ワーホリ2年目!シドニーでの年越しと初日の出!!

スポンサードリンク

Pocket

オペラハウスの花火

 

あけましておめでとうございます。

2016年になりました。

 

2016年はあの世界的に有名?な

オペラハウス&ハーバーブリッジのあるサーキュラーキーで迎えてきました。

 

 

事前情報では、

オペラハウスの花火はすごく混むから

それこそ朝から場所取りしてないといけない

なんてことをいろんな人から聞いていました。

 

12月31日も仕事だったぼくは、

「夕方に仕事終わってそれから帰ってシャワーしてってしてたら絶対遅くなるから、オペラハウス行ってもろくな場所で見れないだろうなぁ」なんて思っていました。

 

でも、

せっかくこの年越しのタイミングでシドニーにいるんだし、

シドニーの年越しっていったら結構有名だから1回は見たいなぁ

なんてモヤモヤもしておりました。笑

 

 

そんなとき、

同じ家のシェアメイトから

「年末、一緒に花火見に行こうよ」ってお誘いが!!!!

 

その友だちも、

夜からしか行けないということで

一緒に行くことに。

 

 

よくよく話を聞いてみると、

一緒に行くのはシェアメイトとその友だちの3人。

シェアメイトの友だちはその日が初対面でした。

 

 

そしてなんと素晴らしいことに、

シェアメイトの友だちのそのまた友だちが

朝10からオペラハウスの花火を見るために場所取りをしていて、

そこに合流するという話でした。

 

 

というわけで、ヒョコヒョコ着いて行きました。

 

 

最寄りの駅は電車が止まりません

 

オペラハウスやハーバーブリッジのあるCircular Quay(サーキュラーキー)には

普段は電車で行くことができます。

 

しかし、31日はいつもと違い、

サーキュラーキーに電車は止まりませんでした。

時間帯にもよると思うのですが、

ぼくがシティに着いた20時頃は止まらなかったです。

 

混雑を避けるためでしょうね。

 

というわけで、

一つ手前のWynyard(ウィンヤード)駅から歩くことにしました。

 

 

ウィンヤード駅からオペラハウスまでは歩いても15分くらい。

そんなに遠くありません。

 

道を歩いていていつもと違ったのは、

道路が閉鎖されて車両が進入禁止になっていたこと。

 

シドニーのシティのメインロード、George St(ジョージストリート)も閉鎖されていて歩行者天国になっていました。

 

だからみんな道いっぱいに広がって歩いていました。

 

年末ならではの光景でしょうね。

 

 

思ってたよりも人が少なかった

 

会場であるサーキュラーキーについてビックリしたのは、

思っていたよりも人が少ないということ。

 

 

年越しだし、世界的なイベントだし、

すごい人で移動するのも大変なんだろうなって思っていました。

 

 

 

イメージとしては日本の大きな花火大会とか夏祭りの混み具合が頭にありました。

自分の全方位10センチ以内に知らない人がいて

前にも後ろにも横にも自由に動けないというあのスタックした感じ。

 

 

そんな状況を覚悟して向かったオペラハウスですが、

 

ぜーんぜん。

 

 

ぼくが着いたのは20時頃でしたが、

普通に歩ける。

空いてる場所もそこそこある。

 

みんな、サーキュラーキーの混雑を警戒して避けたのかな。

それとも、オペラハウスとハーバーブリッジが一緒に見えるいいスポットを選んだのかな。

 

 

まぁ理由はなんにせよ、

人は思ったより少なくて移動するのにストレスは感じませんでした。

 

トイレや売店は列ができていて並ぶ必要がありましたが、

それでも5分〜10分並べば済ませることができました。

 

 

 

21時の花火

 

オペラハウスの花火は、21時と0時の2回打ち上げられます。

 

一応21時の花火は子ども向けのやつらしく、

それが終わると子連れのファミリーは家路に着くようです。

 

 

ぼくとシェアメイトとその友だちは20時30分頃到着し、

無事シェアメイトの友だちの友だちとも合流することができました。

 

合流してみるとシェアメイトの友だちの友だちの友だちもいて、

もう誰が誰なんだか(笑)

日本人がほとんどでしたが、韓国やスイスの人もいました。

 

 

全員で10人くらいいましたが

とにかくシェアメイト以外ははじめましてでした。笑

 

 

ワーホリしてるとこういう状況ってたくさんあるんですよね。

 

だからワーホリしてるうちに慣れてくるし、

楽しく過ごす術も身についてきます。笑

 

 

21時の花火は所要時間約10分ですごく綺麗でしたが

あっという間に終わってしまった印象です。

IMG_7445

 

ただ、そんな10分間の花火でしたが

朝から場所取りをしてた友だちたちや周りにいた人たちの盛り上がりはすごかった。

 

「キャー!!」「わー!!」「うひゃー!!!」って。

 

そりゃ真夏のシドニーで朝10時から12時間近く炎天下の中で待ってやっと見た花火ならそうなりますよね。

 

紫外線が日本の7倍とも言われているオーストラリアの日差しを浴びながら、1日場所取り本当にご苦労様でした。

 

と同時に、12時間確保し続けた場所に花火30前にヒョコヒョコ現れて、

ヘラヘラしながら188センチのでっかい体をシートに降ろしてすみません(笑)

 

場所取りをしてくれたおかげで、すごくいい場所で見ることができました。感謝です。

 

 

21時の花火が終わってからは、

年越しまでの3時間、初対面の人たちとワイワイ会話を楽しみながら待ちました。

 

 

いよいよカウントダウン

 

そして0時が近づき、座って待っていたぼくたちも立ち上がり

その時を待ちました。

 

まわりの人たちとのやりとりはこんな感じ

 

3分前

「あと3分だよ」

「あ〜2015年も終わりか〜」

 

2分前

「あと2分ッあと2分ッ!」

「めっちゃワクワクするんだけど」

 

1分前

「あと1分!」

「いよいよだね!」

 

30秒前

「え、てか誰がカウントダウンするの?」

「放送とかないの?」

 

おそらく15秒前

「みんなガヤガヤしてるからもうすぐじゃない?」

「え、カウントダウンダウンしたいじゃん」

 

「じゃあはじめよカウントダウン、

何秒前?10秒?」

「せーの、、、」

 

0時0分

花火ドーンッ!!

 

HAPPY NEW YEAR!!!!

 

 

カウントダウンできず(笑)

 

 

でそこからは、

カウントダウンできなかったね的な話をする間も無く、

花火に見とれてしまいました。笑

 

オペラハウスやハーバーブリッジと花火の共演はとても綺麗でした。

IMG_7482

終始「真ん中のポールさえなければなぁ」と思っていたけど、

そんなことを口にしようもんなら場所取ってくれた人たちと目が合わせられなくなりそうなので

言えなかったのは内緒です。笑

 

 

さいごに

 

オペラハウスの花火は、

「シドニーで年を越すからには」みたいなところがあるので、

今回見ることができてよかったです。

 

ワーホリ1年目の年越しはタスマニアで台湾人友だちたちに囲まれて家で静かに過ごしましたが、

ワーホリ2年目の年越しはシドニーでたくさんの人たちと過ごしました。

 

どちらもその時そこでしか経験できないことだから、

いい思い出です。

 

 

ちなみに、カウントダウンのあとは

その日知り合った人たちと家の近くのビーチに行き、

初日の出を見ました。

 

IMG_7495

 

日本だと寒さと闘いながら初日の出を待ちますが、

オーストラリアは夏。

半ズボンで足を海につけながら初日の出を楽しむことができました。

 

 

最高の年越しと初日の出を過ごすことができたので、

きっと2016年も楽しい1年になります。




Pocket

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です