく自身も今回のカフェのこと以外でも、

あの人と会ったから、

あの時これがあったからといったことがきっかけで

良い経験をたくさんすることができました。

 

 

人との出会いと優しさに感謝です。

 

 

自分がしてもらったことを忘れず、

逆の立場になった時には

ぜひとも困っている人の助けになってあげたいですね。

 

そういう人間を目指し、これからも成長していかなければ。

 




Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

オーストラリア カナナラ

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です