お知らせ

現在、ブログ引っ越し中につき、記事で画像が見れなくなっておりますが、記事は読むことができます。ご迷惑をおかけします。

 

なお、引っ越し先はこちらです↓↓↓

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

シドニーのジャパレスで働いてみて

スポンサードリンク

Pocket

ジャパレスでバイト始めて2週目になりましたー!!

 

シフトは基本的に
授業のない月曜に半日、金曜日の学校終わりに半日、
土日は丸一日でお願いしてあるから
週4日くらい入ってます。

 

やっぱり本業は学生なので、学校のある日はなるべくバイトせず、勉強したいから。

 

今働いてるラーメン屋は現金払いで時給13ドルです。
日本円でいうと1200円ちょっと。

 

日本でバイトするのと比べたらスゲーいーじゃんてなるけど、
オーストラリアの最低賃金が時給16ドルってこととか、ペットボトルの水が1本300円くらいするような物価を考えたら、決して良い時給とは言えないと思います。

ただ、ジャパレスで働いてみて、
ちょっとイメージが変わりました。

 

 

というのも、1年前にシドニーに来たとき、全く英語が話せない僕はジャパレスだけは働きたくないって思ってました。

だって、英語を勉強しに来たのに日本人と一緒に日本語を使って週の大半過ごしていたら、英語の力が伸びるわけないなんて思ってたから。伸びても成長はゆっくりになるって。

 

実際、1年前にシドニーにある日本人経営の洗車のお店で働いたことがあるんです。

もちろんそこもスタッフは日本人で、仕事中は全部日本語でした。

最初はお金のためと思って割り切ろうとしましたが、やっぱり「目的が違う」ってことで、1ヶ月程で辞めてしまいました。

簡単に言うと、ジャパレスに対して良いイメージを持っていなかったんです。
時給が安いのに忙しい、英語が伸びない、って。

 

でも今回は、
ある程度英語は使えるようになったっていう1年前とは違う自分がいるわけで。
もちろんお金を稼がないと生活できないから仕事を選んでられないっていう情けない状況ってのもあるんですが。

 

ポジティブな僕は、働いたこともないのにジャパレスに悪いイメージを持つのも悪いし実際どんなのか分かんないから「経験」ってことで働いてみようと思ったわけです。

 

 

で、本題。

まだ働き始めて2週間ですが、ホールで働いてて思ったことがあります。

 

それは、お客さんは、ラーメンはもちろんだけど、日本人が経営してるお店の接客やクオリティの高さに満足しているのかなって。いわゆる「おもてなし」ってやつ?

 

僕は去年オーストラリア人が経営してるカフェで働いていたことがあって、
その時は現地のゆるさというか大雑把さみたいなのがスゴくいいなって思いました。
店が混んでても急げとも言われないし、食器がテーブルに残っててもいつまでも置いてあったり…

 

働いてる側がすごく楽なんです。

シドニーにあるタイ料理屋や中華料理屋に入っても私語ばかりしてる店員をよく見かけます。

だから僕はそこで働いてる時に、
「日本の飲食店もこれくらいゆるくやればいいのになぁ」なんて思ってました。

 

でも、今回ジャパレスで働いてみて、

もし今のジャパレスで「ラーメンが全然出てこない」「食器がいつまでもテーブルに残りっぱなし」「スタッフが私語してばかりで動かない」って状態だったら、それは違うなって思ったんです。

 

それじゃシドニーでジャパレスを出す意味がないなって。

今の店にお客さんとしてくるのは、シドニーに住んでる人や世界中からの観光客が多い。たぶん日本に行ったことがない人の方が多いと思う。

 

その人たちが店に来て、

「ラーメンはめちゃめちゃ美味しい!でも他は特に変わったトコなし」って思うのか、
「ラーメンもめちゃめちゃ美味しいし、店員もイキイキしてて態度が良い。この店は居心地がいい」って思うのかで、全然違うと思います。

 

「日本の接客はスゴい」
「他の国の飲食店とは接客が違う」
って思ってもらえたら日本の良さが伝わるのかなって。

 

もちろん、そこまでしなくてもお店は経営できるんだと思います。
現にシドニーにはタイ料理、韓国料理、中華料理、イタリア料理、スペイン料理っていろんなお店がゆる〜く経営してます。(もちろん一概にではないですが。)

でも、周りがそうだからといってそれに合わせて経営していたら、特色というかウリがラーメンだけになっちゃいますもんね。

 

だから、僕はジャパレスで働くにあたって、

 

「日本の接客を伝える、知ってもらう」という役目を背負って働かないといけないなって思ったのです。
単純に「お金の為」「売り上げの為」じゃなくてね。

 

ただ、そのクオリティを維持するには、みなさんもご存じの通り、従業員側の負担が大きくなります。
やることが多くなったり、忙しくなったりと。

1番の理想は、
従業員が「楽しい」「面白い」と思いながら、今の日本の接客クオリティを維持できることだと思います。

 

それは、職場の人間関係だったり、賃金のアップだったりと工夫が必要なんでしょうがなかなか難しいんでしょうね。
そこを擦り合わせる所が。

 

良い勉強になります。




Pocket

お知らせです!!

現在ブログを引っ越し中です。
よりパワーアップして情報発信していますのでぜひ見に来てください♪♪

 

子育てママ応援ブログ『アイコトバ』
https://www.tdma2050.com

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です