お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

これが本場のクリスマス!?タスマニアの民家で過ごしたクリスマス。

スポンサードリンク

Pocket

タスマニアで迎えたクリスマス

 

ワーホリ1年目を過ごしていた2015年12月、

ぼくはオーストラリアのタスマニアに住んでいました。

 

セカンドビザを取得するために

ファームで働いていたのです。

 

というわけで、

クリスマスも年末年始もタスマニアで過ごすことになりました。

 

タスマニアに滞在していたときは、

WWOOFという形でオーストラリア人夫婦の家に住ませてもらっていました。

WWOOFとは、

その家の手伝い(庭の手入れや畑の手伝い)をすることで

住む場所や食事をタダで提供してもらうこと制度のことです。

詳しくはこちらをどうぞ↓↓↓

比較!!ホームステイ、シェアハウス、バックパッカーズ、WWOOFで実際に暮らしてみて【3】

 

その滞在していた家のオーストラリア人夫婦がすごくいい人たちで、

まるで息子のようにぼくに関わってくれました。

 

そして2015年12月25日クリスマス当日、

ぼくは午後から別の予定があったのですが、

そのオーナーに、

「今からファミリーで集まるから一緒においで」と言われ、

ついて行きました。

 

そこで体験したのが、オーストラリアの伝統的?なクリスマスの過ごし方でした。

 

 

パーティは朝はじまる

 

出発は朝7時半頃でした。

 

出発早くない?と正直思いましたけど、、、

 

遠くまで行くのかな?なんて思っていました。

 

聞いてみると、

オーナーの奥さんから

「15分で着くわよ」

「朝ごはん食べに行くんだから」って。

 

 

【オーストラリアのクリスマスは朝が早い!!】

 

15分ほど車で走り、

着いたのがオーナーの奥さんのお姉さんの家。

 

車を降りるとすでにお姉さん夫妻が準備を始めていました。

IMG_5458

 

なんとBBQコンロを使って朝食の準備です。

 

朝からBBQ!?って思いましたが、

焼いているのは卵やソーセージ、ベーコン。

 

ステーキはありませんでした。笑

 

聞いてみたら、

「こっちの方が一度にたくさん作れるから」だそうです。

 

【オーストラリアのクリスマスはBBQコンロを使う!!】

 

 

ようやく分かってきました。

これはクリスマスパーティーというより、

クリスマス朝食です。

IMG_5456

 

オーストラリアのフレンドリーさはステキ

 

準備をしながら、

「最近どうなの」みたいな身の上話をして、

ワイワイガヤガヤしていました。

 

 

ちなみに参加者は

オーナー夫婦と

その兄弟たちの夫婦でした。

IMG_5463

親戚の集まりです。

 

当初から持ち続けていた疑問ですが

「俺はここにいてもいいのか?」

って気になってしょうがなかったです(笑)

 

ちなみにこの時、オーナー夫婦以外の人たちは初対面でした。

 

 

逆の立場を考えたら、

お盆や正月の自分の親戚の集まりに

親戚の誰かが「今うちに住んでるんだ」って

外国人を連れてくる状況。

 

なかなかないですよね。

 

しかしそこはオーストラリア。

 

フレドリーさが日本とは全然違います。

 

他の人たちも

「あーそうなのねー。」

「じゃあ今からこれ作るからちょっと手伝ってくれるー?」

って感じでした。

 

こういうところ、オーストラリアのいいなぁって思うところです。

 

【オーストラリアのクリスマスは初対面でもウェルカム!!】

IMG_5465

クリスマスツリーもありました

 

朝からワイン

 

準備が終わったらみんなで席に着き、

お祈りをしたあとは

乾杯ッ!

 

飲み物は

ワインを飲む人、

シャンパンを飲む人、

コーヒーを飲む人、いろいろいました。

 

 

【オーストラリアのクリスマスは朝からお酒!!】

 

 

クリスマスは家でのんびりと過ごすのが習慣のオーストラリアでは

朝からお酒を飲んだって平気です。

 

そのあとビーチや公園を散歩して、

ひなたぼっこして、

家に帰って昼寝するんですから(笑)

 

朝食はもちろん洋食。

 

パンにはバターやジャム、

そして焼いたベーコンやソーセージ、たまご。

あとはサラダ。

 

 

レンガ造りの家でオーストラリア人たちに囲まれて洋食を食べるって

ものすごく雰囲気出るもんですね。笑

 

 

ゲーム??

 

一通り食事が済んだあとはプレゼント交換をしたり、

簡単なゲームをして楽しみました。

 

ゲームは、

ゲームを呼んでいいのかどうかわかりませんが。

 

これです。

IMG_5467

 

 

このでっかいキャンディーの包みみたいなものを使って、

席が近い人ととペアになり、

両端を持って引っ張り合うのです。

 

引っ張るとつなぎ目の部分が千切れるようになっていて、

真ん中の部分を取った方が勝ちです。

 

 

ゲームにかかる時間は2秒です(笑)

 

真ん中にはちょっとしたお菓子と

紙でできた王冠が入っています。

 

ちなみにぼくも勝ちました!!

IMG_5461

 

【オーストラリアのクリスマスはゲームが一瞬!!】

 

そんなこんなで、

ゲームをしたり、

お酒を飲んだり、

会話を楽しんで、

のんびりとした時間を過ごしていきました。

 

 

タスマニアで過ごしたクリスマスは

大人だけでのクリスマスだったので、

すごく落ち着いていてゆったり過ごすことができました。

 

あそこに小さい子どもや若者がいたら

また違った雰囲気のクリスマスになったんでしょうね。

 

それもまた良さそうです。

 

 

ステキ部屋

 

クリスマスとは関係ないのですが、

その日訪れたオーナーの兄夫婦の家に

すごくステキな部屋があったので紹介します。

 

それがこちら↓↓↓

IMG_5459

観葉植物とソファがあります。。

 

なんの部屋でしょう?

 

 

そうです、観葉植物を見る部屋です!笑

 

もっと詳しく言うと、

ぼーっとしたり、

本を読んだり、

会話を楽しむ部屋だそうです。

 

 

ソファに座って見える景色がこちら↓↓↓

IMG_5880

なかなかいい雰囲気じゃないですか?

 

のんびりとした時間を楽しめる部屋。

 

自然や緑を楽しむ部屋。

 

読書好きのぼくにはたまらない雰囲気でした。

 

 

家の中でないにしても、

オーストラリアの住宅街を歩いていると、

玄関の横にソファやベンチが置いてあって、

おじいちゃんやおばあちゃんが座っている光景をよく見かけます。

 

日本でいうところの「縁側」に近い感覚なのかなって思います。

 

観葉植物を眺めたり庭の自然を眺めたりするこの習慣、

日常からできる自然の楽しみ方の一つとして

ぼくはすごく好きです。

 

 

あの部屋を見たとき、

「将来、自分の家を持ったら絶対あーいう部屋作る!!」って誓いました。笑

 

 

ただ、あの雰囲気を出そうと思うと、

レンガ造りの家が必要になるのかな?笑

 

それはともかく、

オーストラリアの一般的な市民の家でステキな部屋を見ることができてよかったです。

 

 

さいごに

 

今回はワーホリ1年目にタスマニアで過ごしたクリスマスについて書きました。

 

ワーホリ中のクリスマスは、

同世代の若者で集まってBBQしたり、夜通しお酒飲んでパーティしたりすることになるのかなぁなんて思っていたので、

こんな大人だけのクリスマスを過ごすことができて

とても良い経験でした。

 

 

これが伝統的?なのかどうかはわかりませんが、

ローカルなクリスマスの過ごし方の一つであることは間違いないです。

 

日本には無い雰囲気、モノ、ヒトに囲まれてのクリスマス

とても新鮮でした。

 

 

 

こちらの記事もどうぞ↓↓↓

 

オーストラリア ワーキングホリデー1年目

シドニーで過ごすクリスマス。雨は夜更け過ぎに雪へと変わりません。

比較!!ホームステイ、シェアハウス、バックパッカーズ、WWOOFで実際に暮らしてみて【3】

 




Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です