シドニーの語学学校(ABILITY English)に3ヶ月間通ってみて思ったこと。

スポンサードリンク

Pocket

シドニーの語学学校

 

ぼくはワーホリでオーストラリアのシドニーにある語学学校に3ヶ月間通いました。

 

申し込みは週単位なので12週間です。

2014年4月中旬〜7月中旬まで通っていました。

シドニーは秋から冬に向かう時期だったので、寒かったです。

 

通った語学学校は『ABILITY English』(以下、ABILITY)という名前で、

シドニーのセントラル駅から歩いて5分の場所にある学校です。

IMG_3841

 

教室•ラウンジ

 

ABILITYはぼくが通っていた当時、

建物内を改装してまだ数ヶ月の頃だったようで、壁や床がすごくきれいでした。

 

各部屋の壁も青や緑になっていて、

ポップな色合いになっています。

 

学校を決める際の見学の時に、

他の語学学校は壁や床が灰色やくすんだ白っぽくて地味な印象を受けましたが、

ABILITYは教室やラウンジがすごく明るい印象を受けました。

 

その点も、ABILITYを選んだ理由の一つになっています。

 

ラウンジでは、昼時になるとABILITYの生徒が集まり、会話をしながらランチを楽しんでいます。

 

他の語学学校ではどうかわかりませんが、

ABILITYでは、入学時に黄色いプラスチック製のコップがもらえます。

そして、ラウンジにはホットウォーターサーバーと紅茶パックとインスタントコーヒーが置いてあり、

学生はいつでも利用できます。

 

授業中、眠くなってきた時に濃いめのコーヒーを作ってよく眠気と闘いました(笑)

IMG_3623

ラウンジで友だちと

 

ラウンジには電子レンジも数台(たしか5台)置いてあり、利用できます。

ランチタイムは大混雑で、それぞれの電子レンジに列ができます。

待ち時間ができますが、

その間も並んでる人に話しかけて英語で会話ができるので意外と楽しかったですね。

 

 

授業•コース

 

ABILITYでは、一般英語コースで申し込みをしました。

でも実際は、7週間を一般英語コース、5週間を発音矯正コースで過ごしました。

 

一般英語コースには

Elementary(初級)

Pre-Intermediate(初級の上)

Intermediate(中級)

Upper-Intermediate(中級より上)

Advance(上級?)

というクラス分けがあり、入学時の簡単な面接で決定します。

ぼくはPre-Intermidiateレベルからのスタートでした。

 

1クラスは10〜14人くらいで、毎週出入りがあります。

ElementaryからIntermmediateクラスくらいまでは日本人が多くいます。

それ以上のクラスにはヨーロピアンが多い印象でした。

 

 

授業は1日3コマ。午前中に2コマ、午後に1コマで、

たしか一つの授業は90分くらいだったと思います。

IMG_3336

一般英語コース授業風景

 

 

発音矯正コース

 

この発音矯正コース(Pronunciation class)はぼくがABILITYに通って1番良かった•為になったと思えるところです。

 

発音矯正コースとは、簡単にいうと、

「とにかくたくさん口を動かし、声を出し続けて正しい英語の発音を身につけよう」

というものです。

 

オーストラリアに行く前、というより、その発音矯正コースで知るまで、

日本語になくて英語にある音(例えば「r」や「si」)の存在を知りませんでした。

 

だから、先生に「L」と「R」は音が違うんだよって言われても意味がわかりませんでした。

 

先生が交互に言ってくれてるのに聞いてても違いが分からなかったんです(笑)

 

 

発音矯正コースでは専門の資格を持った先生が、

そのような発音の細かい部分について、

学校の歯磨き指導で使うような口の模型や舌を使って、

しかも生徒の母国語を考慮して(日本人はこの音が苦手なんだよって)、

丁寧に教えてくれます。

IMG_3528

発音矯正コースの先生とクラスメイト

 

そのほかにも、英文を発音記号で記して音読してみたり、

リンキング(一つの一つの単語が会話になるとつながること)を意識しながら映画の一場面のリスニングをしてそれを発音記号で表してみたりといったことをしました。

 

リンキングというのはたとえば

[ I like it a lot ] という英文があった時に、

ジャパニーズイングリッシュだと「アイ ライク イット アロット」と言ったりしますが、

ネイティヴの人だと「アイ ライキッタロット」と発音するということです。

 

 

英語に興味があって、日本である程度勉強をしている人なら知ってて当たり前なのかもしれませんが、

ぼくにはこの発音矯正コースで得た知識がすごく新鮮で、

チャイルドケアセンターで働いている今でもとても役立っています。

 

ちなみに、ぼくが苦手だったのは「LとR」「siとshi」「th」「BとV」「PhやF」です。

「R」や「si」など、日本語にない音を発音したり、聞き取ることは今でも苦手ですね。

 

語学学校を決まる際にいくつか学校見学に行きましたが、

ぼくがABILITYを選んだのは、

この発音矯正コースがあることを知って魅力を感じたというのが1番の理由です。

そして、実際通ってみて、それは大正解でした!!

文法を中心に勉強す一般英語コースでは得られない知識や技術をたくさん学ぶことができました。

 

 

 

生徒•国籍

 

ABILITYは生徒の国籍が豊かで、

地域でいうとヨーロッパ、中東、アジア、南米の国の人が多くいます。

日本人も多く、全体の3割くらいが日本人でした。

ABILITYにはイングリッシュポリシー(学校にいる間は母国語じゃなくて英語を話しましょうねってこと)があり、クラスメイトと話す時はなるべく英語を使うようにしていました。

日本語で話すことも多かったですが。。。

IMG_3766

語学学校に通うことのメリットとして、「いろいろな国の人と友だちになれる」ということが言えると思います。

クラスが同じであれば、英語のレベルも同じくらいなので、

お互いに身振り手振りも含めながら英語でコミュニケーションをとっていると

心の距離も縮まります。

そういった友だちと、

授業後にご飯を食べに行ったり、休日に出掛けたりすることで

英語の力もつき、相手の国の文化や考え方を知ることができるのですごく楽しいです。

 

学校に行かなくても友だちは作れますが、行くばより多くの人と知り合える機会が得られるはずです。

 

 

 

3ヶ月通ったけど、、、

 

さいごになりますが、ぼくはワーホリで語学学校に3ヶ月通いました。

そして学校を終えた時、3ヶ月通って良かったなと思っていました。

 

 

しかし、そのあとローカルのカフェやファームでオーストラリア人と一緒に働いてみて

「学校で習った英語と違う!」

「会話をしていて習ったことを思い出して考えてる時間はない!」

などなど、

実際の生活や仕事で使う英語は、学校で勉強する英語とはずいぶん違うということを体感しました。

 

そして、

仕事でネイティブスピーカーと仕事で関わるようになってすごく思ったのが

「あぁ、ABILITYの先生たちはも〜のすごくゆっくりと丁寧な発音で話してくれてたんだな」

ということです。

 

語学学校に2ヶ月、3ヶ月いると先生の言っていることがなんとなくわかるようになってきて、

 

ぼくも「お、最近ちょっと聞けるようになってきたな」「こりゃ英語伸びてるな」なんて思ったりしちゃってましたが、

 

実際ガチガチのローカル環境で働いてみたらなんのこっちゃ「まったく聞き取れんがね」でした。

 

 

この「あぁ、ABILITYの先生たちはも〜のすごくゆっくりと丁寧な発音で話してくれてたんだな」と体感したこともあり、

 

これからワーホリに来る、もしくは語学学校を考えてるという人には

 

ぜひ、

 

「語学学校はそこそこにして、実際にローカル環境働く」ことを

目指してもらいたいです。

 

 

もしぼくが学校選びで悩んでるあの時の自分にアドバイスできるのなら、

「こんな感じだから語学学校には6週間〜8週間くらいでいいよ〜」

「でも発音矯正コースだけは絶対受けた方がいいよ〜」

っていうと思います。

 

ぼくは、

発音矯正コースを受けれたことや

今でも連絡を取り合う友だちができたので

3ヶ月間通ったことには満足していますが、

これから語学学校に行くことを考えてる人と話す時には

「2ヶ月くらいでいいんじゃないかな」って言うようにしてます。

 

 

 

 

関連記事はコチラ↓↓↓

英会話力向上!オーストラリア人と一緒に働いてステップアップ

オーストラリアのチャイルドケアセンター(保育園)で働いてみた1

 




Pocket

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です